日工の技術雑誌

プラスチックス 2015年4月号 PDF版
商品コード:
S1504

プラスチックス 2015年4月号 PDF版

販売価格/
1,598 円(税込)
通常価格/
1,598 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:射出成形技術と装置の最新動向
○射出成形技術の最新動向/本間技術士事務所/本間精一
多様な市場ニーズに応えるため、射出成形においては電動射出成形機における精密制御技術や材料、金型、周辺機器などとの融合成形技術の開発が進められている。IPF2014における出展の中から注目すべき射出成形技術について述べる。

○長繊維強化プラスチックの繊維折損抑制/南真化学工業(株)/高橋 新
長繊維強化樹脂は通常の繊維強化樹脂と比べ、衝撃特性や長期特性に優れる。しかし、強化繊維は加工中に折れやすく、加工後の繊維長は2割にも満たず、そのポテンシャルの大半を使いきれていない。当社ではより繊維の折損を抑え、金属の樹脂化・軽量化に挑む。

○空中成形技術の概要と適用効果/ハジメ産業(株)/奥村英二
一般的に射出成形において薄くて長い製品、特に中が空洞の中空形状は成形困難と言われている。その困難な成形を可能にする、一つの答えが空中成形である。空中成形は多様な場面で応用発展できる技術であり、設計の可能性を大いに広げることができる。

○連続射出成形技術の応用例/(株)国盛化学/苅谷真一
自社製品「サイルベアタフ」の中核部品であるヒンジベルトを、長年培った連続射出成形技術を応用して射出成形金型を開発した。これにより製造原価低減と製品性能向上を両立させることが可能となった。

○ホットランナ金型の炭化異物除去による成形品質向上
/アスカカンパニー(株)/盛田剛史
当社では成形品質向上のためホットランナ金型の炭化異物の根本的対策に挑戦してきた。その取り組みにおいて、非常に効果が高く、炭化異物に対して根本的な対策であったクリーニングオーブンを用いたホットランナ金型洗浄、異物クリーニングサービスを紹介する。

○全電動 熱硬化性樹脂成形機の特長と適用効果/(株)名機製作所/熊谷篤史
従来の油圧機で培った、熱硬化性樹脂専用スクリュ・シリンダ等の各種技術や成形技術を継承しつつ、省エネや射出制御の安定を実現する為、全電動駆動とした。全電動熱硬化性樹脂成形機「M-AD-TS」シリーズの特長と成形事例について紹介する。

○ハイブリッド式射出成形機+低圧成形法による成形不良対策
/日精樹脂工業(株)/菊地秀樹
ハイブリッド式射出成形機「PNX-III・FNX-IIIシリーズ」は、油圧式成形機の良さと電気式成形機の良さを併せ持ち、薄肉から厚肉製品まで幅広い成形領域に対応した優れた射出成形機である。当社独自の低圧成形用アプリケーションソフト「N-SAPLI」を使用し、IPF2014で成形実演した低応力精密レンズの成形事例を紹介する。

○可塑化時に発生するガスを抑制する脱気システム
/東洋機械金属(株)/塩見浩一
成形不良の主な原因は可塑化中のガスが原因となっている。既存の脱気システムよりもメンテナンス性および操作性に優れた装置を開発することを目的としたSAG+αは、SAGスクリュと特殊ホッパーの組み合わせにより抜群の脱気効果を得ることができるシステムである。

○超薄肉導光板専用V-LINE射出成形機の特徴/(株)ソディック/前野茂樹
「HSPシリーズ」は、導光板サイズを6.0inchとする場合、L/t≧500となる厚み0.25 mmの圧倒的な超薄肉導光板成形を実現し、同時に、「高い平坦度」「均一な厚み」「低い面内色差」「均一な輝度」という高難易度な成形要求にもこたえる能力を有する新しいものづくりに貢献できる最新鋭マシンである。

■一般原稿
〔展示会レポート〕
○DMP2014/アーイン社/橋 亨

○Nano tech2015/コンバーティングテクノロジー展2015
/安田ポリマーリサーチ研究所/安田武夫

○オートモーティブ ワールド2015/安田ポリマーリサーチ研究所/安田武夫

■連載
○プラスチックス材料読本・分子量と引張の強さからの新解釈 第4回
/(元)アモコ・パフォーマンス・プロダクツ/安永茂樹

○プラスチック成形における不安定流動の制御 第27回
/藤山ポリマーリサーチ/藤山光美

○高分子材料の測定・分析技術と評価 第47回
/化学物質評価研究機構/大武義人

○資源、環境、エネルギーそしてプラスチック/第30回
/東京医科歯科大学/宮入裕夫

○プラスチックの破壊機構とタフニング 第19回 /山形大学/石川 優

○助っ人 工業デザイナーの独り言 第11回/鈴木英夫

■展示会出展製品紹介
○第4回 高機能プラスチック展
○第6回 高機能フィルム展
○INTERMOLD2015(第26回金型加工技術展)/金型展2015

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP