日工の技術雑誌

配管技術 2016年6月号 PDF版
商品コード:
H1606

配管技術 2016年6月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■解説
〔展望・解説〕
○廃炉のための遠隔技術に係る研究基盤の構築
/(国研)日本原子力研究開発機構/河村弘
東京電力(株)福島第一原子力発電所の廃止措置に向けて、研究拠点の整備を進めている。この度、楢葉遠隔技術開発センターの開所式を開催した。楢葉遠隔技術開発センターでの取り組みを、廃炉に向けたロードマップを含めて紹介する。

○六ヶ所再処理工場 ガラス溶融炉解体設備
/(株)IHI/衣川洋史
高レベル放射性廃液のガラス原料との溶融・固化に使用するガラス溶融炉は、高放射線環境下での定期的な交換・解体が必要である。本稿では、ガラス溶融炉解体に使用するガラス溶融炉解体設備の概要と、その導入実績について紹介する。

○完全人工光型植物工場の課題と明治大学植物工場基盤技術研究センターの紹介
/明治大学/池田敬・池浦博美
近年植物工場が大変注目されてきているが技術的な課題が山積している。本稿では主に工学的視点から植物工場の技術的課題を抽出する。また明治大学植物工場基盤技術研究センターを紹介する。

○化学物質のリスク評価と手法/ツールの開発
/(一社)日本化学工業協会/金子和弘
本稿では、化学物質のリスク評価について概説し、日本化学工業協会が開発した混合物のリスク評価手法“GHS法”と、構築した化学物質リスク評価総合支援サイト“JCIA BIGDr”を紹介する。本年6月施行の安衛法改正リスク評価に有用と考えられる。

○船舶燃料としてのLNG
/アーガス・メディア社/吉武惇二
ECA以外の一般海域を通航する舶用燃料の硫黄分含有量規制も2020年または2025年に開始される予定である。このため船舶は、(1)高価な低硫黄舶用燃料(LSMGO、ULSFO)の使用、(2)スクラバー(排気ガスを洗浄して脱硫する装置)を設置してのHFOの使用継続、(3)LNG燃料への切り替えといったSOx対策を取る必要がある。

〔施工〕
○建築の基礎の話
/(一社)基礎構造研究会/杉村義広
建築の基礎は直接基礎と杭基礎がある。杭は工場で製造される既製杭(木杭、鋼管杭、コンクリート杭)と現場で造成される場所打ちコンクリート杭があり、それぞれ常時と地震時の安全性についての設計が必要とされる。

○スパイラルパネワイヤーを用いた小口径挿通技術
/大阪ガス(株)/綱崎勝
小口径挿通技術により、管内カメラとジャイロセンサ、ガス遮断バッグなどを搭載し、配管の形状計測やガスを遮断することができる技術を紹介する。

○発電用ボイラのすべて 第6回
/高効率発電システム研究所(元IHI)/吉田敏明
第6回は、4-2火炉に関する残りの(2)火炉出口ガス温度、(3)ドラムの役割、(4)変圧貫流ボイラ用火炉の管がヘリカル管である理由、及び4-3過熱器、再熱器に関する(1)伝熱方式および配置形態による分類について記載する。

○石炭層からのエネルギー回収技術 第3回
石炭の開発技術(その1)
/(元)東京大学/島田荘平
連載講座の第3回は石炭の採掘技術を解説する。採炭法には露天採炭法と坑内採炭法がある。この採炭法のいずれを採用するかは基本的には経済性によるが、おおよその指標となるのがはく土比である。露天採炭法は、はく土比が5〜15以下の場合に採用できる。

■製品技術情報
○15NiCuMoNb5-6-4(WB36)を使用した厚肉大口径シームレス管継手
/(株)ベン力ン/吉本実始・阿久戸和哉
高温・高圧用配管に従来より使用されているJIS G 3456 STPT480、ASTMA106 Gr.Cの代替用に期待される高強度材質15NiCuMoNb5-6-4(WB36)のシームレス管継手を試作し、成形特性及び材料特性を調査した。

○次世代高度制御ソリューション
/横河電機(株)/川村春久
システムの構築・導入期間の短縮、保守性の向上を実現する次世代の高度制御ソリューションをShellと共同開発した。高度制御の課題とそれを解決する本ソリューションの特長を解説する。

○地球環境温腰化防止対策への取り組み技術1
/コスモエンジニアリング(株)/松本秀雄
地球温暖化防止対策は待ったなしの状況であり、本稿では地球環境温暖化防止対策への取り組み技術(その1)として熱効率改善CO2ガス削減対策技術:ショットラン工法を紹介する。

■特集:エンジニアリングの情報化ツール2016 4
○Autodesk Plant Design Suite Ultimate/オートデスク(株)
○Autodesk Factory Design Suite/(株)電通国際情報サービス
○EYEPIPE/日本インターグラフ(株)
○CADWorx Plant Professional/日本インターグラフ(株)
○PIPE2000/(有)カノンインベンション
○3D-BricsPIPE/(有)カノンインベンション
○Autodesk Product Design Suite Ultimate/オートデスク(株)
○NX/(株)電通国際情報サービス
○Tekla Structures 鉄骨詳細設計/(株)トリンブル・ソリューションズ
○Tekla Structures RC詳細設計/(株)トリンブル・ソリューションズ
○AVEVA Bocad/アヴィバ(株)
○ProSteel V8i/(株)ベントレー・システムズ
○配管文具ソフトV3/(有)カノンインベンション
○OpenPlant Modeler V8i/(株)ベントレー・システムズ
○OpenPlant Isometrics Manager V8i/(株)ベントレー・システムズ
○EYESUPT/日本インターグラフ(株)
○Supprt Modeler for PDS/日本インターグラフ(株)

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP