日工の技術雑誌

油空圧技術 2014年12月号 PDF版
商品コード:
Y1412

油空圧技術 2014年12月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
■特集:身近な乗り物に活用されている油空圧技術1
○地震時脱線対策左右動ダンパ
/(公財)鉄道総合技術研究所/鈴木 貢
常時の走行安定性を損なうことなく、地震時のような異常振動発生時のみ大きな減衰力を発生して、脱線を防止する新幹線車両用の地震時脱線防止左右動ダンパを開発した。本稿では地震対策左右動ダンパの概要と機能確認試験により得たその効果を紹介する。

○可変減衰ダンパを用いた鉄道車両の上下振動低減
/(公財)鉄道総合技術研究所/菅原能生
最近の鉄道車両は車内快適性向上ため車両側に制振制御装置を導入して、振動乗り心地の向上を図る例が増えている。本稿では可変減衰ダンパを用いた上下方向の制振制御システムについて、開発の背景、制御装置の構成、およびその振動低減効果について紹介する。

○バス用空気式戸閉機械/泰平電機/長島悦也
バス用空気式戸閉機械はバスの乗降扉を自動で開閉する機械で、圧縮空気の流れを切り換える電磁弁と組み合わせて使用される。前扉に使用される折り戸用と中扉に使用される引き戸用、観光バスや都市間高速バスの前扉に使用されるスイング扉用がある。

○自動車のサスペンションにおける油空圧技術/KYB/政村辰也
自動車のサスペンションには古くから油空圧技術が利用されている。中でもショックアブソーバは全ての車に装着されている。本稿ではショックアブソーバを始め、現在の車に採用されている油空圧技術の応用製品について、いくつかの例を紹介する。

○航空機用エンジンシステムの電動化/IHI/関 直喜
航空機の安全で効率的な運行に貢献する技術として、航空機エンジン電動化システム(MEE:More Electric Engine)の研究をIHIでは行っている。MEEは航空機エンジンの制御システムで使用される動力を電動化することにより、効率化と信頼性の向上を図っている。

○油圧操舵システム/ユニカス工業/山下龍二
本稿では船舶に利活用されている、油空圧技術の中でも操船機能を司る重要保安部品としての、油圧操舵システム(主に総トン数20トン未満向け)の代表的なシステム内容・概要について紹介する。

■特集:IFPEX2014 カレッジコーナーに見る最新技術2
○東京電機大学 藤田研究室/東京電機大学/藤田壽憲
当研究室が掲げるナノ・マイクロ空気圧システムの実現とは、ナノテクノロジーを支える基盤技術のひとつとして、空気圧しかできないシステムを提案・確立することである。これを実現するためにシーズと成り得るテーマを取り上げ、研究を行っている。IFPEXに出展した研究内容、その他の研究も紹介する。

○神奈川工科大学 吉満研究室/神奈川工科大学/吉満俊拓
当研究室では流体を用いた人に関わる様々な機器・ロボットの開発をしている。空気圧を用いたアクチュエータは柔軟な動きが得意で軽量である。その特徴を生かし、環境負荷の少ない福祉機器や、防災・災害救助機器の研究を行っている。本稿では自然災害時に不整地・斜面など歩きにくい場面での救助用歩行支援機器として、レスキュー用アシストスーツを紹介する。

○沼津工業高等専門学校 機械工学科/沼津工業高等専門学校/村松久巳
本稿では沼津高専におけるフルードパワーに関する授業を説明し、IFPEX学生ツアーに参加した学生の報告からわかる教育効果を述べる。さらに著者の研究室で進めているフルードパワーの研究、「酸素濃縮器用消音器の開発」と「高齢者の立位姿勢を支援する空気圧装置の開発」を紹介する。後者はIFPEX2014カレッジコーナーで発表した研究である。

○津山工業高等専門学校 谷口研究室/津山工業高等専門学校/谷口浩成
当研究室では各種アクチュエータの開発と、それらを応用した医療・福祉機器の研究開発を実施している。本稿では本研究室の紹介をし、次に空気圧ソフトアクチュエータを用いた手指関節リハビリ装置の開発について紹介する。

○奈良工業高等専門学校 早川研究室/奈良工業高等専門学校/早川恭弘
当研究室では人間との親和性を有する新型アクチュエータの開発を柱に、空気圧を応用した福祉介護機器及びシステムの開発を行っている。本稿では、カレッジコーナーで展示する「歩行訓練用高機能靴を用いた提示システムの開発」について紹介する。

○岡山大学 知能機械制御学研究室
/岡山大学/高岩昌弘・佐々木大輔・平田健太郎
当研究室では空気圧ゴム人工筋などのソフトアクチュエータや空気圧アクチュエータを用いて、人間を支援するロボットシステムの開発を行っている。IFPEXでは、空気圧ゴム人工筋を用いたパワーアシストグローブと、装着者の体重を利用した歩行支援シューズについて紹介する。

○福岡工業大学 加藤研究室/福岡工業大学/加藤友規
本稿では、エアタービンスピンドルの回転数を制御するために、気体用超精密高速応答圧力レギュレータ(HPQR)を用いた回転数制御系を構成し、回転数を高速かつ安定的に制御する研究事例を紹介する。

■インタビュー
○省エネ・高効率化に寄与する次世代作動油 
モービル DTE 10 エクセル:EMGマーケティング/広井孝臣氏

■H&P情報
○油空圧機器出荷集計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○空気圧フィルタ

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP