日工の技術雑誌

計測技術 2014年11月号 PDF版
商品コード:
A1411

計測技術 2014年11月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:最新のコリオリ式流量計とその応用
○汎用から産業特化へ進化するコリオリ質量流量計
/エンドレスハウザージャパン/仁科好雄
フィールド機器はより高機能に進化している。今日では一つのパラメータだけではなく複数のパラメータを計測、伝送し、機器の内部データを提供できるようになっている。変換器は高性能CPU、DSPなどの搭載により進化し、一方、センサ部についても汎用から産業特化型へとバリエーションが増えてきた。ここでは、最新の2線式変換器と、各産業に特化したセンサの特長を紹介する。

○コリオリ流量計のLNG熱量計への展開
/オーバル/田老裕樹・伊藤雅晃
コリオリ流量計は質量流量及び密度を同時に計測する事が可能であり、市場からのニーズも高い。本稿ではコリオリ流量計の計測原理、特徴、及びメンテナンスについての説明に加え、アプリケーションの一例として、大阪ガスと共同開発を行ったLNG熱量計について紹介する。

○コリオリ式流量計QUANTIM微小流量マスフローメータと
マスフローコントローラ/ITWジャパン/佐藤繁雄
質量流量を直接計測するコリオリ流量センサは、流体物性の影響を受けない高精度計測が本質である。コリオリタイプのセンサを搭載したQMBシリーズは、真のマスフローメータおよびマスフローコントローラであり、微小流量計測・制御のできるユニークな製品である。

○充填機用コリオリ質量流量計(液体用)OPTIBATCH
/東京計装/植原武篤
充填機搭載用の流量計として、電磁流量計を供給しているが、測定原理上導電率の極めて低い液体は測定できないため食用オイル、超純水、糖液、焼酎、等の導電性が低い液体の充填プロセスには対応できなかった。これらの充填機アプリケーションに対応するために軽量コンパクトなコリオリ質量流量計を開発したのでここで紹介する。

○最新のコリオリ質量流量計とメーター性能検証
/日本エマソン/谷先雅彦
EMERSONのMicro Motion社は世界で初めて質量流量計の開発に成功してから75万台以上インストールされている。Micro Motionは2000年以降も毎年新商品の開発を行い、数々の製品を市場に投入している。本稿では最新のコリオリ質量流量計について紹介する。

○マスフローコントロールド液体ドージングシステム
/ブロンコストジャパン/大島誠
コリオリ式マスフローコントローラーから調節弁及びポンプを直接制御することにより正確な液体ドージングが可能となった。本稿ではマスフローコントロールド液体ドージングシステムを紹介する。

○最新のコリオリ式流量計とその応用/横河電機/大木眞一
コリオリ流量計ROTAMASS 3シリーズは、2010年からの発売以降TIIS防爆取得、仕様拡大、および国内法規対応等を実施したことにより順調に使用実績を積み上げている。本稿では仕様拡大を中心に述べる。

■製品と技術
○プラント活用が急速に広まる光ファイバ温度分布センサ
-『絶対に見逃さない!』 
プラントでの“HSE+保全”を支える温度監視-/横河電機/足立正二
日本ではプラントの老朽化が進んでおり、火災検知、漏れ検知、設備診断等の「HSE+保全」系の広域温度分布監視に関するニーズが急拡大している。本稿では、光ファイバ温度分布センサの特長と製品概要およびプラント分野を中心に適用例について紹介する。

○不良品を作らない生産・品質管理システム/ユニ・システム/藤原純友
約40年間にわたり品質管理システムを提供しており、測定器からデータを直接システムへ取込むことを得意としている。本稿では予兆管理、ニーズに応じた機能の組み合わせ、要求品質に応じた調整、導入事例などについて紹介する。

○自然発火する石炭のタイムリーな検知および位置の特定
/フリアーシステムズジャパン/氏家優子
高感度・ハイスピードカメラ、FLIR A310f、および赤外線サーモグラフィFLIR E6カメラは、24時間365日体制での石炭の温度監視に最適である。本稿では特長とアプリケーション例を紹介する。

■連載
○ガス流量計測のはなし 第90回
流量計78 流量計の基礎(31)/東京メータ/小林駿
「流量計の基礎 」、今回「面積式流量(13)」では、「湿式ガスメータ・ルーツ式ガスメータを用いた気体の校正・補正方法について、さらには湿式ガスメータを用いた場合の水蒸気圧補正」について解説する。ガス燈では、兵庫県神戸市のハッサム邸にあるガス燈を。コラム欄は、今回よりテーマを改め「省エネルギー(1)とする、1回目はスマート・ムーブ(1)について記す。

○マスフロー千夜一夜物語 第8回
質量流量計の基礎/EZ-Japan/黒田誠
流体を計測する重要なツール流量計。その中でも馴染みの薄い「質量流量計」に分類される熱式流量計(マスフローメータ、マスフローコントローラ)やコリオリ式流量計等、にフォーカスを当てその原理、構成から運用方法までの基礎知識の解説を行う。今回は、熱式流量計マスフローの代表的なトラブルであるゼロ点ズレに関して解説する。

○食品のトレーサビリティ  第2回
食品トレーサビリティの真実/オプティマ/大野耕太郎
消費者が食品の出処を知る情報源である表示の問題を取り上げ、食品トレーサビリティの必要性を考察する。今回は中国で起きた最近の二つの事例を参考にみてみたい。

■JEMIMAインフォメーション
○計測展2014 OSAKA へのご案内/(一社)日本電気計測器工業会/勝田敏江

■製品ガイド
○計測展2014 OSAKA

■コラム
○技術者育成雑感(85)

※ご注意※
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP