日工の技術雑誌

建設機械 2015年8月号 PDF版
商品コード:
C1508

建設機械 2015年8月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
C1508
■特集:リニア新幹線を支えるトンネル工事向け工法と技術2
○連続SSRT/(株)フジタ/村山秀幸
連続SSRTとは震源に掘削発破(段発)を活用する切羽前方探査法であり、探査機器が坑内を占有することがなく探査作業がトンネル掘削サイクルに影響を与えないことが大きなメリットである。本稿では、連続SSRTの概要と探査事例を紹介する。

○中流動覆工コンクリートを打設直前に製造する技術
/(株)熊谷組/手塚仁

山岳トンネルの覆工コンクリートに、中流動コンクリートの製造を従来の生コン工場での製造ではなく、現場で生コン車に直接投入・撹拌・製造できる点が特徴の流動化剤を適用し、品質の向上を図った。

○経済的で高品質の吹付けコンクリートの施工に向けて
/戸田建設(株)/中藤英樹・田中徹
NATM工法の支保部材の中でも特に重要な役割を担っている吹付けコンクリートにおいて、施工時のリバウンド量と粉じん発生量を低減するとともに、コンクリートの高強度化を実現するために開発した、低リバウンド吹付けコンクリートについて紹介する。

○均一にコンクリートを充填する打込み方法
/五洋建設(株)/小笠原哲也・前田智之・藤原正稔
本稿は、厳しい施工条件である覆工コンクリート天端部に対して、中流動コンクリートと小口径配管を使用することで均一にコンクリートを充填できるハイブリッド式の打込み方法を新規開発したので、その概要と現場適用した結果を紹介するものである。

○鋼板とRCを一体化した合成セグメントの開発
/西松建設(株)/小林正典
近年、大深度地下トンネルでは、大きな断面力が発生する箇所に高い耐力を有する合成セグメントの採用が増えているが、従来セグメントに比べコストおよび製作工期が増大する傾向にある。今回、スタッドジベルを使用した、製作性、経済性に優れる高剛性の新しい合成セグメントを開発した。

○二重回転カッター構造に関するシールド掘進実験
/前田建設工業(株)/安光立也
大口径シールド機の掘進速度を向上するために、二重回転カッター構造に関する実験を行った。その結果、内カッターを外カッターより速く回転させることにより、カッタートルクおよびジャッキ推力の低減が確認できた。本稿では、その実験の概要について紹介する。

○シールドトンネルの鋼製セグメント区聞における吹付け覆工技術
/飛島建設(株)/川端康夫
本工法は、特殊モルタルを鋼製セグメントのリブ内の狭空間に吹付け充填し、表層は、シールドトンネルの用途に応じた高品質なモルタルを使い分け、吹付け・左官仕上げを行い、ライニングを形成するシステムで、鋼製セグメント部二次覆工の要求性能の達成を目標としている。

■技術資料
○「見える化」による除雪車作業状況の検証
/土木研究所/小宮山一重・牧野正敏・佐藤信吾
除雪作業における工区全体の除雪車の動きを一目でわかるように時系列で表示し、除雪作業の状況確認及び作業効率改善に向けた検証を行った事例について紹介する。

○移動式クレーンや建設機械の設置における簡易な地耐力確認の提案
/(独)労働安全衛生総合研究所/玉手聡・堀智仁
作業現場の地耐力を迅速に調査するための「現場地耐力試験」を考案し、これを簡易に実施するための装置を開発した。本稿では、5ヶ所の現場で行った同試験の結果が平板載荷試験のそれとほぼ同じであったことを示してその利用を提案する。

○多軸攪拌方式の地盤改良等の打設精度管理システム
/(株)竹中土木/野口達也・市川晃央・荻野寿一
多軸攪拌方式の地盤改良や場所打ち杭の施工において、打設精度を高度に管理するシステムを開発した。本技術は、地盤改良のロッドや場所打ち杭のケーシングを対象に、傾斜や平面位置を定量的に管理する情報化施工技術である。本稿では、システムの概要と実用例について紹介する。

○粉塵防止型セメントミルク混合装置の開発
/鹿島道路(株)/大竹元志

中小規模工事の半たわみ性舗装において、セメントミルク混合作業で発生するセメント粉塵を抑制するため、新たに粉塵防止システムを開発したので現場事例と併せて紹介する。これにより周辺への環境被害や作業員の健康被害の改善を図ることができる。

○油圧式杭庄入引抜機、ハット形鋼矢板900の仕様拡大
/(株)技研製作所/梶野浩司
本稿では、ハット形鋼矢板900の複合式圧入機(サイレントパイラーF301)の概要や特徴を紹介し、多数の施工事例の中から代表的な実用例を紹介する。

■話題の工法
○ソイルセパレータ・マルチ工法
/東亜建設工業(株)/御手洗義夫

我が国の埋立地や土砂処分場の容量は逼迫した状況にあり、浚渫土砂の有効利用や減容化が求められているために、砂質系の浚渫土砂から、細粒分を除去した高品質な土砂を抽出、有効利用し、処分量の減容化を目的としたソイルセパレータ・マルチ工法を当社で開発した。本稿でその特徴を述べる。

■業界情報
○2015年3月度建設機械出荷金額統計
/(一社)日本建設機械工業会

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP