日工の技術雑誌

計測技術 2016年7月号 PDF版
商品コード:
A1607

計測技術 2016年7月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:プラント設備のスマート保安を実現する最新技術
○高圧ガス保安のスマート化の検討について
/経済産業省/矢島秀浩
平成28年3月9日、産業構造審議会で高圧ガス保安のスマート化の具体策をとりまとめた。本稿では、本特集に特に関係が深いと思われる部分として、新認定事業所制度及びファスト・トラック制度の創設にフォーカスしてその内容を紹介する。

○高圧ガス保安のスマー卜化に向けたIoT型プラント運転管理
/アズビル(株)/高井努
IoT/ビッグデータの活用は、産業保安においても大きく期待されている。保安を考える上で、設備管理と非定常対応の重要性は、誰もが知る事実である。本稿は、設備管理と非定常対応上の課題を整理した後、それらを解決するデータ駆動型プラントの実現手段を提案する。

○操業管理のスマー卜化による自主保安力向上
/東芝三菱電機産業システム(株)/神成忠男・藤田真治
電子操業日誌PlantLogMeister™(以下、PLMと記載する)の導入により、決められたことを確実に実施する仕組み、組織としての管理の仕組みが確立される。操業部門における運転ノウハウの技術継承が容易にでき自主保安力を高める活動ができる。

○回転機診断の新しいアプローチ
/インベンシスプロセスシステムス(株)/原田拓哉
「回転機診断の新しいアプローチ」として、回転機の電流と電圧を計測することで、低コストで回転機(モーター)の異常だけではなく、負荷の異常も24時間診断出来る製品(MCM)を紹介する。

○ビッグデータ活用による異常早期検知システム
/GEエナジー・ジャパン(株)/河部佳樹
昨今、ビックデータを活用した様々なシステムが話題となっている。今回は、GEが提唱する産業界に特化したクラウド(Predix)ベースの異常早期検知システムを紹介すると共に、ビックデータ活用システムを導入した場合、その投資効果を予測する方法を紹介する。

○経年変圧器を長期使用するために役立つ常時監視
/ヴァイサラ(株)/荒井良隆
今後一気に数が増えるとされる40年以上稼働している経年変圧器を、より長く使用するためのトレンドの把握の重要性と、水分の変化で注目すべき値を説明する。常時監視を可能にする、MHT410水分水素温度変換器の特徴も解説。

○プロセスプラントのIoTをサポートする特徴的なセンサー
/日本エマソン(株)/一木澄隆
従来のプロセス計測の枠を超え、“IIoT/産業向けモノのインターネット”の普及が始まろうとしている。エマソンでは、これまでに無い非接触や非侵入などの新しい技術を用いて、拡大するセンサーネットワークに対し、最小限の負担で容易に構築するための製品を展開する。

○ガス流体プロセスの緊急時圧力制御
/三菱化学エンジニアリング(株)/竹田浩伸
独立防護層、第3層:運転員の介入/重要警報に至る前に、第2層:基本プロセス制御、までに抑え込めれば、保安確保のみならずBCP対応にも有効である。運転員対応の困難なガス圧力制御を取り上げ、制御改善の2つの事例を紹介する。

○LiNbO3を用いた音響コム型デジタル式アコースティック・エミッション・センサの開発
/八戸工業大学/武藤一夫
本稿では、まず、AEについて説明し、つぎにAEの必要性について、また超音波計測とAE計測について、そして従来のAEの問題点について述べた後、本稿の目的であるLiNbO3を用いた音響コム型デジタル式アコースティック・エミッション・センサ開発の概要について解説する。

■連載
○マスフロ一千夜一夜物語 第25回
質量流量計の基礎/EZ-Japan/黒田誠
流体を計測する重要なツール流量計。その中でも馴染みの薄い「質量流量計」に分類される熱式流量計(マスフローメータ、マスフローコントローラ)やコリオリ式流量計等、にフォーカスを当てその原理、構成から運用方法までの基礎知識の解説を行う。

■コラム
○不変を求めて計測標準の変遷をたどる 第1回
/東京大学名誉教授/山崎弘郎

○技術者育成雑感(105)

■JEMIMAインフォメーション
○【新編 温度計測100のFAQ】測温抵抗体

■製品ガイド
○温度調節計

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP