日工の技術雑誌

自動認識 2013年8月号 PDF版
商品コード:
Ba1308

自動認識 2013年8月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
通常価格/
2,000 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:リライタブルシステムの今
○ICカードの情報をカード上に表示するカードディスプレイ
/アイアンドディ/井原 敦実
進化するICカードの軌跡と現状、そして未来に向けた新たなICカードアプリケーションの可能性を提案する。運用中のICカードそのままに貼り剥がし可能な「リライトIDシート」を付加してカードの保護とリライト機能を実現。

○磁気中心のポイントカード市場に新たな価値を提供し、市場拡大
/三和ニューテック/冨田 幸嗣
昨今、日本のポイントカード文化は電子マネーやネットにも広がり、多様化してきている。その中で、リラタブルカードを使ったポイントシステム市場の活性化と裾野拡大、及び新しい用途・市場へ展開することを狙いとした新商品RITAシステムを紹介する。

○リライタブルハイブリッドメディアの普及を加速する有効な
ツールや運用事例/リコー/森 真
本稿は、RHMの顧客価値を紹介し、その普及における代表的課題と、課題に対して有効なツールを用いて運用している導入顧客の事例を紹介する。さらに、当社を含めた業界を挙げてのRHM普及活動にも言及する。

○電子ペーパー表示システムの展開/大日本印刷/吉野 伸二
自動認識技術の発展は、生産現場に於いて飛躍的な効率化をもたらした。しかし一方、現場の「見える化」という新たな課題も生み出した。この課題解決策の一つとして当社の開発した電子ペーパー表示システムを紹介する。「紙」・「液晶表示機」・「有機EL表示機」に次ぐ第4の表示媒体「電子ペーパー」の省エネルギー・高耐久な特性を十分に生かした、オンデマンドな現場への情報伝達手段をぜひ認識頂き産業界発展の一助として頂きたい。

■特集:物流システムでの活用例
○動線調査ソリューションの可能性/レンタルのニッケン/蔵富 大吉
/シーイーシー/八十嶋 慎太朗
物流現場における生産性向上やコスト削減に向けて、定量的な数値で現状を可視化するニーズが増えている。近年、RFIDやWiFi、GPSなど位置測位技術の発展によりその有効性が高まる一方で、各種機器選定にかかるコストや複雑な分析手法が必要となる。本稿では「カイゼンカプセル」と「RaFLOW」がもたらす現場分析手法の有効性を紹介する。

○ムダな確認作業をなくし、正確かつスピーディに伝票情報をデータ化
/ハンモック/相澤 康雄
物流の現場で、日々大量に発生している複写式配送伝票。OCRソフトを活用して効率的にデータ化する仕組みを紹介。強化した独自の前処理機能により、これまで対応が難しかった複写式伝票のOCRも可能に。

○フォークリフト端末を利用した「倉庫管理システム」
/マーストーケンソリューション/村岡 聡
物流現場で欠かすことのできない車両の一つがフォークリフトである。従来は、事務所と現場は指示書によってつながれ、フォークのドライバー任せで作業が行われてきた。効率化と安全性を追求する中で、管理全般のシステム化は当たり前になっている。本稿では、洗練された倉庫管理システムについて紹介する。

■話題の追跡
○GS1QRコードの概要と活用事例/デンソーウェーブ/高井 弘光
国内外でQRコードのモバイル用途での利用が広がっている。GS1(国際流通標準化機関)は、モバイル用途で商品包装の表示以上の情報を得るための二次元シンボルにQRコードを採用し、GS1QRコードとして仕様を策定したので、その概要を解説する。

■プロダクトA
○シールラベル検査を身近なものとする為に/デュプロ/天沼 正
○薄型パソコン、タブレットにも搭載可能な
世界最小・最薄・最軽量非接触型静脈センサ/富士通/若林 晃

■連載
○電子行政とスマートコミュニティ社会 第5回
本格化する行政情報システムのクラウド化/妙典企画/波形 昭彦
○サプライチェーンにおけるデータキャリアの利用法 第7回
リーダからの送信データ構造/日本自動認識システム協会/柴田 彰
○インターネットは日用品流通をどう変えるか2012 第8回/プラネット
○NFCで始める実践RFID 第10回
パーソナルNFCタギングと応用事例 
育児とNFC/クレスコ・アイディー/大坂 泰弘

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP