日工の技術雑誌

プラスチックス 2015年5月号 PDF版
商品コード:
S1505

プラスチックス 2015年5月号 PDF版

販売価格/
1,598 円(税込)
通常価格/
1,598 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:ここまできたプラスチック加飾技術
○加飾技術の最新動向/MTO技術研究所/桝井捷平
プラスチック表面加飾技術は、近年、単なる加飾にとどまらず、各種機能を付与した機能性付与加飾へと展開している。また、塗装などウエット方式の加飾は、VOC排出問題やコストの問題があり、塗装レス・めっきレス加飾技術」のニーズが高くなっている。

○金属音プラめっきの特徴と適用事例/東洋理工(株)/鳥山直樹
金属のような音がするプラめっきは顧客ニーズにより開発したものである。叩けば金属のような音が出ることから「Metal Like Tone:(MLT)」と名付けた。MLTは音質が金属ライクなだけでなく、従来にない高温特性を持っており、エンプラ上のめっきをはるかに凌ぐ、200℃までの超耐熱を有し、現在もオンリーワン商品である。

○Textile Fabricsインサート加飾成形技術/ART&TECH(株)/渡邊泰
SOLIDUXは本物の「Textile Fabrics」をインサート成形により樹脂製品に加飾する日本発の新技術である。多方面への応用が可能であり、工業製品に本物の繊維が持つ優しさと温もりを実現できる。

○高速スパッタリング装置による金属膜の成膜
/(株)島津製作所/上野智子/吉岡尚規・島津エミット(株)/尾崎悟
塗装やめっきに代わる加飾技術である真空成膜の中で、唯一成形連動可能な手法がスパッタリング法である。当社では、従来のスパッタリング装置よりも短タクトで付き回りの良い、高速スパッタリング装置を開発した。本稿では、その特徴および性能について述べる。

○優れた耐久性を有する産業用銀鏡塗装システム
/(有)ミズノ/阿部雅俊・加飾技術研究所/平野輝美
優れた金属調加飾を創成可能な銀鏡塗装は、多くの課題から広く活用されていない。本稿では次世代銀鏡塗装「MFS」を紹介する。耐久性改善技術を説明し、試験結果を示す。塩水噴霧やCASS試験で良好な結果を示し、産業活用できる耐久性を実現した。


■特設記事:エラストマー最前線
○熱可塑性エラストマーの最新動向
/エラストマーソリューションズカンパニー/柳澤秀樹
熱可塑性エラストマー(TPE)はコストダウン、軽量化、生産性向上、リサイクル性、省資源化のメリットを生かしてゴム代替材料として増加をたどっている。本稿では各TPEの最近上市されたTPEを含め、今後の採用検討の参考になるよう解説する。

○プロピレン系エラストマーの特徴と適用事例
/エクソンモービル・ジャパン合同会社/宮本侑典
Vistamaxx polymerはExxonMobil Chemical 独自のメタロセン触媒技術で製造しているオレフィン系エラストマーで、主に、ランダムエチレン分布を持つアイソタクチックプロピレンの繰り返し単位から成る。柔軟性、透明性、衝撃性能のバランスが求められる熱可塑性樹脂やポリオレフィンとのブレンドに好適である。

○ポリエステル系エラストマーの特徴と新規グレード
/アロン化成(株)/竹尾勇也
当社は新しくポリエステル系エラストマー「エステラール」
(TPC)を開発した。TPCが従来から持つ耐熱性や耐油性、熱融着性に加えて、新たに柔軟性や耐摩耗性、透明性を付与した。今回は、エステラールのさまざまな特徴を他のエラストマーと比較しながら紹介する。

○ホットメルト接着剤用向けポリオレフィンエラストマー
/ダウ・ケミカル日本(株)/服部勲
ダウ・ケミカルのアフィニティーTMGAポリオレフィン・エラストマーは熱安定性に優れ、包装用ホットメルト接着剤に広く使われている。近年、より低粘度のグレードや酸変性グレードを上市し、低温塗布や難接着基材にも広く使われている。

○磁場応答性エラストマーの可変粘弾性と応用/新潟大学/三俣哲
ポリウレタンなどのエラストマーに磁性粒子を複合化した磁性エラストマーは磁場に応答して弾性率が可逆的に変化する現象、磁気粘弾性効果を示す。弾性率は永久磁石レベルの弱い磁場で2桁以上も増加する。磁気粘弾性効果のメカニズム、磁気粘弾性効果に及ぼす物理的因子、磁性エラストマーの応用について解説する。

■一般原稿
〔解説〕
○可溶性LCPを使用したポリイミドハイブリッド基盤の展開
/住友化学(株)/伊藤豊誠

○塩ビ製品の魅力・再発見!/日本ビニル工業会/鈴木環

〔展示会レポート〕
○スマートエネルギーウィーク2015/安田ポリマーリサーチ研究所/安田武夫

○日経メッセ 街づくり・店づくり総合展
/安田ポリマーリサーチ研究所/安田武夫

■連載
○プラスチックス材料読本・分子量と引張の強さからの新解釈 第5回
/(元)アモコ・パフォーマンス・プロダクツ/安永茂樹

○プラスチック成形における不安定流動の制御 第28回
/藤山ポリマーリサーチ/藤山光美

○高分子材料の測定・分析技術と評価 第48回
/化学物質評価研究機構/大武義人

○プラスチックの破壊機構とタフニング 第20回
/山形大学/石川 優

○助っ人 工業デザイナーの独り言 第12回/鈴木英夫

○日本発プラスチックの開発ストーリー第9回
/マーク・コンサルタント/清水 優

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP