日工の技術雑誌

検査技術 2016年2月号 PDF版
商品コード:
P1602

検査技術 2016年2月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■解説
○マイクロ引張試験による金属組織構成要素の力学特性評価
/熊本大学/峯洋二・高島和希
本稿は、MEMS用材料の評価のために開発されたマイクロ材料試験技術を、金属材料の微視組織構成要素における力学特性の解析に適用した事例を紹介する。

○石油精製・天然ガスプラントの溶接の基本/日揮/坂田幹宏
本稿では、海外で石油精製・天然ガスプラントの建設を担うEPCコントラクターの視点から、プラント建設に関わる組織体系、溶接の区分、溶接施工プロセス及び溶接に関する図書の解説と最近の動向について基本事項の解説を行う。

○高調波を用いた部分塑性域及びマクロ偏析の可視化
/超音波材料診断研究所/川嶋紘一郎
非線形超音波法のうちの水浸高調波法を用いて、SUS304板の穴近傍の塑性域、SM400板の疲労き裂先端の塑性域、SUS304板内のマクロ偏析、拡散接合の不均一元素拡散の可視化例を紹介する。

○電磁超音波共鴫法による金属材料の性状評価
/日本テクノプラス/浅野鐵夫・小谷勝美・花川正人・児玉功
今回、マグネット-円形送受信コイル-共鳴スペクトル装置からなるEMAR装置において、音速(含む共鳴周波数)および減衰係数変化を同時に測定することによって、クリープ試験片・疲労試験片の損傷状況など転位が関係する組織変化を評価できる可能性を示した。

■検査機器
○鋭敏化度測定器「DOSテスターD-15M」
/IHI検査計測/森安あかね・三谷幸寛・中代雅士
オーステナイト系ステンレス鋼を用いる際にはSCCなどによる損傷を防ぐために、鋭敏化の度合(鋭敏化度)を明らかにし、材料の状態を把握する必要がある。本稿では、鋭敏化度を定量化して評価できる「DOSテスターD-15M」の特長および原理を紹介する。

■連載
○音波のよもやま話5
波、音の発生
/アイ・エス・エル/宇田川義夫
/電子科学研究所/小堀修身/東北大学/三原毅
本稿では地震、津波、楽器など超音波振動子以外での波の発生現象を知り、次号以降での類推する為の知識を得る。

■特集:最近の非破壊検査に活用される放射線透過法1
○ロボット搭載用小型軽量なパルスX線源の開発
/産業技術総合研究所/加藤英俊・鈴木良一
効率的なインフラ維持管理を実現するため、金属部材等の検査に対応し、ロボットに搭載可能なX線非破壊検査技術の開発を進めている。本稿では、小型軽量なパルスX線源とCdTe検出器を組み合わせた評価試験の結果を紹介する。

○フィールド用X線検査システム
/近畿レントゲン工業社/勝部祐一
本稿では、配管減肉検査などの屋外使用や場内不審物確認に最適な高出力X線発生装置、住宅壁内の配管や柱の位置確認などリフォーム検査や欠陥住宅検査に最適なポータブルX線照射装置、加えて携帯型X線デジタルパネルセンサーについて紹介する。

○キズ入り試験体を使用した放射線透過試験(CR)と超音波探傷試験(フェイズドアレイ)との結果比較
/ポニー工業/松田淳・山崎敏朗
溶接時に発生するキズは人工的に製作するのは困難で、多くの場合スリットやドリル穴等の機械加工による模擬キズで各種検査装置の検出能力を評価することが多かった。しかし、当社では自然キズに近いキズを内在させた溶接試験体を製作できるFlawTeck社製の試験体を使用し、放射線透過試験としてCR、超音波探傷試験してフェイズドアレイで探傷・映像化したもので比較検討した結果を一例ではあるが報告する。

○超小型二次元検出器
/リガク/佐藤貴久
本稿では、親指サイズの超小型検出器でありながら、ピクセルサイズ20µmと高精細な検出器を紹介する。小型薄型のため、現場の配線等の狭い場所に直接差し込んで、断線やコネクタの状況チェックなどにも使用できる。

○X線TDIカメラXTI12848 TDIシリーズの特長と導入事例
/アド・サイエンス/齋藤浩
X線TDIカメラはTDI技術を使用し、高速・高感度・高解像度を必要とするX線インライン検査向けに開発されたカメラである。カメラはX線の照射をダイレクトにCCDセンサが受けないようにOff-axis構造となっており、デザイン的にも工夫されている。本稿ではX-Scan社のXTI12848 TDIシリーズの特長とアプリケーション例をいくつか紹介する。

○X線検査機の原理と適切な運用方法
/アンリツインフイピス/金井貴志
本稿では、X線検査機の動作原理、機能、及び適切な運用方法について解説する。

○エネルギー弁別型放射線ラインセンサによる保温材付き配管減肉検査
/浜松ホトニクス/富田康弘・松井信二郎・白柳雄二・神谷陽介・小林昭
本稿では、エネルギー弁別型放射線ラインセンサを用いて、保温材付き配管の減肉を、保温材の脱着や配管の使用を停止することなく、正確に効率良く検査可能な最新の配管減肉検査技術について紹介する。

■製品ガイド
○X線検査・分析機器

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP