画像ラボ 2015年5月号 PDF版

画像ラボ 2015年5月号 PDF版
商品コード:
Ga1505

画像ラボ 2015年5月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
G1505
■解説
〔商業支援〕
○仮想試着システム/東芝ソリューション(株)/三上 茂
当社は流通小売業の営業力強化をご支援するソリューションを検討する中で、「オムニチャネルソリューション」の1つとして仮想試着システムを開発した。本研究では、洋服を販売していない場所で本システムを利用し、アパレル実店舗での購入までにどのような影響を与えるかを検証する。

〔認識・検出〕
○高精細三次元ビデオのためのズームアップ・パンチルト撮影システム
/奈良先端科学技術大学院大学/浮田 宗伯
複数のパンチルトカメラで人体の各部をズームアップ撮影することで、形状復元の解像度向上と誤差低減、および解像度テクスチャ撮影するシステムを開発する。実験では、実時間カメラワークに基づいて撮影された高解像度画像からの三次元ビデオ生成を行った。

○データ駆動型モデルを用いた画像認識/
立命館大学/韓 先花・中島 基輝・陳 延偉
近年画像中に映る物体(車や人)やシーン種類などの情報を機械学習やコンピュタービジョンを用いて自動的に識別する画像認識技術が注目されている。本稿では、画像を表現するための特徴抽出に注目し、一般的に用いられたカラーヒストグラムやエッジヒストグラムの中に使われる色や勾配情報(形状)などのraw特徴に対して、一定間隔で量子化(次元圧縮)を行うではなく画像に適応した代表的な色や勾配情報を学習し、この代表情報(ビジュアルワード)の統計量(ヒストグラム)を形成してから画像を表現する、というデータ駆動型モデルを提案する。

〔ディスプレイ〕
○HPCIと連動するネットワーク共有型可視化システム
/大阪大学/伊達 進・清川 清
本稿では、HPCI(High Performance Computing Infrastructure)と連動するネットワーク共有型可視化システム(CyberCommons)が統合された、大阪大学サイバーメディアセンターの高性能計算環境について概説し、「大型3Dタイルドディスプレイ」、「フレキシブルリソースプールシステム」の分類からCyberCommonsシステムの詳細について紹介する。

〔トピックス〕
○奈良の貴重な文化財を大画面裸眼3Dディスプレイで上映
/情報通信研究機構/井ノ上直己
当機構では「超臨場感コミュニケーション」の研究において、立体映像技術の研究開発を進めてきており、200インチ裸眼3Dディスプレイを開発した。このディスプレイを大阪駅北側のグランフロント大阪ナレッジキャピタルで公開し、実証実験を行ってきている。本稿では、このディスプレイの概要を示すとともに、奈良の貴重な文化財を紹介する映像を制作・上映したのでこの取り組みを紹介する。

○生命科学研究における画像不正の検出
/エルピクセル(株)/朽名 夏麿・島原 佑基
STAP細胞問題をきっかけに生命科学分野の捏造問題は広く知られることとなった。とくに画像データの改変を介した捏造は生命科学コミュニティを悩ませている。安易な捏造を防止すべく、当社が展開している画像不正検出ソフトウェアLP-examシリーズについて紹介する。

■特集:撮像性能向上のキーデバイスCCDセンサ・CMOSセンサ
○マシンビジョンカメラ選定時における画質性能の確認方法
/ポイントグレイリサーチ(株)/吉田 里志
最近では、イメージセンサが数多くリリースされてきているため、マシンビジョンカメラの多様化が著しい。その弊害としてカメラの選定がより時間のかかる作業となってきている。本稿では、それらのイメージセンサを簡易的にカタログ数値から絞り込みを行う方法を紹介する。

○CMOSとCCD/Basler AG/Joachim Linkemann
歴史的に見れば、CCDセンサはCMOSセンサよりも40年以上前から存在している。現在ではCCDセンサは最高の画質を提供できるようになった。市販の製品としてCMOSセンサが市場に登場したのは、90年代半ばになってからである。ここでは、CCDセンサとCMOSセンサの特長やポイントを述べる。

○CMOSイメージセンサがブーストするインダストリアル、
ハイエンドメディカル、コンシューマイメージングの世界
/CMOSIS/Pieter Willems
CMOSISのCMOSイメージセンサは、高性能グローバルシャッタ、ハイフレームレート、ローノイズ、オンチップADC等の優れた機能や特徴を有しており、インダストリアル、メディカル、ブロードキャスティング等の分野の発展に寄与している。本稿では、新製品CSI 2100やCMOSセンサの概要や特長など紹介する。

○e2vテクノロジーズ社のCCD/CMOSイメージセンサ
/コーンズテクノロジー(株)/島田 琴美
本稿では、e2vテクノロジーズ社の産業向け用途のCMOSイメージセンサを中心に、同社の製品を紹介する。

○AWAIBA社 次世代高速ラインスキャンCMOSセンサ/(株)シムコ/吉川 茂男
マシンビジョンイメージング分野・メディカルイメージング分野など様々な分野において、高付加価値CMOSイメージセンサを提供しているAWAIBAは、ラインスキャンカメラ向けにも高速センサを供給し、数多くの採用実績がある。今回新たに、高速かつ高感度のラインスキャンセンサー2シリーズを開発、リリースしたので紹介する。

○高画質化映像エンジン搭載 東芝小型4Kカメラで実現する
豊かな色彩表現力/(株)東芝/柏木 昭彦
当社では従来のフルHDカメラに加え、従来モデル同等の外形、操作性を継承した4Kカメラ「IK-4Kシリーズ」を発売し、使い勝手の良い4Kカメラとして医療分野を皮切りに広い分野での普及を目指している。本稿では、IK-4Kシリーズの仕様や特長を紹介する。

○リアルタイム型マルチスペクトルカメラ
/(株)リコー/増田 憲介・山中 祐治・丸山 剛・永井 祥
/リコーインダストリアルソリューションズ(株)/高木 盛宏
2014年11月にリコーインダストリアルソリューションズ(株)より発売された二次元色彩輝度計 RICOH CV-10A(3バンドカメラ)は、独自の微細光学技術および画像処理技術を融合させ、シングルスナップショットで高精度に色度画像を取得できるカメラである。本稿では、この基盤技術を活用した二次元のスペクトル情報をリアルタイムで撮影することができるマルチスペクトルカメラについて解説する。

■製品ガイド
○最新!エリアセンサカメラ
(株)アートレイ/(株)アイジュール/アディメック・エレクトロニック・イメージング(株)/(株)アド・サイエンス/(株)アプロリンク/(株)アルゴ/伊藤忠テクノソリューションズ(株)/(株)エーディーエステック/(株)エデックリンセイシステム/エドモンド・オプティクス・ジャパン(株)/(株)シーアイエス/(株)ジェイエイアイコーポレーション/(株)シムコ/センテック(株)/ソニー(株)/竹中システム機器(株)/(株)東芝/東芝テリー(株)/日本エレクトロセンサリデバイス(株)/日本ビューワークス(株)/(株)日立国際電気/(株)プロリンクス/(株)マイクロ・テクニカ/(株)リンクス

■コラム:マルコーニの彼方へ175
○震災の記憶と共に生きる/ヤマネコ

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

Mountain Addicts

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP