日工の技術雑誌

クリーンエネルギー 2016年5月号 PDF版
商品コード:
E1605

クリーンエネルギー 2016年5月号 PDF版

販売価格/
1,955 円(税込)
通常価格/
1,955 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■フィールドレポート
○地域・社会連携を軸としたキャンパスづくり
/立命館大学/森山哲朗/竹中工務店/佐藤弘康
京都発祥の当学が大阪へ都市型キャンパスを開設。地域防災を意識し、非常用兼用ガスコージェネや再生可能エネルギーを導入。また、建築のみならず、学校ならではの省エネに取り組むエコ・防災キャンパスを紹介する。

■エネルギー事情
○国際ガス連盟(IGU)による「小規模LNG事業(SmallScale LNG)」報告
/LNG経済研究会/大先一正
わが国はLNGローリー車を用いたサテライト供給や小型LNG船によるLNG輸入などを行っており、小規模LNG事業の発展に先駆者的な役割を果たしてきたが、近年、中国や米国では小型液化プラントの建設、北欧ではLNG燃料船の導入などが実施され、小規模LNG事業は新たな発展段階を迎えている。このため、わが国としてもこれらの各国の新たな動向を参考にLNGの高度利用に努めることが求められている。

○「World Energy Outlook 2015」で見る世界のエネルギー動向
/東京ガス/奥田誠
IEA(世界エネルギー機関)が2015年11月に公表した「World Energy Outlook 2015」は、2040年に至る世界のエネルギーに係る見通しについて、化石燃料(石油、天然ガス、石炭)、発電、需要などの部門ごとに分析評価し、今後への提言を示している。本稿は、その概要を紹介する。

○日本の木質バイオマス熱利用の現状と展望
/バイオマス産業社会ネットワーク/泊みゆき
木質バイオマスのエネルギー利用、特に膨大なポテンシャルのある間伐材等は、発電よりもボイラー、ストーブ等の熱利用の方が適している。だが、発電偏重の政策や供給インフラの未整備などにより、日本での普及は遅れている。現状の課題と展望について解説する。

■シリーズ:バイオマス産業都市
○宮城県大崎市バイオマス産業都市構想の概要
/大崎市産業経済部/鎌田淳
エネルギー政策の基本である環境性、経済性、エネルギー安全保障・安定供給のバランスを考えながらバイオマス資源を活用し、経済性が確保された持続可能な地域産エネルギーの需要と供給の確立を目指すことと災害時への備えとして各プロジェクトの推進を図る。

○南丹市バイオマス産業都市構想について
/南丹市役所/片山正人
当市では、これまで取組んできたバイオマスの利活用による実績を踏まえつつ、更なる地域資源の有効活用による4つのプロジェクトを中心に、南丹市バイオマス産業都市構想を推進する。

○飯南町バイオマス産業都市構想
/飯南町役場/田部宏幸
当町は、“地域内循環”を基本に、賦存量豊富な木質バイオマス並びに家畜排泄物を活用し、基幹産業(水稲)の振興を中心に「力強い農林業を次世代に継承する」を将来像として掲げ、地場産業の発展と担い手の育成を図り、第1次産業を柱とした地域産業の活性化と地域内雇用を目指す。

○宗像市バイオマス産業都市
/宗像市役所/高田知伺
当市では、(1)消化ガス発電事業、(2)バイオマス堆肥化事業、(3)バイオガス発電事業、(4)BDF製造事業の4つの柱で構成された構想を基に、持続可能な循環型社会の構築を目指す。

○津山市バイオマス産業都市構想の概要
/津山市役所/米田裕志
本構想は目指すべき当市の将来像として、バイオマス資源を軸とした環境にやさしく、持続可能な社会の実現などの3つの目標を掲げその達成のため、4つの事業化プロジェクトを設定し、当市が中心となり森林組合や民間事業者と協力し、構想の早期実現を目指す。

○平取町バイオマス産業都市構想の概要
/平取町役場/遠藤桂一

■随筆
○Hey y’all! Hot'lanta(アトランタ)からの便り4
アトランタのキャンパスに足を踏み入れると
/東京ガス/篠塚由
当町のバイオマス産業都市構想では、木質バイオマス燃料による農業用ハウスや公共施設への熱供給、住宅暖房用燃料のバイオマス化、木の駅プロジェク等の展開により、地域内の森林資源を有効活用し、基幹産業の農業に続く、バイオマス関連事業の育成を目指す。

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP