日工の技術雑誌

クリーンテクノロジー 2016年1月号 PDF版
商品コード:
L1601

クリーンテクノロジー 2016年1月号 PDF版

販売価格/
2,057 円(税込)
通常価格/
2,057 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:ナノテクノロジーとクリーンテクノロジー
○ナノ粒子対応の試験装置によるフィルタやろ材の除塵性能
/暮らしの科学研究所(株)成田泰章・石井洋介・佐久間俊樹・吉田菊弼
近年、空気清浄装置において、微小なナノサイズの粒子状物質が重要な除去対象となっている。集塵フィルタやフィルタろ材の除塵性能について、最新のナノ粒子対応の試験装置による性能評価事例を交えて解説する。

○静電紡糸法における100nm以下のストレートナノファイパの合成とフィルタ性能評価
/広島大学/荻崇・奥山喜久夫
静電紡糸法によるファイバ径100nm以下のストレート状ナノファイバを用いたエアフィルタの作製とフィルタ性能評価・スリップフロー効果の実験的検証結果について述べる。

■製晶特集:ナノフィルタおよびナノテク関連製品の特徴と概要
○ナノマテリアル対応関連製品
/日本エアーテック(株)/佐藤真大
極微小粒子であるナノマテリアルは、様々な分野で使用されているが人体に影響を及ぼす可能性があるとして取り扱いに注意が必要である。本稿では、実際に使用されている製品の写真を紹介する。

○省エネに有効な深層濾過ナノファイパろ材及びフィルタの性能と特長
/日本無機(株)/包理・小林誠
繊維間隔大の嵩高な構造(低密度厚膜構造)を実現し深層濾過ナノファイバろ材を開発、従来PTFEろ材並みの低圧損及びガラスろ材並みの長寿命を両立。更にエンボス技術の併用で構造圧損も最小限に抑え圧倒的に優位な省エネHEPAフィルタを開発。

○オールメタルガス用フィルタ
/日本精線(株)/山田春次
近年の半導体製造におけるガス用フィルタへの高品位化要求に対応すべく、当社にて独自に開発を行った半導体用ガスフィルタ「NAScleanR」の概要について述べる。

○ナノファイパ不織布による高精度分級ろ過技術
/(株)ロキテクノ/永目仁隆
当社が培ってきた分級ろ過技術とナノファイバ技術を融合させ開発した「ナノファインピュアフィルターカートリッジ」シリーズ。メンブレンフィルタやグラスファイバ不織布フィルタでは出せない効果を様々な用途で紹介。

■製品特集:空調ドレンスライム除去技術
○銀イオン利用ドレンスライム防止剤
/日本フローダ(株)/野口茂
空調機器のドレン水中微生物濃度とスライム発生リスクの相関から確認された、スライム発生抑制に必要な銀イオン量を安定的に供給することによりスライム発生リスクを防止する抗菌剤「Agクリーン」を紹介する。

○天井カセットタイプエアコンのスライム抑制剤
/興亜硝子(株)/佐藤裕介
当社は、硝子会社という特徴を生かし、銀イオンを溶出することができる水溶解性の抗菌ガラスを大手ガス3社と協働して開発し「ミリオンガード抗菌バッグDSGX」を製品化した。本稿ではこの製品の特徴と機能を中心に紹介する。

○ドレン系スライム防止剤DクリーンII
/日本ピーマック(株)/石村秀樹
パッケージ型空調機器からの漏水クレームの原因としてスライム増殖によるドレン排水流路の閉塞がある。今回、ドレンパンやドレンホースにおけるスライムの発生・増殖を抑制し、漏水事故を予防する一つの方策として「DクリーンII」を紹介する。

■解説
○試験チャンバに依存しない空気清浄機性能評価法
/芝浦工業大学/諏訪好英
空気清浄機の性能評価では、使用する試験チャンバの形状や大きさにより評価結果に違いを生じる可能性のあることが指摘されている。筆者はその原因を換気性能の観点から考察し、試験チャンバに依存しない汎用的な試験方法を提案した。本稿ではその概要を解説する。

○シリコン・ウェーハのピンホール欠陥1
/半導体関連技術コンサルテイング・滝山事務所/滝山真珠
シリコン・ウェーハへの各種汚染の一つであるGeometry Lossに対して、その代表格であるピンホール欠陥の発生機構とその影響因子について解説した。

○不安煽動指数(Aoring Index)
/ (特非)食の安全と安心を科学する会(SFSS)/山崎毅
現代社会ではリスクコミュニケーションのやり方次第で消費者の不安を煽ってしまうケースが多々あるため、「不安煽動指数(Aoring Index)」を提案したい。「食の安心」は社会全体でつくりあげるものであり、そのために本指数が活用できる。

○加湿水の微生物管理
/東洋熱工業(株)/渡辺太郎
快適な空間の創出には適正な温湿度が必要であるが、湿度について不適合な建物が多い。本稿では、循環水を利用して安定した温湿度を供給する空調システムの特徴と、年間を通した循環水中の微生物の挙動を報告する。

○ウェット製造プロセス中の金属イオン測定
/東京エレクトロン(株)/守屋剛
ウェットプロセスにおける液中メタル汚染に関して、レーザー誘起ガスプラズマ分光法(LIGPS)を用いた半導体製造装置内でのモニタリングとコントロール方法について議論する。

○折り曲げ10万回以上が可能なフレキシブル有機ELディスプレイ
/アドバンストフィルムディバイスインク(株)/岡崎健一・井戸尻悟・三宅博之
我々はバックプレーンにCAAC-OSを採用し、無機剥離層を用いた剥離転置技術によって、折り曲げ可能なフレキシブルOLEDディスプレイを開発した。我々のディスプレイは、曲率半径2mmで10万回以上、折り曲げた後も問題なく動作することが特徴である。

○食品工場における「ブラシ」による防虫対策
/(株)パーテック/猪坂文朗
シャッターやドアの隙間から虫の侵入を防ぐ「防虫ブラシ」、工場内の清掃に使用する「衛生管理用ブラシ」について、防虫対策の観点から、その特徴や有効性について解説する。

○医薬品製造を対象とするモデル化・シミュレーション・最適化研究
/東京大学/杉山弘和
医薬品製造において、品質や経済性、安全性や環境など、様々な面で優れたプロセスを設計してくためのモデル化やシミュレーション、最適化に関する技術について、研究事例を交えつつ紹介する。

■連載
○温故知新「日本におけるクリーンルーム技術革新の源流を訪ねて」第2回
/N.A.コンサルタント安藤紀雄

■製品紹介
○異物混入対策に画期的なダクトクリーニング工法
/赤門ウイレックス(株)/山田晃也・大森健・山本太・成相英明・山田悠喜・三輪良・永田敦子

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP