日工の技術雑誌

計測技術 2014年10月号 PDF版
商品コード:
A1410

計測技術 2014年10月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:最新の安全計装システム
○機能安全規格IEC61511の動向と認証/SISコンサルタント/中川雅造
機能安全規格の状況とプロセス産業向け安全計装システム規格IEC 61511の改定の動きの紹介とIEC 61508による計器の認証リストの更新を展開。

○海外プラント建設プロジェクトにおける安全計装システムの
設計・管理海外プラント建設プロジェクトにおける安全計装
システムの設計・管理/日揮(株)/原信幸
プラントへの安全計装導入を検討している関係者を対象に、その基本となる安全に対する考え方、および海外プラント建設プロジェクトで一般的に行われているHSEリスク評価から、結果に基づく設計(仕様への反映)までの一連の流れ、各々の具体的手順、担当者、その他注意事項等を紹介する。

○IEC 61511への適用/パートナー exida LLC/薗田薫
プロセス産業における安全操業は生産性の向上と並んで重要な命題である。プラントで発生する事故の要因をプラントの設計段階から検証し、考えられる要因を最小限にする取り組みがある。これは機能安全と定義され、IEC 61508として2000年に規格化された。石油・化学をはじめとするプロセス産業向けにはIEC 61511として規定される。本稿では実際のプロセスに安全計装を適用する概要を紹介する。

○Triconex 安全計装システム最新製品について
/インペンシスプロセスシステムス(株)/井上洋一郎
現在、機能安全の国際規格であるIEC 61508やIEC 611511のJIS化によって、国内においても緊急遮断システム(ESD)では信頼性の高い安全計装システムが求められている。本稿では、当社で製造・販売を行っている完全三重冗長化(TMR)技術を用いた安全PLCに関する新製品について紹介する。

○エンドレスハウザーにおける安全計装パッケージ
/エンドレスハウザージャパン(株)/岡澤淳
安全計装に関してフィールド計器及びそこから派生しうる関連トピックについて考え、記述した。計器における関連仕様、伝送情報の取扱可能性も記しながら、リスク低減という事を考えた場合、内部外部における資源活用等取組方法も検討していく必要があると結論づけている。

○安全システムと 導入事例/ハネウェルジャパン(株)/藤井淳
本稿では、進化を続けるハネウェル安全システムを紹介すると共に、リモートIOの採用された石油ガス生産用の海上施設である海上プラットホームへのアプリケーションの例を述べる。

○安全計装システムを使ったHIPPSソリューション
/ヒーマ日本支社/田代久登
石油・ガス産業や化学プラントでは、パイプラインやタンクの過圧防止のために安全計装システムが使われる。当社は安全計装システムを使ったHIPPS(High Integrity Pressure Protection System)ソリューションを開発し、これまでにオフショアのプラットフォームなどに納入した。本稿では特長とその納入事例について紹介する。

○安全計装システムを設計する上での留意事項
/富士電機(株)/長谷川正美
安全計装システムは、従来の制御システム設計とは違って、設計した安全計装システム、安全計装機能が目標のSILを満足しているかどうかを検証しなければならない。本稿では、システム構築の考え方に触れながら安全計装機能のSIL評価と手法について述べた。

○機能安全対応Netmation 4Sシステムの特長
/三菱日立パワーシステムズ(株)/森本賢一
DIASYS Netmation 4Sは機能安全(SIL3)への準拠のみならず、DIASYS Netmationシリーズが持つDCSとしての機能や拡張性、柔軟性をすべて搭載していることが大きな特徴である。本稿では制御と保護の完全融合とはどのような仕組みなのか、構造の解説も交え紹介する。

○横河電機の安全計装システムの進化/横河電機(株)/丹波信
当社は安全計装システム(SIS)を、生産制御システム(DCS)と共にプラント操業に欠かせない重要な製品と位置付け、安全関連機器を市場に送り出してきた。安全運転を担う当社の安全計装システムProSafe-RSは、最先端の安全ソリューションを提供している。本稿ではProSafeシリーズの取り組みと進化について紹介する。

○近年の安全計装システムの要求とわが社の対応
/ロックウェルオートメーション(株)/吉田高志
近年では安全計装システムにおける要求も多様化し、その要求に特化した製品の開発、及び提供が始まっている。本稿では当社のAADvanceという製品を主体として紹介し、近年の安全計装システムにおける要求について解説する。

○タービントリップ用電磁弁と安全計装/日本アスコ(株)/上岡達夫
タービン保安装置の安全を実現するためには,緊急時にタービンを安全停止するためのトリップ機能におけるSIS(安全関連システム)の構築が必要不可欠である。本稿ではタービン保安装置のパイロット機構を担うタービントリップ用電磁弁の役割と、安全計装に対する取り組みについて述べる。

■コラム
○技術者育成雑感(84)

■製品ガイド
○放射温度計

※ご注意※
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP