日工の技術雑誌

建設機械 2015年9月号 PDF版
商品コード:
C1509

建設機械 2015年9月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
C1509
■特集:無人化施工と建設ロポット
○次世代社会インフラ用ロポット開発・導入について/国土交通省/中根亨
建設業従事者の減少、災害リスクの高まりを受け、国土交通省ではインフラの維持管理の効率化及び災害対応の迅速化・安全性の向上に資するロボット技術の開発・導入を促進するため、平成26年度、ロボット技術について公募を行って実現場での検証・評価を行った。

○小型建機ロポットの無人化施工運用、活用/(株)ポブキヤツト/守屋健太
小型建機Bobca t(SSL、CTL、AWS)とそのアタッチメントを紹介。近年増えている災害により危険箇所で作業できるロボットが求められている。リモートコントロールユニットとその運用、活用を紹介する。

○ICT建機施工を中心とした建設現場への新サービス/コマツ/四家千佳史
建設業界では、労働力不足が深刻な問題となっている。当社は、この問題解決に、ITを活用した建機等で建設現場の生産性や安全性を向上させる新サービス「スマートコンストラクション」の提供を始めた。

○長距離遠隔操作型トンネル災害調査ロポット/清水建設(株)/鈴木正憲
最新の無線通信技術と3D計測技術を用いた「次世代型無人化施工技術」を開発し、トンネル内の狭隘な場所において、単独で効率的な作業が可能なトンネル災害調査ロボットとして実用化した。トンネル内の環境においても、中継局なしで最大1kmの遠隔操作が可能。

○電動解体ロポット/ハスクパーナ・ゼノア(株)/坂口敬一
建物屋内、製鉄所、トンネル、災害現場など、人間が作業を行うには過酷な環境下で最大限の性能を発揮する電動遠隔解体ロボット。電動駆動により排気ガスは発生せず、コンパクトな機械本体は屋内狭所で威力を発揮。数十m程度離れた場所からの有線(無線)操作で作業者の安全を確保。

○UAV (無人飛行装置)の災害調査への利用/(株)アスコ/楠本博・番上勝久
UAV(Unmanned Aerial Vehicle)は、特に迅速性や安全性を要求される災害地の調査、測量において有効な技術である。今日、UAVは試行段階を経て、多くの調査、測量実績を得るまでになってきた。ここでは、そのような現状を紹介するものである。

○遠隔操縦用人型ロポット (DOKAROBO)の開発/(株)富士建/角和樹/アスラテック(株)/吉崎航
汎用建設機械の運転席に設置して遠隔操縦を可能とする人型ロボットを紹介する。近年、大規模な自然災害が多発傾向に有るため、現地で調達可能な汎用建設機械を遠隔操縦することにより迅速な応急復旧が可能となる。

○群口ポットによる大規模環境のレーザー計測の自動計画/九州大学/倉爪亮
本稿では、ロボットに搭載したレーザースキャナによりレーザー計測と位置同定を繰り返し実行する群ロボットシステムに対し、ロボット間の見通しや位置同定誤差の抑制、効率的な移動計画などの諸条件を満たした観測計画を自動的に立案する、レーザー観測計画の自動化手法を紹介する。

○遺櫛様作型地砂除去システムを応用した放射性底泥除去技術/東亜建設工業(株)/泉信也・飯田宏
遠隔操作が可能な球形の堆砂除去装置「マジックボール」を改良して、放射性物質で汚染されたため池の底泥除去技術を開発した。本稿では底泥除去システムの概要とともに福島県内での実証実験結果を紹介する。

○建設機械の周囲環境視認装置/日立建機(株)/石本英史・古渡陽一・太田守飛
建設機械・鉱山機械オペレータの安全確認支援を目的として、複数カメラ画像合成による俯瞰視点画像表示機能を備えた周囲環境視認装置を開発した。本稿では、ダンプトラックおよび油圧ショベル用の周囲環境視認装置の特徴について紹介する。

○無人化施工における俯瞰映橡システムの開発/(株)フジタ/野末晃・三村洋一
無人化施工で必須の固定カメラや移動カメラの代わりに簡易取付けが可能な俯瞰映像システムを開発した。魚眼レンズカメラを用いた俯瞰映像の特徴と平成26年12月に長崎県普賢岳での次世代社会インフラ用ロボット現場検証についても紹介する。

○振動ローラの自立走行システムの開発/大成建設(株)/青木浩章
本稿では、従来の無人化施工で行う機械周辺に設置された複数の動画カメラの映像を見ながら、常時操縦桿を操作するラジコン型操作を進化させた、主要作業を人間の操作無で行える次世代型の無人化施工機械の開発について紹介する。

○Wi-Fiカメラを搭載した小型無人飛行船による高所の目視検査/足利工業大学/仁田佳宏/戸田建設(株)/渡壁守正
本稿では、簡便かつ詳細に建築物の天井部や橋梁の床版や桁などの高所の安全点検を行うことを目的とした、Wi-Fiカメラ搭載小型無人飛行船を用いた目視検査手法について紹介する。また、紹介手法を体育館の天井部および橋梁に適用した事例についても紹介する。

○油圧ショベル双腕仕様機の紹介/日立建機(株)/小俣貫之

双腕仕様機は、油圧ショベルをベースに、今まで以上に複雑な作業への対応を目的として開発したものである。人間と同じ2本の腕を活用して複雑な作業が可能で、一般の建物解体や廃棄物処理作業に加え、災害対応技術としても期待されている。本稿では双腕仕様機の各モデルの特徴と、災害対応について紹介する。

■業界情報
○2015年4月度建設機械出荷金額統計/(一社)自本建設機械工業会

※ご注意※
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP