日工の技術雑誌

計測技術 2014年04月号 PDF版
商品コード:
A1404

計測技術 2014年04月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:ワイヤレス計測の最新動向と活用事例
○ISA100 Wirelessの最新動向と将来性を考えた仕組み
/ISA100 Wireless Compliance Institute (WCI)/長谷川敏
産業用無線センサネットワーク技術として注目を集めているISA100 Wirelessの最新動向について紹介する。さらにISA100 Wirelessの将来性を考えた設計思想とその仕組みについて解説する。

○WirelessHARTが開く新たな可能性/HART協会/薗田薫
多くのプロセスでは安全を第一に考え生産性の向上に取り組んでいる。安全を考える上で重要な要素として、工場全体の状況をいかに的確に把握するかがポイントとなる。HART通信ではプラント創業の様々な要求を考慮し、有線、無線に最適な通信仕様を準備している。ここではHART通信の無線の最新状況に関して述べる。

○エマソン・スマート・ワイヤレスの適用事例とその効果
/日本エマソン株式会社/一木澄隆
ワイヤレス計装は2007年にWirelessHARTが登場してから、当社でも2010年の時点で1,200ネットワークの導入数が、3年後の2013年末の時点で約13倍の成長を示した。本稿では運転員の負荷軽減、安全・環境への貢献、装置や現場計器の診断、省エネルギーの新しい手法などの視点から適用事例と効果を紹介する。

○フィールド無線アプリケーションの新たな展開
/横河電機(株)/松崎正明
フィールド無線技術を使った現場革新を支えるために当社が新たに掲げたコンセプト“Wireless Anywhere”と、その実現のための具体的施策、そして今後、期待される導入アプリケーション例を紹介する。

○ユーティリティアプリケーションへのワイヤレス計装の適用
/エンドレスハウザージャパン(株)/清水健二
設備診断、計測器のアセット管理の導入にワイヤレス計装がベストソリューションとして認知されるケースが増えている。本稿では重要回転機器の振動/温度監視による設備診断と、pHセンサのアセット管理の事例を2つ紹介する。

○ワイヤレス計装への期待とフィールドテストによる検証
/新日鉄住金エンジニアリング株式会社/南里和哉
ワイヤレス計装を導入するための課題は「無線通信の安定性・信頼性を確保しつつ、最少個数の無線中継局を実現すること」である。本稿では、この課題解決に向けたフィールドテストの実施・結果を紹介すると共に、ワイヤレス計装への期待について述べる。

○920MHz帯アクティブ方式の無線装置の技術的要件と適用事例
/双葉電子工業(株)/佐川久雄
920MHz帯無線装置が2012年7月より利用可能となった。本周波数帯は他に比べて長距離通信や物陰への回折の期待が高い一方、技術的要件が複雑でわかりづらい。今回、20mW以下のアクティブ方式に絞り、920MHzの技術的な内容をとりまとめ、産業用途で必要とされる機能とそれらに適した無線モデムを紹介する。

■製品と技術
○超音波流量計NU2シリーズ/日東精工(株)/矢倉裕士
近年、超音波流量計は様々な分野で活用されており、その活躍の場は広がるばかりである。本稿では低価格で既設設備にもスムーズに導入可能なクランプオン式超音波流量計「NU2シリーズ」の原理と特性を紹介する。

○コンパクトFT-IR ALPHAで新市場を開拓
/ブルーカー・オプティクス(株)/嶋田茂
フーリエ変換赤外分光計(FT-IR)によって得られる赤外吸収スペクトルは、人間の指紋と同じように、着目する物質を知るうえで有用な情報となる。この特性を活かし、幅広く用いられる分析装置のひとつである。本稿ではモバイル性が高く、超小型FT-IR「ALPHA」 について紹介する。

■連載
○ガス流量計測のはなし 第86回
流量計74 流量計の基礎(27)/東京メータ(株)/小林駿
「流量計の基礎」、今回「面積式流量計?」では、「面積式流量計を正しく使用するための、基準流量計や補正式と校正方法?」について解説する。ガス燈では、桐生市明治館の桐生ガスのガス燈を紹介。コラム欄は、「時間の一般論」、レム睡眠が大事であることについて記す。

○マスフロー千夜一夜物語 第2回
質量流量計の基礎/EZ-Japan/黒田誠
流体を計測する重要なツール流量計。その中でも馴染みの薄い「質量流量計」に分類される熱式流量計(マスフローメータ、マスフローコントローラ)やコリオリ式流量計等、にフォーカスを当てその原理、構成から運用方法までの基礎知識の解説を行う。

■JEMIMAインフォメーション
電気計測器の中期見通し2013〜2017年度
/(社)日本電気計測器工業会/勝田敏江

■製品ガイド
○記録計

■コラム
○技術者育成雑感(78)

※ご注意※
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP