日工の技術雑誌

油空圧技術 2013年7月号 PDF版
商品コード:
Y1307

油空圧技術 2013年7月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
通常価格/
2,000 円(税込)
■特集:医療・福祉におけるフルードパワー
○歯科用モータにおける電動モータとエアモ-タの特徴
/長田電機工業(株)/長田将治
歯科治療において欠かすことのできないツールである歯科用モータについて、電動モータ(マイクロモータ)とエアモータのそれぞれの構造と特徴と課題について歯科業界の現状を踏まえて紹介する。

○歯科用エアータービン/(株)モリタ/湯田勝彦
歯科治療器具として身近なエアータービンは、単純な構成であるが、小さなヘッドの中に感染予防やトルク・耐久性の向上等、さまざまな工夫を行いながら改良されてきた。当社独自の2段翼車構造の技術を使用したエアータービン「ツインパワータービン」は米国の製品評価機関においても、最高評価を獲得しており、日本国内だけでなく米国でも高い性能が評価されている。

○水圧マッキベン型人工筋を用いた水中歩行訓練補助装具
/芝浦工業大学/小林亘・伊藤和寿
水圧技術のリハビリテーションへの応用として、水中で行う歩行訓練を対象とした補助装具の開発について紹介する。ここでは、水道水圧を利用したマッキベン型人工筋の特性解析およびポテンショメータを使用しない股関節角度の推定法について解説する。

○空気圧を利用した上肢支援システム/関西学院大学/嵯峨宣彦
近年、高齢化に伴い、療法士による機能回復訓練や、介助者による日常生活の支援が必要となっている。しかし若年層の労働力不足や作業量の増加が社会問題化してきた。本稿では、自宅の環境でリハビリ訓練や介助が行なえ、可搬性に優れ、容易に使用できる上肢支援システムについて紹介する。

○内径計測によるゴム人工筋の位置決め制御
/岡山理科大学/赤木徹也
本研究は介護支援機器として、浴槽など湯中で使用できるアクチュエータの開発を目的とする。本稿ではフォトリフレクタを用いた安価な内径センサをゴム人工筋の内部に組み込み、内径変化からゴム人工筋の軸方向変位を比較的精度良く推定する手法。また組み込み技術を用いた安価な変位推定・位置決め制御システムについて紹介する。

○人間の姿勢と空気圧による支援
/沼津工業高等専門学校/村松久巳
身体の静的平衡機能により安定な状態にある姿勢を分類し、立位姿勢の人体の力学を解剖学の観点から説明している。さらに空気圧を用いた立位の支援の例として、著者らが開発した立位保持装置の構造とその効果について解説する。

○微酸性次亜塩素酸水生成装置「KOGANEI超!おててきれい」
/(株)コガネイ/村本泰彦
本稿では電解次亜塩素酸水生成装置「KOGANEI超!おててきれい」の特長を紹介し、本装置の生成水で細菌やウイルスに対する不活化効果が確認されたことについて解説する。また本装置内に流体用の電磁弁を使用することで生成する次亜塩素酸水の濃度やpHを制御しており、電磁弁の使用方法の一つとして紹介する。

○介護予防訓練機用油圧ダンパー/JPN(株)/峯口勝利
当社は医療機器向けのミニ油圧製品の研究開発に注力してきた。ここで紹介した介護予防訓練機用油圧ダンパーはその延長線上の製品である。トレーニング器具は重りやバネを使ったものが一般的であるが、介護予防用に限ると、油圧式が多く使用されている。本稿では油圧式筋力トレーニング機の開発経緯と特長、油圧ダンパー導入例を紹介する。

■解 説
○フォークリフト用油圧システムの進化
/コマツ/福島純一・藤川光昭
世界的な省エネ・環境意識の高まりを背景に産業車両市場でも低燃費・環境負荷低減のニーズが急速に高まっている。これらの市場動向を踏まえ、4ton系フォークリフトにおいて、「可変ポンプCLSS」「全電子HST」を採用し、低燃費と環境負荷低減、操作性を向上させた。

■製品と技術
○油圧式ファインブランキングプレスHFTfitによる
究極の生産性と費用効果/ファインツール・ジャパン(株)/韓昌勲
油圧式FBプレスHFTfit は高い実績を持ち、市場にて証明されているファインツール/SMGのHFA plus プレスを根幹にして日本で開発・製造している。剛性の高いフレーム、金型交換の容易さ、エコサーボ採用等により生産の安定性と信頼性、高い生産性、低いランニングコストを実現した。

■連 載
○油圧のカラクリの見方と作り方10
ゲート自重降下のカラクリの見方/(元)油研工業(株)/ 坂本俊雄
ポンプを停止させた状態でゲートをゲート自重で降下させる場合がある。速度を一定に保持しながら、キャビテーションも発生させずに下降させるカラクリと、類似の回路である差動回路についても、合わせて解説する。

○初心者のための空気圧回路の読み方・作り方4
圧力制御弁・空気圧調整ユニット/長岐忠則
空気圧機器を初めて使う人、使い始めた人を対象に、空気圧回路に使用する図記号の意味読み方、回路図の読み方作り方についてのポイントをやさしく解説。第4回は圧力制御弁及び空気圧調整ユニット、特に減圧弁の新旧図記号について解説した。

■H&P情報
○油空圧機器出荷集計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○コンプレッサ

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP