住まいとでんき 2013年6月号 PDF版

住まいとでんき 2013年6月号 PDF版
商品コード:
D1306

住まいとでんき 2013年6月号 PDF版

販売価格/
1,400 円(税込)
通常価格/
1,400 円(税込)
■特集:住まいとまち
○スマートコミュニティ構想を日本の成長戦略へ
/東京工業大学/柏木 孝夫
日本は技術立国として、エネルギーの科学的、合理的な使い方をするべきである。そして今、熱を制することはエネルギーシステム全体を制することになる時代が到来している。グリーンイノベーションを実現し、再生可能エネルギーを最大限とり込める低炭素社会の公共インフラを構築するスマートコミュニティへの展望等を紹介する。

○スマートコモンシティ/積水ハウス/石田 建一
積水ハウスは最先端のスマートハウス「グリーンファースト ハイブリッド」を軸にしたまちづくり「スマートコモンシティ」を展開している。「SLOW&SMART」をコンセプトに環境に優しく、快適な暮らしを実現するまちづくりの取り組みを紹介する。

○柏の葉スマートシティプロジェクト
/柏の葉アーバンデザインセンター/三牧 浩也
公・民・学連携による新しいまちづくりとして注目を集めている柏の葉スマートシティプロジェクト。公・民・学、それぞれの枠を超え、地球の未来のためのスマートシティ構築に取り組んでいる。プロジェクトの概要とこれからの展望等について紹介する。

○ダイワハウスのスマートタウンプロジェクト
/大和ハウス工業/濱崎 孝一
「環境モデル都市」である大阪府堺市の「晴美台エコモデルタウン創出事業」として展開しているダイワハウスのスマ・エコタウン晴美台。開発のコンセプト・取り組みの具体的な内容・特長・これからの展望等を紹介する。

○「スマートハイムシティ・プロジェクト」の全国展開
/積水化学工業
積水化学工業 住宅カンパニーは、全国の販売エリアで開発している分譲地において、同社のスマートハウス仕様住宅である「進・スマートハイム」による分譲ブランド「スマートハイムシティ」を本格展開するプロジェクトをスタートさせた。「スマートハイムシティ・プロジェクト」の特長等について紹介する。

○無線式電力計量システム「スマートエコワット」シリーズ
/エネゲート/中島 裕二
エネゲートは簡単・低価格で本格的なH E M S機器「スマートエコワットシリーズ」の販売を行っている。現在、出荷数が1000セットを超え、多くの方々が家庭や職場でエネルギーマネジメントを実践している。今回行われた「スマートエコワットシリーズ」のモデルチェンジについて、その概要と特長を紹介する。

○人のつながりを大切にした街づくり・リフォーム
/アクアス/安部 貞一郎
福島県須賀川市でリフォーム業を営んでいる(株)アクアス。被災3県では現地の実情に即して、自分達の力で何とか建て直しを図っていこうという機運が高まっている。特に復旧工事やそれに連なる「街づくり」では、各地区の特性に応じた様々な取り組みが進んでいる。同社の「人のつながり」を大事にしながら取り組んで来た事例を紹介する。

■Topics
○住まいの手すり/ニチモ 介護環境研究所/内田 忠夫
超高齢者社会となった今でも、日本の高齢化はますます進んでいる。住宅改修においては加齢や病気や怪我で低下してしまった身体機能を補い、生活しやすくするための手段として、速効性がありしかも大きな効果が期待できる手すりが有効である。事例を交えて手すりの利点を紹介する。

○ご家庭のお客さま向けの新しい電気料金メニューについて
/東京電力
東京電力は、お客さまのライフスタイルにあわせて選ぶことのできる電気料金メニューの多様化と、さらなるピークシフトの促進による電力設備の効率的利用を目的として、家庭のお客さまに向けた4つの新しい電気料金メニューをスタートした。その概要を紹介する。

○キレイな空気と暮らす健康補助住宅ドクターズ・エアーモデル
/積水化学工業
積水化学工業 住宅カンパニーは、高性能換気システムと全室空調、その他健康サポートメニューをパッケージ化した【キレイな空気と暮らす健康補助住宅 ドクターズ・エアーモデル】を全国(北海道、沖縄および一部積雪・寒冷地域を除く)で発売した。その概要を紹介する。

○国内住宅用 単結晶無鉛はんだ太陽電池モジュール新商品発売
/三菱電機
三菱電機は、国内住宅用太陽光発電システムの新商品として、屋根への設置容量を増加できる単結晶無鉛はんだ太陽電池モジュール「マルチルーフ」を高出力化した新モデルを発売する。その概要を紹介する。

■Product Navi
○コロナ エコキュート「CHP-56GNW1」/コロナ
コロナは、業務用のエコキュートを新たにラインアップし発売した。その概要を紹介する。

○日立業務用エコキュートCDシリーズ/日立アプライアンス
日立アプライアンスは「日立業務用エコキュート」の新しいラインアップとして、日立独自の給湯方式「水道直圧給湯」を採用したCDシリーズ、及びCDKシリーズを発売した。その概要を紹介する。

■オール電化住宅紹介
○工房信州の家/フォレストコーポレーション
自社のストックヤードで乾燥させた美しい長野県産無垢材と、太陽の風の自然エネルギーを住まいに取り入れるエアパスソーラー工法を採用して、地元職人の伝統の技で仕上げたフォレストコーポレーションの「工房信州の家」を紹介する。

■連載
○にっぽん・生活家電のはじまり-明治〜昭和30年代の家電-第23回
電気割烹器(その1)/生活家電研究家/大西 正幸
わが国では、三千年以上も前の縄文時代後期から“かまど”でご飯や、煮炊きをしてきました。全国のかまど跡から甕(かめ)、甑(こしき)、土鍋(どなべ)、鼎(かなえ)、須恵器(すえき)などが数多く出土しています。電気が各家庭に行き渡るようになり、扇風機についで早く普及したのは電気調理器や電気暖房器などの電熱機器でした。

○舫い綱 第25回/川上 正夫
認知症の症状の進行は、初期から中期、重度(末)期へと移行するのだが、必ずしもこの様な移行をするものでは無いとしても、投薬の関係で遅滞、停滞する症状の長短の期間であり、完治することはないのだ。特に[若年性認知症]に関しては、進行速度は高齢者と比較して早い進行を呈するとされている。又[徘徊]に関してもその徘徊行為の起因は単純なものではなく徘徊の起因とされ要素は、複重的な結果的な要因が含まれている。

○子育て真っ最中!団塊J r.の住まい考800
どうしてこうなった?/藤原 千秋
どうしてそうなったのか分からないけどこうなった、という奇妙な習慣が私たちの生活には少なからずある。自覚するのは難しく大概他人の目線に晒されて表面化するその「奇妙」さには、その生活を不快かつ困難にしている原因がひっそり含まれていることもまた少なからずある。故に固定概念を疑うの勧め。

○にっこり・びっくり・たっぷりアジア第7回
バウォマタルオ村へ行く2
/昭和女子大学 国際文化研究所/内海 佐和子
2日近くかけて、やっとたどり着いた、インド洋に浮かぶニアス島南部に位置するバウォマタルオ村。ヴァナキュラー建築研究者の垂涎の的と言われる住居と、それらが造りだす景観は想像以上に圧倒的。そこで今回はバウォマタルオ村の住居を紹介します。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

Mountain Addicts

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP