日工の技術雑誌

油空圧技術 2014年05月号 PDF版
商品コード:
Y1405

油空圧技術 2014年05月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
■特集:フレッシュメンに贈る材料と加工技術2
○今、先端の加工技術/DGHウナック研究所/福岡新五郎
熱処理と金属加工、ダイキャスト、ロストワックス鋳造、ターボファン一体成形用スライド金型、超精密金型部品の切削加工技術、5軸加工、炭素繊維、サーボプレス、めっき技術、表面処理・コーティング、ワンストップ加工などいくつかの先端的加工法を取り上げて紹介する。

○電解複合めっきによる表面改質
/日本パーカライジング(株)/中田和也
析出金属のマトリクス内に第2相として粒子が共析された複合めっき膜は、金属膜単体では得られないような、様々な機能を発現することができる。ここでは、耐摩耗性、耐酸性、耐高温酸化性などを有する、代表的な3つの電解複合めっき技術を紹介する。

○微粒子ピーニング(WPC処理)による表面改質
/(株)/不二WPC/熊谷正夫
表面改質法の一種である微粒子ピーニング(WPC処理)について、疲労強度の向上や表面形状の形成による十勝特性の向上などその特徴について解説する。また、DLC被覆技術との複合による潤滑性や密着性の向上についても紹介する。

○フィルタ素材とフィルタの役割/KEW Engineering/伊澤一康
よく油圧システムのフィルタは、人の腎臓に例えられる。腎臓は血液からの老廃物をろ過し、排出することによって血液を常に「清浄」に維持している。油圧システムを正常に機能させるためにフィルタは重要な機器である。本稿では、この油圧フィルタに使われる素材やその加工方法の概略、フィルタ選定や利用方法の勘所などを解説する。

○3Dプリンタについての基礎知識
/(地独)東京都立産業技術研究センター/阿保友二郎
3Dプリンタは、21世紀の産業革命の旗手として、様々な分野から注目をあびている。本稿では、基本原理から分類とそれぞれの特徴について、多くの装置を運用している立場からやさしく解説する。

○円管内面の研磨加工/山梨大学/萩原親作
円管内面の仕上げ状態は、そこを流れる流体の制御にも影響を及ぼす。そのため最終仕上げとしての研磨が欠かせない。本研究は円管の内面研磨のためにフレキシブルなワイヤー研磨工具を開発。比較的細径の円管を対象に検討を行っているが、大径のシリンダー等の内面研磨に対しても原理的には工具と加工方法は同じである。本稿では細径円管を例に紹介する。

■製品と技術
○低速高トルク高効率・ラジアルピストン・へグランドモータ
/ボッシュ・レックスロス(株)/浦井隆宏
ラジアルピストン形のへグランドモータは、カムを使ってピストンのスラスト力をトルクに変換するという独特な構造から、コンパクトさと超大容量化を達成している。これまで多くのモデルがシリーズ化されている。本稿では新形低速高トルクモータCBM、新形油圧ドライブユニットDUについて紹介し、今後の展望を述べる。

■解説
○ロバスト風車/日本文理大学/小幡 章
風車の歴史は古代ローマにさかのぼり、現代でも多くの人がチャレンジしている。しかし社会から広く受け入れられる、軽量安価な小型風力発電機はなかなか現れていない。従来、最適設計とは異なる考え方の下に開発された、環境負荷の変化に対して性能変化がセンシティブに現れないロバスト風車について紹介する。

■連載
○初心者のための空気圧回路の読み方・作り方14
シリンダ速度制御回路/長岐忠則
空気圧機器を初めて使う人、使い始めた人を対象に、空気圧回路に使用する図記号の意味、読み方、回路図の読み方作り方についてのポイントをできるだけやさしく解説。第14回はシリンダ速度制御回路、特にメータアウト・メータイン制御回路について解説した。

■随筆
○アメリカ派遣留学見聞記3/宇佐美秀明
2012年8月末より一年半の間、会社派遣留学生として、アメリカインディアナ州にあるパデュー大学で勉学した。留学生活では、帯同した家族と共に成長する事が出来た。この留学生活について、3回に分けて紹介する。

■H&P情報
○油空圧機器出荷集計
■製品ガイド
○圧力、差圧、真空スイッチ

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP