日工の技術雑誌

光アライアンス 2013年11月号 PDF版
商品コード:
Oa1311

光アライアンス 2013年11月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
通常価格/
2,000 円(税込)
■特集
熱い注目を集める量子ドットレーザ〜その最前線を探る〜

○量子ドットレーザの進展/東京大学/荒川泰彦
本稿では、提案以来30年を経て市場化に至った量子ドットレーザについて、その歴史的発展と、最近のトピックスとしてのシリコン上量子ドットレーザを中心に論じる。

○高品質量子ドットの実現とその集積回路基板上面出射光源応用
/(独)産業技術総合研究所/天野健
本稿ではAs2分子状の砒素原料を用いた高密度かつ高均一な量子ドット材料について解説し、それを用いた低閾値ストライプレーザに関して報告する。また、プリント回路基板への応用として、プリント回路基板上に量子ドットレーザとポリマー光回路を集積して、量子ドット面出射レーザを実現したので、それを報告する。

○半導体量子ドットの電子スピンダイナミクス
/北海道大学大学院/村山明宏
半導体自己組織化量子ドットにスピン状態を制御した電子を注入することができれば、発光にその電子スピン状態を反映した円偏光特性が現れる。電子のスピン情報を光の円偏光特性として伝えるための量子ドットスピンレーザの基礎と、実現に向けた課題を述べる。

○ゲルマニウム量子ドットを用いた
室温高効率電流注入型発光デバイス/東京都市大学/丸泉琢也
シリコンフォトニクスの隆盛に伴いシリコン系発光源開発が急務となっている。本稿では、数十nm寸法をもつGe量子ドットを、フォトニック結晶微小光共振器と組み合わせた通信波長帯室温高効率電流注入型発光デバイスについて最近の研究成果を報告する。

○グラフェンの量子ファラデー効果/東京大学/島野亮・青木秀夫
炭素原子一層からなるグラフェンにおいて、整数量子ホール効果が、電流・電圧特性ではなく、光領域の応答にも現れることが、テラヘルツ光を用いた磁気光学ファラデー効果の観測から実証された。ファラデー回転角には量子ホール・ステップが明瞭に現れ、いわば量子ファラデー効果といえる。

○高温特通信波長帯量子ドット半導体レーザ
/東京大学/西研一・荒川泰彦/(株)QDレーザ/影山健生・武政敬三
量子ドットを用いた半導体レーザでは、温度依存性や効率が大幅に改善可能である。本稿では、量子ドットの高密度化、高均一化によって実現された、温度特性が大幅に改善された実用レベルの量子ドットレーザの特性を、最高動作温度の改善も含めて紹介する。

■解説
○人工保育器向け調光型光フィルタの開発
/(独)産業技術総合研究所/田嶌一樹・他
新生児集中治療室は治療等のため夜間も暗くならない病院も存在し、新生児の成長促進のための明暗環境構築が難しい。開発技術は特定波長領域を制御する光フィルタを保育器に設置することで、新生児の発達および医療従事者の安全・安心に資する環境を提供する。

○光でストレスを診る小型診断システム
/(株)資生堂/谷田正弘/日本大学/酒谷薫
本システムは光を用いて計測した左右前頭葉の活動バランスに基づいて、ストレス対処の個人差を判定することができる。前額部2点のデータのみから左右偏倚(へんい)指数を計算することで小型化を実現し、日常でのストレス診断と予防への活用を目指している。

○3D-MEMS 光スイッチモジュールの開発
/日本電信電話(株)/水上雅人・山口城治
将来ネットワークにおける大容量光クロスコネクト装置適用を狙いとした3D-MEMS光スイッチモジュールの開発について紹介する。モジュール全体構成を示し、耐環境性能確保に関わる機構設計・制御基本技術を解説する。

○光学系と画像処理を組み合わせた最適化設計手法
/(株)リコー/笠原亮介・佐藤裕之・澤木太郎
光学系/画像処理をモデル化し、適切な最適化の評価関数を定義することで処理系を前提として、光学系まで含めて全体最適設計する方法を開発した。光学系と画像処理系を協調設計することで、被写界深度拡大など従来光学系だけでは実現できない機能を有する撮像システムを実現することができる。

■製品紹介
○スマートフォンカメラ用レンズの複屈折評価と、
測定装置WPA-100-S/(株)フォトニックラティス/井上喜彦

○QDレーザ製品のさまざまな展開/(株)QDレーザ/武政敬三・菅原充
/東京大学/西研一・荒川泰彦

■研究室紹介
○北海道大学 電子科学研究所 光科学研究部門
光システム物理研究分野/北海道大学/笹木敬司

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP