日工の技術雑誌

配管技術 2015年3月号 PDF版
商品コード:
H1503

配管技術 2015年3月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
H1503
■解説
〔展望・解説〕
○廃アスベストの高温溶融無害化処理
/JX金属環境/中島光一・鈴木義昭・有馬浩幸
近年、廃アスベストの発生数量増加に伴い、環境負荷を増大させることなく、安全かつ安定した適正処理を行うことが重要となっている。本稿では、当社が開発したリサイクル炉における廃アスベストの高温溶融無害化処理の操業技術を紹介する。

○核廃棄物の環境負荷を低減する軽水炉システム
/日立製作所/三輪順一
当社は、商用炉として実績のある沸騰水型軽水炉をベースに、超ウラン元素を燃料として燃やすことができる資源再利用型BWR(RBWR)を開発中である。本稿では、RBWRの概要及び燃料リサイクルについて紹介する。

○消化ガスを燃料としたガスエンジン発電ユニットの検証
/月島機械/青柳健一
当社では消火ガスを燃料としたガスエンジン発電ユニットの性能と信頼性を検証するため、下水処理場に実証設備を建設し、2014年4月より実証実験を行っている。本稿ではその概要と現時点までの運転状況について述べる。

○カナダのシェールガス輸出LNGプロジェクトの現況(3)
/(元)慶應義塾大学/吉武惇二
今後の世界の天然ガス市場において、これまで以上に重要な位置を占めることが予想されるカナダであるが、同国特有の先住民問題、連邦・州政府間関係、労働力不足等の諸課題が存在することを理解しておくことが必要である。

〔設計〕
○面内繰り返し曲げ変位荷重を受けるエルボ配管の多軸応力度
に基づく低サイクル疲労評価/(一社)原子力安全推進協会/浦部吉雄
多軸応力度を考慮した新累積損傷則により、面内繰返し曲げ変化荷重を受けるエルボ配管の低サイクル疲労寿命が単軸引張り?圧縮疲労試験で得られる最適疲労曲線を大幅に下廻る理由が説明できることを明らかにした。

○二相式活性汚泥システム/三菱重工メカトロシステムズ/圷武夫
稼働中活性汚泥設備を簡単に改造し、処理能力を最大2倍まで増強すると同時に、余剰汚泥を最大8割削減できる“二相式活性汚泥システム”を開発した。同システムは、大手食品工場、化学工場等で納入実績を伸ばしている。

○中規模洋上LNGプラントの設計と開発
/東洋エンジニアリング/加藤道則/三井海洋開発/清水徹
本稿では、FLNGの設備概要、設計上の技術課題について解説するとともに、三井海洋開発と東洋エンジニアリングが日本海事協会の支援の下で共同開発したLiBroTM FLNGコンセプトを紹介する。

○電解脱窒素技術の発電所排水への適用
/三菱重工環境・化学エンジニアリング/高波宏幸
火力発電所の水処理剤として使用されてきたヒドラジンは、欧州を中心に使用禁止の動向となっている。代替処置としてアンモニアを使用した高pH処理が適用され、排水中のアンモニア性窒素濃度は上昇するが、各国において窒素排出規制が存在するため、当社が保有する窒素排出規制に対して有効な電解脱窒素技術を紹介する。

○配管内流体の過渡解析/アドバンスソフト/秋村友香・三橋利玄
本稿では配管内一次元流を数値解析するときの注意点、特に、過渡解析と準定常解析、定常解析の違いや定義点、等価直径の考え方などを解説する。特に、水系では水撃、ガス系ではメタンとプロパンの混合ガス系の例を挙げ、読者が間違いやすいと思われる点を紹介する。

■連載
○世界のLNG輸入国と輸出国 第37回 
LNG輸出国:赤道ギニア/(元)慶應義塾大学/吉武惇二
赤道ギニアは、エネルギー資源が豊富なギニア湾中心部に位置する小国である。2007年にLNG輸出国として仲間入りを果たしたが、さらにLNG液化プラント第2系列建設に向けて、隣国からのフィードガスを調達する計画を進めている。

■製品技術情報
○ヒートパイプ式熱交換器/昭和電工/中田圭一
本稿では、廃熱回収に用いられるヒートパイプ式熱交換器の作動原理・構造についての説明、及びこの度、当社で開発したオールステンレス製排熱回収用熱交換器を紹介する。

○微生物入りスポンジがやさしく排水処理
/アイ・エヌ・シー・エンジニアリング/永関和元
溶接工場の探傷検査工程で発生する有機排水は、従来、凝集沈殿と生物処理の組み合わせで処理されてきた。新開発のバイオリアクタによって沈殿処理が不要になったことから余剰汚泥のない高効率な処理が実現した。

○プラントにおける新規耐火被覆工法の紹介
/明星工業/平川永晃・山城博隆
本稿では、従来の無機系耐火被覆材の代替品として、薄膜塗膜で屋外プラント設備の鉄骨部材を火災から保護できる有機系の発泡性耐火塗料の発泡機構・耐火性能評価などを解説し、プラント鉄骨構造物への適用について紹介する。

○船舶における「SOx除去システム」
/三菱重工舶用機械エンジン/平岡直大
船舶に対する環境規制は年々厳しくなっており、酸性雨の原因物質であるS Ox(硫黄酸化物)についても規制が強化されている。本稿ではその対応技術としてSOxスクラバーにつき、特長等を概説する。

○超速硬コンクリート/竹中工務店/小島正朗
建築躯体工事の省力化・短工期化に有効なプレキャスト工法において、プレキャスト部材の生産性を大幅に向上する超速硬コンクリート「ハイファード」について、開発の背景、技術概要、適用例について紹介する。

■特集:エンジニアリングの情報化ツール2015 1
○Smart 3D/日本インターグラフ
○Plant Design System/日本インターグラフ
○EYECAD/日本インターグラフ
○AVEVA PDMS/アヴィバ
○AVEVA Everything 3D/アヴィバ
○AVEVA Marine/アヴィバ

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP