日工の技術雑誌

機械と工具 2014年10月号 PDF版
商品コード:
I1410

機械と工具 2014年10月号 PDF版

販売価格/
1,598 円(税込)
通常価格/
1,598 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:自動車部品加工、高度化のための技術
○小物部品加工に対応する立形マシニングセンタ「L2」
/マキノジェイ 神浦誠司
自動車を中心とした小物部品加工のために立形マシニングセンタを開発した。スペース生産性を上げるために、設置面積の最小化を図っている。同時に、高精度・高剛性を実現できる構造を採用した。ここでは、そのコンセプトから、機能、特徴を紹介する。

○自動車部品、高能率加工の提案 /DMG森精機/大倉浩二
シリンダブロック、シリンダヘッドなどの箱物ライン加工に最適な横形マシニングセンタを開発した。箱物加工に特化することで、APCなしの機械構造とし、機械幅をコンパクト化、量産システムのライン化を省スペースで可能としている。

■特集:<切削油技術研究会専門委員会報告>
切削加工の自働化を推進する現場の工夫
○「自働化の実態調査」/芝浦工業大学/澤 武一
切削油技術研究会では、専門委員会で、「切削加工の自働化を推進する現場の工夫」を取り上げ、調査研究した。ここでは、「じどうか」のイメージ、目的から、困りごと、今後取り組みたいことなど、その実態調査で明らかとなった事柄について報告する。

○「アンケートから見た自働化の取り組み事例」
/牧野フライス製作所/植草司陽
自働化への取り組み事例についてアンケートを実施した。それらの傾向を解説するとともに、それらの中から興味深い自働化の取り組み事例を紹介する。

○「自働化のための切削油剤の上手な使い方」
/住友電工ハードメタル/栗塚和昌
水溶性切削油剤の濃度の違いによる性能実験を、旋削加工において実施し、検証した。さらに、自働化における切削油剤の選択、管理の方法などを検証した。

■特設記事:工学からみる医療分野への貢献
○医療機器産業への参入の真の障壁
-東北大学REDEEMプロジェクトの試み-/東北大学/山口隆美・沼山恵子
医療機器産業への参入には、他の分野とは異なる課題が多い。ここでは、それらの問題点を整理するとともに、医療工学従事者を育成する人材教育の試みを具体的に解説する。

○3Dプリンター(積層造形)技術の基礎と医療関連分野への応用
/芝浦工業大学/安齋正博
今、期待が高まっている3Dプリンターの医療関連分野への適用を取り上げる。まず、3Dプリンターのベースとなっている技術を解説し、続いて、医療機器関連分野への適用について、多くの具体例を挙げながら解説する。

○ディーターレ社(ドイツ)製医療機器部品加工用切削工具
/ノア/松倉善浩
医療用機器の加工には、その分野特有の条件がある。ここでは、医療用機器の加工の専用工具について、その背景、具体的な特徴を解説する。

■台湾企業レポート 第1回
○伸展する台湾工作機械メーカー/編集部

■新技術
○低周波振動切削技術「LFV」の原理と適用
/シチズンマシナリーミヤノ/中谷尊一
旋削加工における切りくずのからまりを防ぐ画期的な技術、「低周波振動切削」について解説する。

■技術解説
○高硬度歯車のホブ切り仕上げ加工
-ホブ盤によるハードホビング-<その1>/カシフジ/取違典嗣
小形超硬ホブによる小型ワークのハードホビング工法について、ほかの歯車仕上げ工法と比較しながら解説する。

■連載
【新連載:随想】砥粒加工50年の回顧 その1
「50年前の砥粒加工研究会の思い出」/武野技術士事務所/武野仲勝
現在の砥粒加工学会の前身である「砥粒加工研究会」。日本経済の復興時期の学会活動を振り返る。

【提言】効果的なTC及びMCの利用を目指して その18
「加工空間のモジュラー構成」へ向けて
-プラットフォーム方式ユニット構成の可能性-<上>
/ 東京工業大学名誉教授/伊東 誼
期待される工作機械のモジュラー構成。「プラットフォーム方式ユニット構成」の可能性、将来像について解説する。

【海外技術動向】
「医療関連部品の計測に最適な方法を探る」
/Contributing Editor/Bruce Morey/翻訳協力:上智大学SLO
多様な医療関連部品が登場し、それぞれに適合した計測技術が求められている。求められる精度、接触式か非接触式か、価格、アプリケーションなど、最適な手法の選択が求められる。

【加工の現場から】株式会社 入曽精密/技術支援業/滝沢 満

【新技術・新商品開発の着眼発想】第8回
「科学技術革新の創造過程とアイデア発想」/ 飯田教育総合研究所/飯田清人
これからの日本は、科学技術創造立国を目指す必要がある。ここでは、革新的創造が生まれるパターンを解説する。

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP