機械と工具 2013年10月号 PDF版

機械と工具 2013年10月号 PDF版
商品コード:
I1310

機械と工具 2013年10月号 PDF版

販売価格/
1,500 円(税込)
通常価格/
1,500 円(税込)
■特集:自動車部品加工の最新技術
<自動車部品加工の現場>
○自動車試作部品加工の大羽精研、新たな枠組みで飛躍をはかる
/編集部
大羽精研は、賃加工の利益を確保するために、「他社が断る難しい加工」を積極的に受注し、自社の技術力を高めるとともに事業を拡大してきた。切削加工、研削加工、放電加工、さらに計測技術までを充実させることで、加工工程を広くカバーし、自動車試作部品加工のさまざまな要求に応えている。さらに、技術力だけに頼るのではなく、資本業務提携を通じて経営力を拡充し、新たな展開を目指そうとしている。

○ダイヤモンドバニシングバイトの自動車部品加工への適用
/山田マシンツール/反町 猛
ダイヤモンドバニシングバイトは、表面改質の観点から、焼き入れ後の高硬度材料に多く使用されている。これは、ハイスのローラバニシング方式ではできなかった加工である。70HRCまでの高硬度材に適用できるダイヤモンドバニシングバイトは、自動車部品加工においても、高い生産性、ローコスト化の実現が図れるほか、切りくずを出さないなどの有利な点を多く持っている。さらに、製品の小型化、複雑化で研削加工を行いにくい部分への対応など、その適応分野を拡げている。

<切削油技術研究会専門委員会報告
「マシニングセンタを用いた高精度・高能率加工のための工夫」>
〔調査・研究〕
○マシニングセンタに関する実態調査/タンガロイ/川創造
企業の垣根を超えて結集する技術者集団である切削油技術研究会では、毎年、専門委員会で調査、研究などを行っている。2012年度では、マシニングセンタに関する調査・研究が行われた。ここでは、実態について行った調査を報告する。

○マシニングセンタに関する周辺技術/I H I/佐々木渉
多くの企業でマシニングセンタを導入しているが、ユーザーはさまざまなトラブルに遭遇している。ここでは、マシニングセンタを活用する上で、トラブルを解決するために紹介された文献を調査した。調査の結果、「生産現場のトラブル」と「技術開発の動向」が、必ずしも一致していないという事実も明らかになっている。

○マシニングセンタ活用事例/NSKステアリングシステムズ/内田裕二
アンケートで得られたマシニングセンタの活用事例の中から、マシニングセンタ特有の工夫を抽出したものを紹介する。ここでは、1本の工具に機能を集約する「工具の複合化」、切削距離を削減する「ツールパス変更」、加工時間を短縮する「高速加工」、非加工時間の短縮を狙った「設備動作のオーバーラップ」を紹介する。

〔実験報告〕
○小型マシニングセンタの上手な活用方法/日野自動車/小林裕樹
小型マシニングセンタを対象に、フェイスアングルの異なる4種の工具により、表面性状の確認と切削抵抗の測定を行う実験を実施した。それにより、「低切り込み高送りで、単位時間当たりの除去量を下げずに切削抵抗を下げる」など、3つの指針を得ている。

■特集:特別企画
「メカトロテックジャパン2013」出展製品ガイド
○切削加工機械
○研削盤・その他加工機械
○システム、CAD/CAM、制御機器
○工具・ツーリング
○計測・工作用機器、その他関連機器
○出展者一覧
○小間図

<連 載>
○提言:効果的なTC及びMCの利用を目指して〔その13〕
MCで研削加工を行うには?/東京工業大学名誉教授/伊東 誼
現場において、MCによる研削加工を行う際に留意すべき点は何か?まず、切削抵抗と研削抵抗の合力の方向と大きさの違いに留意が必要だ。さらに、脱落砥粒による主軸、案内面などへの悪影響への対処が必要になる。対応策を施した具体的例を示すとともに、最後にGCによる切削加工についても言及する。

○海外技術動向「医療機器分野で高まるレーザー加工への期待」
/Ilene Wolff/翻訳協力:上智大学SLO
レーザー加工技術は、医療機器部品加工の分野で、大幅なコストダウンを実現するツールとして、また微細精密な加工を実現するものとして注目を集めいている。さらに新たな技術開発により、より低コスト、高速化を目指した各種デバイス加工への適用が行われつつある。

○加工の現場から「株式会社 米山製作所
/技術支援業/滝沢 満

○ITツールインタビュー
「ものづくりへの、思いをつなぐ活動を進めるSWCN」
事務局 水出 博司 氏にきく/寺崎武彦

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP