日工の技術雑誌

自動認識 2013年7月号 PDF版
商品コード:
Ba1307

自動認識 2013年7月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
通常価格/
2,000 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:ダイレクトマーキングの利点
○段ボールへの可変情報のバーコード・ダイレクト印字技術検証の報告
/流通システム開発センター/森 修子・浅野 耕児
商品コード以外に賞味期限日なども表示したバーコードを、搬送ライン上の段ボールにインクジェットで直接印字し、その品質を検証した。段ボールへのダイレクト印字では、コントラストをどう確保できるかが、今後、企業間で活用するうえでの鍵となる。

○レーザーマーカーによるGS1-RSSコード印字
/パナソニック デバイスSUNX/浅井 冬樹
厚生労働省より医療用医薬品のカートンへの新バーコード「GS1-RSSコード」印字が指示されている。本稿ではレーザーマーカーによるGS1-RSSコード印字の利点と注意事項などを実例を交えながら説明している。

○ドットピン方式マーキング装置による医療分野への挑戦
/ローランド ディー.ジー./矢澤 賢
鋼製器具を固有識別させる方法の一つに二次元シンボルを本体に直接表示する方法がある。本体直接表示は経時変化による読み取り性の劣化が懸念されている。当社が開発した小型高性能ドットピン方式マーキング装置MPX-90Mは高品質なマーキングを簡単な操作で出力可能。劣化したシンボルの再マーキングを病院内で可能にすることでシンボルの経時変化に対応する事が可能である。当社MPX-90Mについて導入事例、開発背景と共に紹介する。

■特集:賢いRTLSの活用法
○RTLSの「これまで」と「これから」
/日本エアロスカウト/黒井 慶
無線LANの普及に伴い、Wi-Fiアクティブタグを使ったRTLSも製造業、医療業界を中心に急速に広まり、成功事例も増えてきた。過去9年間でRTLSに対するお客様の期待がどのように変わってきたのか、製品の進化と合わせて振り返り、さらに今後RTLSがどう発展していくのかを考えてみたい。

○Bluetooth Low Energyを使用したクラウド型位置情報ソリューション
/ワイヤレステクノロジー/森山 正吾
海外で導入実績のあるフィンランド9Solutions社のBluetooth Low Energy(BLE)を使用したクラウド型位置情報ソリューション「IPCS」の概要について紹介する。IPCSは、機器を購入、設置するだけですぐにサービスを利用開始できるリアルタイムトラッキングシステムである。

○RTLSの医療分野への適用と今後の発展への期待
/グレープシステム/奥村 利幸
近年、さまざまな分野で利用されているRTLS(Real time Location System)についての概要とその将来性、及び、安全性や効率性を高めると期待されている、その医療分野での適用について紹介する。

○RFIDを利用した、移動動線の見える化ツール
/信興テクノミスト/小滝 泰弘
屋内における移動体の動線を「見える化」するツールの紹介。UHF帯RFIDによるオンデマンドにいろいろな場所で利用できる、比較的お手軽なシステムを、ユーザー事例とともに説明する。

■話題の追跡
○ボティエリアネットワークによる広域健診・医療の実現
/情報通信研究機構/黒田 正博
バングラデシュでは、広域健診と遠隔診療を実現する「ポータブルヘルスクリニック」が運用されている。このサービスはボディエリアネットワーク(BAN)技術と小型センサ技術を積極的に取り入れている。この取り組みを紹介するとともに、日本の製品や技術を如何に海外展開するか、その問題点を取り上げるとともに、国際標準への取り組みについても述べる。

■プロダクトA
○導入後の運用が「カギ」となる鍵管理システム
/クマヒラ/木下 友和

■連載
○電子行政とスマートコミュニティ社会 第4回
「eガバメント」の挑戦は終わらない/妙典企画/波形 昭彦

○サプライチェーンにおけるデータキャリアの利用法 第6回
RFID・リライタブルハイブリッドメディアへのデータ格納方法
/日本自動認識システム協会/柴田 彰

○インターネットは日用品流通をどう変えるか2012第7回/プラネット

○NFCで始める実践RFID 第9回
アプリ連携で更に便利なパ一ソナルNFCタギング2
/クレスコ・アイディー/大坂 泰弘

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP