機械と工具 2013年07月号 PDF版

機械と工具 2013年07月号 PDF版
商品コード:
I1307

機械と工具 2013年07月号 PDF版

販売価格/
1,500 円(税込)
通常価格/
1,500 円(税込)
■特集:航空機部品加工の実際
○航空機部品にみる難削材加工の課題と対応技術
/金沢大学/上田隆司
航空機の燃費改善、エンジンの効率化要求から、CFRP、耐熱合金、CMC材の適用が増えている。しかしこれらの材料は、構造材として優れた特性を有すると同時に、難削材でもある。ここでは、それらの中から、複合材料、インコネル、チタンといった耐熱合金を取り上げ、解説する。

○航空機部品(耐熱合金)加工用切削工具の特長と使い方
/ダイジェット工業/山本 孝
航空機部品に多用されるインコネル、チタン合金などは、熱伝導率が低く、工具の刃先に熱が蓄積され、工具摩耗が著しく進行するため、非常に難削である。ここでは、これらの材料加工に適合したエンドミル2種を紹介する。

○CFRP加工に求められる切削工具の特性と使い方
/住友電気工業/目黒貴一
CFRPを航空機構造材として使用する場合、オートクレープ成型の後、トリム加工が必要とされる。また、組立工程で、多数の穴あけ加工が行われる。CFRP加工用に適合したダイヤモンドコーティング工具の特性について具体的な製品を例に解説する。また、CFRP+アルミ重ね板の穴あけ用工具についても言及する。

○航空機部品製作でCAD/CAMに求められる10の機能
/コダマコーポレーション/中條貴之
TOPcamは、多くの航空宇宙会社に選定されているCAD/CAMシステムである。それはTOPcamが航空機部品加工における独特の要求に高度に対応できるためである。ここでは、航空機部品加工で要求される10の機能を取り上げ、解説する。

■特集:放電加工・レーザ加工の新技術
○レーザ加工の最新動向/中央大学/新井武二
レーザ応用技術が急速に発展している。たとえば、ファイバーレーザは、板金切断でCO2の分野の一部を担っている。また、レーザによる表面加工への適用も拡がりをみせている。さらにレーザによるマイクロ加工が急進展している。

○最新ワイヤ放電加工機の特徴
‐油ワイヤ放電加工機と水ワイヤ放電加工機における腐食抑制技術‐
/三菱電機/ 柴田淳一・中川孝幸・湯澤 隆
新しい油使用ワイヤ放電加工機の特徴を解説する。また、水使用ワイヤ放電加工機で問題となる腐食・錆に対する技術について解説する。

○極短パルスレーザによる微細精密加工/トルンプ/中村 強
装置の低価格化が進み、極短パルスレーザの微細精密部品加工への適用が始まっている。ここでは最新の極短パルスレーザとその能力を紹介する。

○フランスペムテック社製 精密電解加工機ペムセンタ
/YKT/築山弘明
フランス製のペムセンタは、六価クロムを抑制した加工スラッジの処理、加工精度を大幅に向上、圧倒的な加工時間の速さ、電極消耗ゼロの連続加工などを特徴に、放電加工に取って代わる加工機として注目されている。

○レーザープラス社製ダイヤモンド工具仕上げレーザー加工機
「レイカッター機」とレーザープラス社の新たな取り組み
/YKT/中瀬康人
レイカッターは、シャンクなどにろう付けされたダイヤモンド工具刃先を仕上げる装置で、研削、放電による仕上げ工程に取って代わる加工機である。PCDツール用ブランク加工機も紹介する。

<注目技術>
○スパッタリング法による医療用マイクロ針の創製
/東海大学/槌谷和義
これまでとはまったく異なる発想で、患者の傷みのない注射針=極細針を製造するための技術を開発した。

<展示会レポート>
○東芝機械グループが、11回目のソリューションフェアを開催
‐3日間で、過去最高の5,483名が来場‐/ 編集部

<連 載>
○提言 効果的なTC及びMCの利用を目指して〔その11〕
アジア製汎用TC及びMCをどのように使いこなすか
/ 東京工業大学名誉教授/伊東 誼 72
韓国、台湾の工作機械のレベル向上が指摘されている。日本のそれとの差、また他のアジア諸国の工作機械などについて解説する。

○海外技術動向
「機動性に富むワークホールディングで収益力を高める」
/Jim Lorincz/翻訳協力:上智大学SLO

○加工の現場から「株式会社 長津製作所」
/技術支援業/滝沢 満

○ITツールインタビュー
「世界最小・世界初の製品づくりに挑戦する」
/(株)かいわ 代表取締役 山添 重幸 氏 にきく/寺崎武彦

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP