油空圧技術 2015年6月号 PDF版

油空圧技術 2015年6月号 PDF版
商品コード:
Y1506

油空圧技術 2015年6月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
Y1506
■特集:新素材・機能材料の適用事例
○巻頭言:「新素材・機能性材料の適用事例」特集号の発刊にあたり
/法政大学/田中豊
油空圧技術者は新的な新商品や新技術を生み出すためにも、常に産業界や学界で開発される新素材の特徴や機能の知識・情報にアンテナを張り、異分野への適用事例を探索していかなければならない。こうした背景を踏まえ、本号で新素材や機能材料の適用事例や新開発事例を取り上げた。

○樹脂多孔質を用いた吸着プレート、浮上パッド/CKD(株)伊藤秀和
軽量、高精度、ソフトタッチで対象物にダメージを与えない、樹脂多孔質を応用した搬送用空気圧機器を紹介。吸着プレート「PVP」シリーズ、浮上パッド「GFM」シリーズについてその特徴と用途を解説する。

○超高分子量ポリエチレン被覆高圧ホース/(株)十川ゴム/西岡準・福本真也
油圧設備機器のコンパクト化や多様化に伴い求められる油圧配管の性能や問題点も多岐に渡る。本稿では、ホース配管コンパクト化に伴うホース同士や他設備との干渉による摩耗性能をアップした外層超高分子量ポリエチレン被覆高圧ホースについて紹介する。

○熱膨張ゴムの性能と応用例/(株)十川ゴム/坂東譲・西川正一
熱膨張ゴムは、高熱を受けると急速に膨張して断熱層を形成し、火災時などの緊急時に炎や煙の侵入経路を遮断する部材として使用され、防火対策、延焼防止に効果を発揮する。本稿では、熱膨張ゴムとその性能を利用した製品と特長を紹介する。

○高分子電解質膜アクチュエータ/鈴鹿医療科学大学/伊原正
高分子電解質膜を中心とするソフトアクチュエータ医療応用について、カテーテル、排痰機構、人工関節駆動機構、音声合成機構について紹介する。また、アクチュエータ・センサ複合体について、および生体適合性など医療応用特有の問題についても概説する。

○水素吸蔵合金を利用したアクチュエータ/長崎大学/香川明男・山本将貴
水素吸蔵合金は可逆的に水素を吸蔵・脱蔵し、10〜30%の大きな体積変化を示す。本稿では、このM(金属元素)+1/2H2?MH(水素化物)の相変態を利用した水素吸蔵合金アクチュエータの曲げ動作特性に及ぼすメッキ厚の影響、最適アスペクト比、水素圧による動作制御ならびに回転モジュールの動作特性について述べた。

○可変弾性ソフトマテリアル/新潟大学/三俣哲
ゲルやエラストマーと磁性粒子を複合化した材料、磁性ソフトマテリアルは磁場に応答して弾性率が可逆的に変化する現象、磁気粘弾性効果を示す。弾性率は永久磁石レベルの磁場で2桁以上も増加する。磁気粘弾性効果のメカニズム、磁気粘弾性効果に及ぼす物理的因子、磁性ソフトマテリアルの応用について解説する。

○ハイドロゲル/横浜国立大学/鈴木淳史
ハイドロゲルに見られるユニークな特徴である刺激応答機能とそれを利用したマイクロバルブの動作原理、ならびに、従来のゲルでは実現が難しい高膨潤(高含水率)で高強度のハイドロゲル人工軟骨など生体材料への応用の試みを紹介する。

○表面改質技術により実現する小型空圧ソフトアクチュエータ
/岡山大学/脇元修一
微細機械加工技術や表面改質技術を用いることで小型の空圧ソフトアクチュエータを開発している。アクチュエータは正・負の空気圧によって2方向への湾曲動作を実現することが可能である。本稿ではアクチュエータの構造・製作プロセス・応用例について概要を述べる。

○生体関節に学ぶバイオミメディック・シール/熊本大学/中西義孝
オイルシール、メカニカルシールに次ぐ、第三のシール(軸封)装置としてバイオミメティック・シールを開発している。すぐれた防水性能と低摩擦トルク発現に特化するために、生体関節が有する機能・特徴を人工的に再現した構造としていることが特徴である。

○ER流体/(株)ERテック/井上昭夫
ER 流体の特徴と装置への応用につき紹介した。ER 流体は優れた応答性を有しヒステリシスが殆どなく、 極めて僅かな消費電力で作動する。流体の実用性能やデバイスの製作技術も向上した。医療、介護・福祉、スポーツ等の分野で、人間と力のやり取りを行う装置にER 流体ブレーキ/クラッチを用いると、力覚呈示性や安全性を大幅に向上できる。

○高剛性基油/出光興産(株)/小別所匡寛・青木慎治
油圧作動油は圧力伝達媒体として広く用いられているが、装置制御の高速・高精度化に伴い、圧力印加時の体積収縮(圧縮性)による応答遅れや位置決め精度誤差が無視できない場合がある。本稿では当社が開発した低圧縮性の高剛性基油と、その性能評価結果を紹介する。体関節が有する機能・特徴を人工的に再現した構造としていることが特徴である。

■連載
○変わりゆく油圧システムへの貢献
電子油圧制御システムへの提案/Hydra Force Inc./Ben Dupre
本稿では、隔月連載の第1回目として、生産現場の効率化に貢献するExDRバルブドライバーについて紹介する。また併せてソフトウェアツールの利用や分散制御技術について言及するなど、新たな電子油圧制御システム構築の有用性について概説する。

■H&P情報
○油空圧機器出荷集計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○圧力、差圧、真空スイッチ

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP