油空圧技術 2015年9月号 PDF版

油空圧技術 2015年9月号 PDF版
商品コード:
Y1509

油空圧技術 2015年9月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
Y1509
■特集:オープンフィールドネットワーク
○〔巻頭言〕オープンフィールドネットワークについて
/(一財)機械振興協会/五嶋裕之
フィールドネットワークの世界で進行しつつある、ハードやソフトの「オープン化」とEthernet技術利用によるコスト削減について、油空圧技術者が最新の技術動向を理解し、オープンフィールドネットワークを選択する上で参考となるようできるだけ平易に解説する。

○採用前の実用的な基本性能テスト事例
/(株)ステップテクニカ/麦谷富浩
昨今、デジタル通信を利用した多種のリモートI/Oが提供されている。それぞれの製品や種類には個々の特徴があり、用途に適すものを選ぶべきであるが、カタログに記載されたスペックだけでは、その選択が難しい場合も多い。本稿では、当社のHi-speed Link System(HLS)を例に、実用レベルでの基本性能テストの実際例を紹介する。

○PROFIBUS・PROFINETの動向
/NPO法人日本プロフィバス協会/元吉伸一
オープン・フィールドバス・PROFIBUSの普及は1990年からスタートし、産業用Ethernet・PROFINETは2000年からプロモーションを開始した。本稿では普及を推進する組織PI、メリットそしてPROFIBUS・PROFINETの概要を説明する。

○確実な同期性と高い信頼性をもたらすMECHATROLINKについて
/MECHATROLINK協会/池田源
近年の製造装置は市場要求の高度化に伴い精密なモーション制御やIoTやM2M時代に対応した機能追加を求められている。本稿ではこれらの要求にこたえられるフィールドネットワークのMECHATROLINKについて、その概略を紹介する。

○マルチベンダ環境を実現する産業用オープンネットワークFL-net
/(一社)日本電機工業会/高橋一郎
FL-netは汎用のイーサネットを利用したオープンな産業用ネットワークである。当団体がその規格の管理と普及活動をしている。初期に自動車産業に採用され、その後、各種産業に採用されている。今後、工場内のネットワークとともに進化を図る。

○省配線フィールドバスシステム
/SMC(株)/渡辺忠男
バルブマニホールドは装置の最適な場所へ配置し、各々をフィールドネットワークで接続する分散設置型と、入出力機器を備えた一体集中型がある。両者の特長を交え、当社の代表的な省配線フィールドバスシステムを紹介する。

○オープンフィールドネットワークの特長とその関連機器
/(株)コガネイ/金子幸夫
近年、ネットワークは今や私たちの日常生活に必要不可欠なメディアとして、非常に身近な存在になっている。本稿ではそのネットワークに対応した当社の機器、電磁弁Fシリーズを紹介する。

○オープンフィールドネットワークへの取り組み
/ボッシュ・レックスロス(株)/吉田拓史
昨今のインターネット技術の進歩と普及とグローバル化にともない、オープンフィールドバス(ネットワーク)の重要性が注目され始めた。本稿では当社ののオープンフィールドバスに対応する製品の紹介を含め、レックスロスの提唱する技術およびアプリケーション例などを紹介する。


■製品と技術
○新しい結露対策の提案
/(株)コガネイ/塩田浩司
小径の空気圧機器を使用する場合、配管内に結露が発生することがある。本稿では、長年の課題である「空気圧機器の配管内における結露発生原理」と、課題解決のための「新しい結露対策のご提案」として当社新製品「水取りバルブ」の概要、特長を紹介する。

○ヒューマンアシスト機器パワフルアーム
/CKD(株)/稲山公憲
空気圧シリンダのメリットを最大限活用して、スムーズな操作性を実現。コンパクト収納から大きな操作範囲を確保する特徴的な構造。従来の助力装置の問題点を解消した助力装置の特徴及び仕様を紹介する。

■連載
○実学的ポンプ講座2
ギヤポンプ/コソド油圧ポンプ設計事務所/小曽戸博
ギヤポンプの構造とそれに伴う問題点及び使用上の注意事項について述べる。また、最近の新しい動きについても紹介する。

■研究室紹介
○東京工業大学精密工学研究所香川・只野研究室
/東京工業大学/吉木均
東京工業大学精密工学研究所の香川・只野研究室を紹介する。圧縮性流体の計測制御を軸とし、都市ガスから新幹線、燃料電池車、外科手術支援ロボットまで幅広く扱っている。本稿では研究所の歴史や研究室生活も紹介する。

○奈良工業高等専門学校早川研究室
/奈良工業高等専門学校/早川恭弘
当校は、本科5学科及び専攻科3専攻から構成され、専攻科まで進学した場合、3年間研究を行う。本稿では、私の研究室で行っている研究(空気圧利用の機器として、高機能靴を用いた歩行訓練装置、鬱血褥瘡防止用高機能マットの開発)の一例を紹介する。

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計

○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○環境にやさしい作動油

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP