日工の技術雑誌

配管技術 2014年09月号 PDF版
商品コード:
H1409

配管技術 2014年09月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■解説
〔展望・解説〕
○機械工学分野における産学連携教育と研究
/東北テクノアカデミア産学連携事務所/大地昭生
大学の機械工学分野における産業連携教育と研究指導の重要性について紹介している。特に筆者の産業界での経験を生かした実践的教育と研究指導及びその成果について報告している。実践的知識の提供は学生の成長に必須である。

○マイクロリアクターと配管技術/大阪府立大学/武藤明徳
マイクロ化学プロセスは幅広い分野で実用化が進んでおり重要な技術の1つになりつつある。本稿では最近の研究例を交えながら、マイクロリアクターの特徴と課題を従来プロセスと比べたときの優位性および配管術の観点から概説する。

○250MW空気吹き石炭ガス化複合発電(IGCC)プラントの開発経緯と現状
/常磐共同火力(株)/浅野哲司
日本はより高い送電端効率が期待できる空気吹きIGCCの開発を独自に進めてきた。本稿では、空気吹きIGCCの開発経緯と実証試験の成果、ならびに現在までの商用運転の状況について報告する。

○海洋深層水多段利用システム/(株)日立製作所/椎名知代
海洋深層水を多段利用することで、CO2排出削減や地域の産業振興に寄与すると同時に、採算性のあるインフラ事業の構築も可能である。本稿では、モルディブでの事業化の取り組みと、取水配管に関する課題を紹介する。

○世界初、小型中性子源システムによる鋼材内部腐食の可視化成功
/(独)理化学研究所/大竹淑恵・竹谷篤・山田雅子・須長秀行・中山武典
理研小型中性子源システムRANSにより、未解明課題であった鋼材塗膜下腐食状態の非破壊観察に成功した。老朽化するインフラ構造物の安全性の確認、維持管理コスト低減が可能になる新技術を紹介する。

〔設計〕
○炭素鋼減肉配管の繰返し変形特性評価
/千代田化工建設(株)/周潤澤・小島郁夫/東京電機大学/辻裕一
本稿では、炭素鋼減肉配管に対して地震等による繰返し荷重を想定し、FEM解析を行う。FEM解析結果と繰返し曲げ試験結果を比較検証し、安全裕度を考察する。また、FEM解析結果及び試験のひずみ測定結果を用いて、減肉配管に対して、低サイクル疲労の評価を行った。

○うず巻形ガスケットの締切りについて
/日本バルカー工業(株)/佐藤広嗣
本稿では、プラント配管や機器で広く使用されているうず巻形ガスケットの締切りでの使用について、最近の成果を概説する。

〔運転・管理〕
○原子力発電所の安全性向上への取り組み
/日立GEニュークリア・エナジー(株)/松浦正義・久持康平・安藤浩二
2011年3月11日に発生した東京電力(株)福島第一原子力発電所の事故を教訓に、2013年7月に新規制基準が施行され、再起動に向けて国内の原子力発電所の安全対策が進められている。これまで、BWRの国内初号機の建設に参加して以来40年近く、信頼性・安全性・経済性の向上に努め、20基を超える建設実績を蓄積してきた。この豊富な経験と福島第一原子力発電所事故の教訓を活かし、さらに安全性を向上させた原子力発電所を提供していくとともに、既設プラントの安全性向上への取り組みに積極的に参画し、より安全で信頼されるプラントの運転・建設に貢献する。

○重大事故防止のための安全計装システム/横河電機(株)/豊田誠司
近年国内での重大事故が上昇傾向にあり、安全性の強化が注目されている中、プロセス産業向けの緊急遮断や、防消火システムのさらなる安全性向上に必要不可欠となってきた安全計装システムについて紹介する。

〔法規・規格〕
○ASME B16.5及びB16.34発展の歴史 18/(株)五陵社/児玉和郎
フランジ、管継手、バルブの規格ASA B16.5-1953からASME B16.5-2009及びASME B16.34-2009までの規格のうち、質疑応答集について述べる。

■連載
○世界のLNG輸入国と輸出国 第31回
LNG輸出国:イエメン/(元)慶應義塾大学/吉武惇二
イエメンの原油生産量が、次第に減少の一途を辿り、国家収入の減少傾向の中にあって、2009年に稼働開始したYLNGは、2011年にフル稼働に入った。今後は、石油に代わるLNG輸出が、国家収入と経済成長の支えとなるだろう。

■製品技術情報
○配管を自在に走行する検査ロボット/新日本非破壊検査(株)/和田秀樹
本稿では、配管の内部を走行し、カメラ画像により点検する配管検査ロボット「エルボマスター」の3シリーズにおいて詳細な機構、機能などの解説と共にそれぞれの特徴について紹介する。

○緩まないネジの開発/ハードロック工業(株)/若林勝彦
私がアイデアで様々なものを発明するようになってから60年、ゆるみ止めナットに出会って、その開発を行うようになってから50年がたった。当社のオンリーワン商品である、「絶対」にゆるまないハードロックナットの開発経緯を説明する。

○センサケーブル式 漏油・漏液の位置検出システム
/ペンテェア サーマルマネジメント(株)/磯部茂樹
プロセス流体やユーティリティ液体の漏液は、企業の経済的損失のみならず地域環境へ大きな影響を及ぼす可能性がある。本稿では、様々な液体の漏れを、少量のうちに迅速かつ正確に検出することができるシステムについて説明する。

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP