日工の技術雑誌

油空圧技術 2013年12月号 PDF版
商品コード:
Y1312

油空圧技術 2013年12月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
通常価格/
2,000 円(税込)
■特集:空気圧サーボシステムはここまで来た2
○空気圧ベローズで駆動する静圧案内微動ステージの
ナノ位置決め技術/東京電機大学/藤田壽憲
半導体の超精密位置決めはナノオーダーの領域に入ってきた。圧電素子はアクチュエータとしてよく用いられ、応答は速いものの、変位が小さく、接着剤の耐久性が問題となっている。空気圧ベローズは圧電素子よりも応答性は劣るが機械装置では圧電素子の問題を解決できる。この背景から空気圧ベローズを用いた超精密位置決め制御を紹介する。

○高速鉄道車両における空気圧システムの活用
/東日本旅客鉄道(株)/藤野謙司
鉄道車両には多くの機器に空気圧が使用されているが、その妥当性検証は十分に行われていなかった。本稿では、フルアクティブサスペンションや真空式トイレの非定常な圧力、流量および空気のエクセルギに相当するエアパワーを測定し、効率化改善策を提言する。

○超精密空気圧サーボXYステージ/住友重機械工業(株)/榊 和敏
/東京工業大学/只野耕太郎
本稿では電子ビーム露光装置、使用される空気圧サーボXYステージシステムを紹介する。また、位置精度、速度安定性、ヨー制御精度にふれて解説する。

■解説
○風レンズ技術を利用した流体機械と浮体式洋上エネルギーファーム
/九州大学/大屋裕二/東京医科歯科大学/川嶋健嗣
風エネルギーを集中させて風力発電の効率を高めた新しいタイプの風力発電システムの開発と、数値風況予測の高精度シミュレータ。従来の風車と比べ、2〜5倍の発電出力を達成した。博多湾に六角形浮体を浮かべ、風車2基とソーラーパネルを搭載した世界初の浮体プラットホーム式の再生可能エネルギーファームを実現した。

○圧縮空気自動車の過去、現在そして未来/青山学院大学/林 光一
本稿では1830年代の初期の圧縮空気自動車の紹介から現代までの変遷。圧縮空気自動車の概要、特性、利点。また当大学における開発の状況について紹介する。

○窒素ガス圧エンジン1/(株)フルードテクノ/巻幡敏秋
/三基工業(株)/神谷泰規・田中伸幸
本稿では窒素ガス圧エンジンの機構と理論特性について概説した。続報として、エンジンの試験性能、適用例などを予定しており、窒素ガス圧エンジンの全容を紹介する。

■製品と技術
○津波から航空機を守る油圧リフトを利用した津波避難用昇降機
/フジワラ産業(株)/藤原充弘
大出力が可能な油圧技術をもとに、南海トラフなどの巨大地震・津波の被害に備える中型旅客機の減災対策の一例を紹介。油圧シリンダーの組合せ・取付け方法などを工夫して、津波からの減災対策に広い範囲で対応可能となる。

○省力・省エネ型電磁式ドレントラップの開発/(株)フクハラ/石黒衆亮
省力・省エネ型ドレントラップであるスーパードレックス220の開発経緯、仕様、動作詳細について解説する。

■連載
○油圧のカラクリの見方と作り方15
油圧回路の作成と油圧機器の選定1/(元)油研工業(株)/坂本俊雄
油圧回路の作り方としてボール盤を取り上げ、加工品のクランプ、テーブルの位置決め、ドリル加工の一連の動きを想定して、この動きを満足させる油圧回路の作成方法を解説する。今回は定性的な油圧回路までで、機器の選定等の定量的な解説は次号とする。

○初心者のための空気圧回路の読み方・作り方9
シリンダ/長岐忠則
空気圧機器を初めて使う人、使い始めた人を対象に、空気圧回路に使用する図記号の意味読み方、回路図の読み方作り方についてのポイントをできるだけやさしく紹介。第9回はシリンダの図記号の基本、各種シリンダの図記号について解説する。

■H&P情報
○油空圧機器出荷集計
○建設機械出荷金額統計
■製品ガイド
○油圧バルブ

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP