油空圧技術 2015年12月号 PDF版

油空圧技術 2015年12月号 PDF版
商品コード:
Y1512

油空圧技術 2015年12月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
Y1512
■特集:混相流に見るフルードパワー
○〔巻頭言〕混相流に見るフルードパワー
/協立機電工業(株)/落合正巳
本誌「油空圧技術」では、通常、油圧、空圧、水圧を単相の流体として論じているが、産業界や自然界においては、物質の複数の相が混ざり合って流動する現象である「混相流」の形態が多く存在する。本特集では、混相流の事例をご紹介いただいた。

○配管内を流れるスラリー固体粒子の堆積予測
/日揮(株)/高橋公紀・野々上友也
当社はスラリーハンドリング技術の高度化を目指して、スラリー挙動を再現できるスラリーシミュレーションを開発している。その技術開発成果の一例として、配管内を流れるスラリー固体粒子堆積のシミュレーション事例を紹介する。

○磁性流体の界面現象とその応用
/秋田県立大学/須藤誠一
磁性流体は磁性と流動性を併せ持つ極めて興味深い流体である。磁性流体の有するこの特性を最大限に発揮する機器やシステムを考案できれば、無限の応用が考えられる。本稿は磁性流体の基本的な特性と磁場の印加による界面現象の応用について紹介するものである。

○ディーゼル排ガス粒子の電気集塵技術
/東京都市大学/江原由泰
ディーゼルエンジンから排出される粒子状物質(PM)は非常に微小で、人体に重大な疾患の原因になりえる。このPMを処理する技術として、電気集塵装置(ESP)を取り上げ、ESPの集塵理論や実際の適用技術事例、そして最新の技術動向について解説する。

○雪の特性モデリング
/(株)本田技術研究所/山本洋佑
雪国の生活で除雪機の存在は欠かせないものとなっている。雪の特性は場所や気候によって変化するため、その性能を安定的に評価することは困難である。そこでシミュレーションによる除雪作業の再現を試みた。本稿ではシミュレーションで用いた雪の特性モデルについて紹介する。

○砕氷船の氷中性能向上
/ジャパンマリンユナイテッド(株)/山内 豊
砕氷船は海水(液体)、空気(気体)及びその境界にある海氷(固体)の影響を受けながら航行する特殊船である。砕氷船の主な特徴を解説するとともに、海氷や海氷上の積雪から受ける抵抗を減らし、氷中性能を向上するために開発・実用化されたいくつかの技術を紹介する。

○モーター駆動ウォータージェット推進船
/東京海洋大学/賞雅寛而
既存のエンジン駆動船に比較して、大気・水質汚染が無いなどの環境面、運航面、安全面及びエネルギーコストにおいて多くのメリットを有する、当大学が建造した世界初のモーター駆動ウォータージェット推進船(急速充電対応型電池推進船)を紹介する。

○先端を封じた円管内への圧力による液体侵入特性
/静岡大学/野崎紘史・真田俊之
本研究は微細構造物中への液体侵入特性を明らかにするため、先端の閉じられた管内へ、準静的に、もしくは連続的に圧力を印加することで、ミリメートル管内への液体侵入の様子を観察した。その結果、空気の溶解及び管の濡れ性が液体侵入に与える影響は非常に小さい事が分かった。また、圧力を印加した際の管内の水位の時間変化は、等温過程の式を用いてモデル化できることを確認した。

○スーパーキャビテーション現象と数値解析
/慶應義塾大学/浅野 啓・松尾亜紀子
本稿では、キャビテーションの応用事例としてスーパーキャビテーション現象を取り上げ、水中航走体周りのスーパーキャビテーション現象に対する数値解析事例を紹介する。

○混相流の流体シミュレーション解析
/(株)ソフトウェアクレイドル/岡森克高
近年、飛躍的に性能が向上したコンピューターを利用することにより混相流の流体シミュレーション解析の適用範囲は急速に広がっている。混相流解析に取り組む上でのモデル化を説明し、熱流体解析ソフトウェアによる流体輸送に関連する混相流解析の事例を紹介する。

■連載
○実学的ポンプ講座5
アキシアルピストンポンプ:CASPARと不具合事例
/コソド油圧ポンプ設計事務所/小曽戸博
斜板式アキシアルピストンポンプが作動している場合の複雑な動きのシミュレーションと不具合事例を紹介、解説する。

■研究室紹介
○防衛大学校 システム工学群 機械システム工学科 流体システム講座
/防衛大学校/西海孝夫・一柳隆義
防衛大学校流体システム講座は、フルードパワーシステムの高性能・高機能化を目指し、とくに油圧機器や流体システムにかかわる教育や研究に携わっている。本稿では、当研究室の概要と教育研究テーマについて紹介する。

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計

○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油空圧用シールとパッキン

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP