日工の技術雑誌

光アライアンス 2016年3月号 PDF版
商品コード:
Oa1603

光アライアンス 2016年3月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:未来につながる光接続とコネクタ
○〔総論〕光配線の実現に向けて
/マレーシア日本国際工科院/三上修
今日、光と電気を融合した技術の実用化と進展に向けた大きな転換期に突入しつつある。光配線を実現するためのキーテクノロジとして、原点ともなる90度光路変換デバイスである「光ピン」の技術について紹介した。

○光コネクタの最新技術
/千葉工業大学/長瀬亮
本稿では、光通信ネットワークを構築するために不可欠な光部品の一つである光コネクタについて、最初の基幹回線に導入された繁明期からFTTH実現までの技術の進展を概観した後、その聞に確立した基本技術および最新の光コネクタ技術について解説する。

○光導波路フィルム用多心光コネクタ
/(株)白山製作所/竹崎元人
光導波路フィルム用コネクタであるPMTコネクタについて、接続損失発生要因を明確にして試作した結果、寸法特性において要求を満足する物を作製することができた。PMTコネクタ組立品の評価結果から、軸ずれの発生要因に対する問題点を明らかにしたので報告する。

○基板実装用光路変換型光コネクタ
/(株)フジクラ/西村顕人
光トランシーパモジュールの光デバイス(VCSELlPD)と光ファイパをつなぐテクノロジーの一つとして、コネクタ内部に光路変換部を有した光コネクタについて、その原理と設計要素について説明し、実例と課題について紹介する。

○ボールペン技術から生まれたGI-POF用光コネクタ
/三菱鉛筆(株)/三井章仁/慶鷹義塾大学/小池康博
ボールペンのペン先加工技術は、ミクロン精度でコントロールされた機械加工技術である。この技術を光通信分野に応用する事で、安価な光コネクタが実現でき、将来的な光通信のコンシューマ機器への普及が期待できる。

○進化する車載用光コネクタ
/タイコ エレクト口ニクス ジャパン(同)/小林茂
車載光ネットワークで使用される光コネクタ、そして開発中の次世代光コネクタについて解説する。さらに、標準化が活発化している車載光ギガビットイーサネット、および国際標準化の動向について紹介する。

○シリコンフォトニクスチップの光結合技術
/技術研究組合光電子融合基盤技術研究所/徳島正敏
シリコンフォトニクスチップ用光結合技術の動向を紹介する。10µm径のシングルモード光ファイバとレンズ無しでの高効率結合が可能な端面結合型スポットサイズ変換器やグレーテイングカプラ、更には光ピン技術について述べる。

○光はんだ接続技術の進展
/東京工科大学/吉村徹三
SOLNETを用いた光はんだ接続はNano-scale導波路のセルフアライン光結合として期待される。コア幅3µmの導波路とコア幅600nmの導波路との結合損失は、位置ずれOnmで0.1dB、位置ずれ1,000nmで1.3dBと算出された。

■製品特集:レーザー加工装置の特徴と役割
○ファイバレーザーとダイレクトダイオードレーザーの特性比較
/(株)日本レーザー/宇塚達也

○ファイバレーザー加工機の知能化と加工技術
/ヤマザキマザック(株)/飯領田晃

○高機能ファイバレーザーと微細加工
/スペク卜ラ・フィジックス(株)/沓本浩

■解説
○胃疾患におけるレーザー内視鏡の臨床応用
/自治医科大学/大津博之・三浦義正・井野裕治・岩下ちひろ・岡田昌弘・福田久・山本博徳
通常の内視鏡観察では胃癌は見逃されることがある。レーザー内視鏡による新しい画像強調診断、特にLCIおよびBLIを用いた診断では癌と周囲粘膜の色調コントラストが上昇するため胃癌の視認性に優れており、見逃しを少なくして詳細な微細画像の観察が可能である。

○局在プラズモン制御による超解像光マニピュレーション
/東京大学/田中嘉人
空間的光閉じ込めの強い金属ナノギャップ構造で生じる放射圧に着目し、局在プラズモンを用いることによって実現する。従来の伝搬光では困難であったナノ粒子の光捕捉や光操作について、著者らの研究を中心にその背景から概説する。

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP