日工の技術雑誌

配管技術 2014年01月号 PDF版
商品コード:
H1401

配管技術 2014年01月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
通常価格/
2,000 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■解説
〔展望・解説〕
○中国のシェールガス開発
/(独)石油天然ガス金属鉱物資源機構/竹原美佳
中国は世界有数のシェールガス資源国と評価されている。政府のシェールガス開発への期待は高く、四川で評価が進む。しかし米国と異なり技術、地質、価格などの課題を抱えており、大規模開発には時間を要する。

○炭化水素産生藻類ボトリオコッカスの大量培養
/国立大学法人 筑波大学/出村幹英
化石燃料の代替として「藻類オイル」が注目を集めている。藻類オイル生産を目指した大量培養の世界的現状と、筑波大学で行われている炭化水素産生藻類ボトリオコッカスの大量培養施設について解説する。

○余剰汚泥の固形燃料化/佐藤工業(株)/中村尚祥・佐々木経一
本稿では、化石燃料等の外部熱源を使用しない脱水汚泥の新たな固形燃料化技術である発酵乾燥方式について、その開発経緯と特長について紹介する。

〔設計〕
○埋設管ネットワークに対する地震応答解析結果と解析時間の
事例の紹介/JFEエンジニアエリング(株)/渡部秀貴・森健
/PINテクノロジーズ(株)/鈴木信久
都市ガス事業者およびパイプライン事業者向けに実用化している大規模供給ネットワークの地震応答を高速で解析するプログラムNeEXの解析結果と解析時間について事例を交えて紹介する。

○摩耗シミュレータの開発/(株)IHI/林映里・水野昌幸・長尾隆央
/京都大学/横峯健彦
固気混相流を伴う機器のエロージョン予測・評価を目的として摩耗シミュレータを開発している。シミュレーション結果と実際の試験結果を比較したところ、両社は定性的に一致し、摩耗特性を評価可能であることがわかった。

○SF6-水を用いた水平管群まわりの気液二相流計測
/(株)IHI/石川温士・今井良二・田中貴博
本稿では加圧水型原子炉(PWR)の蒸気発生器(SG)において重要となる伝熱管U字管部を対象として、常温かつ低圧の条件にて高温高圧環境下での水?水蒸気の気液密度比を再現可能な装置を製作し、既存の実験式との比較により装置の健全性および計測手法の妥当性を確認した結果を紹介する。

○事例に学ぶ圧力容器及び配管系の耐圧試験の安全対策(第1回)
/日揮(株)/佐藤拓哉
耐圧試験は圧力容器の製作及び建設現場における配管系の建設における重要なプロセスである。しかし、耐圧試験は大きなリスクを伴うものであり、十分な安全対策が必要である。第1回は、破壊事例を基に、耐圧試験のリスクについて解説する。

〔施工〕
○コールドスプレーによるコーティング技術/信州大学/榊和彦
粒子の運動エネルギーによる成膜する新しい溶射法であるコールドスプレー法の原理とその特徴、溶射法との比較、成膜材料と応用事例などを解説する。

〔法規・規格〕
○維持規格における管の極限荷重評価法
/(株)原子力安全システム研究所/釜谷昌幸
本稿では、原子力発電設備の設計規格と維持規格における極限荷重の算出方法について説明し、き裂のない構造物における両規格の許容荷重の差異や、維持規格における極限荷重評価のあり方、および有限要素解析の適用方法について解説する。

○ASME B16.5及びB16.34発展の歴史13/(株)五陵社/児玉和郎
フランジ、管継手、バルブの規格ASA B16.5-1953からASME B16.5-2009及びASME B16.34-2009までの規格のうち、付属書の推移について述べる。

■連載:世界のLNG輸入国と輸出国 第23回
○LNG輸出国:ブルネイ/慶應義塾大学/吉武惇二
ブルネイの主要なエネルギー輸出品は、原油およびLNGであり、2010年の総輸出額の約95%を占めている。したがって、エネルギーの基本政策は、国内エネルギー資源の長期にわたる安定した生産と輸出の維持を目指し、新たな資源発見により埋蔵量を増加させ、現行の確認埋蔵量を維持し続ける「資源温存」を基本としている。

○耐震補強用の間接接合部材の紹介/(株)E&CS/林宏
SRC造の場合、埋め込み深さが100〜125mmであと施工アンカーを打設する場合にはコンクリートをはつって鉄骨にスタッド溶接するか、コアスタッド工法となるのではつり手間が要るのだが、ディスクシアキーは埋め込み深さが90mm以上あればコンクリートをはつることなくそのまま打設できる。

○焼却飛灰中の放射性セシウム除去技術/(株)タクマ/藤川宗治
焼却飛灰から放射性セシウムを分離除去するシステム「t- RECs?」の紹介。焼却飛灰を水洗浄により除染し埋立可能にする。水に移行したセシウムは繰返し使用可能な分子認識吸着剤により除去および濃縮処理する。

○回転式コントロールバルブによる空気力学的ノイズ対策
/メッツォオートメーション(株)/原部崇

○エンジニアリング自動化ツールによるプラント設計の最適化
/ASD Global Inc./Sonali Singh・Manu Chatterjee

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP