日工の技術雑誌

配管技術 2015年11月号 PDF版
商品コード:
H1511

配管技術 2015年11月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
H1511
■解説
〔展望・解説〕
○欧州連合(EU)における化学物質管理政策の最新動向
/環境省/彦坂早紀
/(一社)海外環境協力センタ (DECC)/ 八十島光子/江藤千純
欧州連合(EU)では、REACH、BPR、CLP等の化学物質管理規制制度により、化学物質や化学物質含有製品等に関して、認可、制限、情報伝達・共有といった様々な規制が課されており、その最新動向を解説する。

○シェールガス・オイル開発における掘削・仕上げ技術の変遷
/(独)石油天然ガス金属鉱物資源機構/大東昌記
かつては技術的にも経済的にも困難であったシェールガス・オイルの開発が、2000年代に入り北米を中心に急速に発展した。このシェール革命の大きな要因となった「掘削・仕上げ技術」の進歩について、概要ならびに最新動向を紹介する。

〔設計〕
○ガスタービンクリーン燃焼技術
/三菱日立パワーシステムズ(株)浅井智広・百々聡・苅宿充博・他
当社は、CO2回収・貯留を備えた石炭ガス化複合発電(IGCC)向けに、ガスタービンのクリーン燃焼技術を開発している。この技術は、希釈剤を使用せずに(ドライ)低NOx燃焼することでプラント効率向上に貢献する。本稿では本技術の内容とパイロットプラント試験結果およびIGCC実証試験プラントへの展開を述べる。

○超臨界CO2サイクル発電システム
/(株)東芝/高橋武雄
超臨界CO2サイクル発電システムは高効率発電とCO2の全量回収が同時に実現できることが特長である。当社はこの発電システムの開発プロジェクトに参加し、タービンと燃焼器の開発を進めている。本稿では、システムの概要と当社の開発状況について紹介する。

○下水の超高効率固液分離システム
/メタウォーター(株)/稲垣智亮
下水処理場における合流改善、初沈代替として「ろ過」による効率的な固液分離技術を開発した。雨天時の公共用水域の水質改善、下水処理場の省面積化、災害対策などの効果が期待でき、今後は海外での活用も期待される。

○石炭の自然発熱シミュレーション技術
/出光興産(株)/櫻井靖紘
石炭の自然発熱は、品質管理と安全性を確保するために克服すべき課題であるが、要因が非常に多く、対策は容易でない。本稿では、石炭の安全な管理・運用方法の検討に活用可能な自然発熱シミュレーション技術の概要および解析事例について紹介する。

〔施工〕
○事前穴あけ加工不要のCFRPと金属との瞬間的な機械接合
/日本大学/上田政人/福井鋲螺(株)/長谷川寛幸・渡辺勤也・藤井直哉
本稿では、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)とCFRP、またはCFRPと鋼板などとの機械的接合において、事前の穴あけ加工が不要かつ短時間・低コストで実施可能な自己穿孔リベットを紹介する。

〔運転・保守〕
○VRを用いたヒューマンエラー防止のための化学プラン卜運転員の安全教育・訓練
/岡山大学/鈴木和彦・麓敦子
本稿ではプラントにおける異常検知・対応操作の教育を目的とする仮想現実感(VR)技術を用いた体験型協調教育・訓練システムを紹介する。VR環境とプラントシミュレータを連動させた協調訓練により運転員の安全意識、知識・技量・感性からなる「総合力」の向上が期待できる。

■特集:プラントの検査・診断技術
○最新のプラント配管内検査
/日本工マソン(株)/三縄聡久
本稿では、ニーズが高まりつつあるプラント内配管の内面検査について、管内検査カメラに対するニーズ、それに対応した検査機の性能について、最新情報・最新機種を紹介する。

○薄肉配管溶接部に適用するTOFD探触子の開発
/(株)検査技術研究所/林栄男
溶接きずの検出及びきず高さ測定に有効とされるTOFD法は、今回改正されたJIS Z 3060-2015「鋼溶接部の超音波探傷試験方法」の附属にきず高さの測定方法として取り入れられた。本稿は、配管の円周継手溶接部に適したTOFD探傷用スキャナーと薄板用TOFD探触子について紹介する。

○配管外面腐食の自定式連続三次元計測と供用適性評価
/(株)セイコーウェーブ/新村稔
本稿では、配管や圧力容器外面の広範囲にわたる腐食を連続計測するシステムの概要について説明し、取得した三次元データを米国API/ASME FFS-1規格に基づいて供用適性評価をした事例を紹介する。最後に日本溶接協会のWES2820規格準拠評価ソフトウェアに触れる。

○プラント検査への超音波フエイズドアレイ (PA-UT)適用拡大
/ZETECジャパンオフィス/江原英治
プラント配管溶接部内部探傷として米、欧を中心に信頼性を高めている超音波フェイズドアレイ(PA-UT)法とTOFD法の同時探傷と共に、経年減肉或いは腐食検査用新型スキャナー『Paintbrush』を紹介する。

○最新の工業用ポータブルX線装置
/エクスロン・インターナショナル(株)/出口光男
エクスロン・インターナショナル(デンマーク)は旧アンドレックス社時代より世界の非破壊検査市場に工業用ポータブルX線検査装置を提供してきた。今回デザインを一新し、新たにSMARTEVOシリーズとして開発した。

■製品技術情報
○銅製座屈拘束ブレースの紹介
/大和ハウス工業(株)/西拓馬・吉田文久
/(株)フジタ/佐々木聡・佐々木康人・小原泉
大和ハウス工業(株)と(株)フジタは共同で、鋼材のみで構成された低コストで高性能な座屈拘束ブレースを開発した。本稿では、鋼製座屈拘束ブレース(DUAL CORE BRACE)の構造と耐震および制振性能、各種構造物への適用性等について述べる。

○削り出し真円エルポ
/野田金型(株)/堀口展男
2010年月9号で機械加工による削り出しエルボについて報告した。その後海外の展示会に出展し日本であまり知られていない需要や問題を知ることができ、「180度エルボ」、「低価格エルボ」、「一体品複雑形状製品」を開発した。

○三次元艤装設計システムによる配管設計
/(株)NTTデータエンジニアリングシステムズ/高倉俊治・浜岡哲也
本稿では、AoutCAD Plant 3Dをベースとした三次元艤装設計システム「管ナビ(kan navi®)」のカスタマイズ機能を解説し、既存船へのバラスト水処理装置搭載(レトロフィット)の三次元エンジニアリングでの活用事例を紹介する。

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP