日工の技術雑誌

画像ラボ 2013年5月号 PDF版
商品コード:
Ga1305

画像ラボ 2013年5月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
通常価格/
2,000 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■解説
〔メディカル〕
○Kinectセンサを用いた腹腔鏡下手術支援システムの開発
/千葉大学/三木大輔
Microsoft社から発売されたKinectセンサは、からだ全体をつかったテレビゲーム用入力デバイスとしての他、従来の手にとって扱うコントローラを必要とせずに様々な機器にコマンドを送ることができるナチュラルユーザーインターフェース、また、開発のしやすい三次元計測デバイスとして注目を集めた。本稿でKinectセンサを利用した腹腔鏡下手術用術具追尾手法、並びに、本手法を用いた手術支援システムについて紹介する。

〔バイオイメージング〕
○CCDカメラの読み出し時間を利用した光刺激法の開発
/大阪大学/新井由之・永井健治
本稿ではCCDカメラの読み出し時間中に光刺激を行う顕微観察刺激システムを開発した。また、実時間観察が可能な高輝度化学発光タンパク質を開発することで、問題を克服することに成功した。

〔ITS〕
○ITS応用のためのデジタル道路地図の生成
/熊本大学/上瀧剛・内村圭一
本稿では、航空画像解析によるデジタル道路地図生成の従来技術を紹介すると伴に筆者らの技術を紹介し、現状の技術的な課題および今後の展望について述べる。

〔認識・検出〕
○低電力赤外LEDを用いた人肌検出センサ
/東京工業大学/宇都有昭・関晴之・小杉幸夫
/住友電気工業/村瀬亨
人肌の抽出も目的として開発された人肌指標NDHIの定義バンドを中心波長とする狭帯域赤外LEDを計測対象に照射し、反射光をInGaAsフォトダイオードで受光・同期検波することで、背景光やノイズの影響を受けることなく高速・高精度でNDHI値を計測可能な携行型の人肌検出センサを開発した。

〔解析・計測〕
○視線計測に基づく対話時の眼球運動の分析と合成
/早稲田大学/岩尾 知頼・三間 大輔・久保 尋之・前島 謙宣・森島 繁生
コンピュータグラフィックスによりリアルなキャラクタを生成するためには、眼球運動を正しく再現することが不可欠である。そこで本研究では人間の対話時におけるリアルな眼球運動を自動生成するための、確率分布関数を用いた眼球運動のモデル化手法を提案する。

〔3D〕
○多視点から撮影されたズーム量が異なる画像群を利用した
再構成型超解像/東京理科大学/保坂忠明・大森達也・浜本隆之
多視点から撮影される画角の広い低解像度画像および画角の狭いズーム画像群を用いる再構成型超解像手法を提案する。再構成処理において、視点間の画素対応推定(レジストレーション処理)を繰り返し行うことで解を修正していく。評価実験において、バイキュービック補間との比較を行い、提案手法の有効性を定性的・定量的に検証する。

○復元点群の最適取捨選択による物体形状復元
/奈良先端科学技術大学院大学/浮田宗伯・松田一樹
多視点からの三次元形状復元において、一般的な多視点ステレオと視体積交差法の結果を統合する手法を開発した。多視点ステレオの高精度と視体積交差法による復元漏れのない安定性を、相補的に統合するような大域的最適解を高速に得る。

○単一散乱強度に基づく半透明物体の形状推定
/大阪大学/井下智加・向川康博・八木康史
/マイクロソフトリサーチアジア/松下康之
プラスチックやろうそくなどの半透明物体は、入射光を物体内部で散乱させる性質を持つため、従来手法による形状計測が困難である。本稿では、そのような半透明物体の形状計測を実現するために我々が取り組んでいる散乱光を利用する形状推定手法を紹介する。

〔基礎研究〕
○一枚の写真からの反射特性の推定
/九州大学/原健二/ドレクセル大学/西野恒
物体表面上のテクスチャ分布のエントロピーを最小にする反射パラメータの値を探索することにより、複数枚の画像を入力する既存手法とは異なり、一枚の画像から物体表面の反射特性を推定する手法を紹介する。

○多重領域ヒストグラムの高速なウィンドウサーチ
/日本電信電話/森稔・柏野邦夫
本稿では、複数領域に分割した対象画像から抽出したヒストグラムで構成される多重領域ヒストグラム及び正規化相関を用いたウィンドウサーチにおける高速化の為、Multilevel successive elimination algorithm (MSEA)を正規化相関向けにIntegral partial sum histogram (IPSH)及び初期閾値推定で拡張した手法を提案する。評価実験により、提案手法が従来手法より大幅な高速化が実現出来ることを確認した。

■シリーズ
○写真計測の基礎<第10回>
福山大学/服部進/元四国職業訓練大学校/秋本 圭一
今回は絶対標定と、前回触れないままになったステレオに関するいくつかの話題、すなわちステレオカメラとステレオ図化機の原理、ステレオ計測の精度、および最小二乗マッチングの2回目を解説する。

■特集
高速・長距離伝送可能なインタフェースCoaXPress最新動向
○“CoaXPress”その規格と製品認証システム
/日本インダストリアルイメージング協会/宮崎正
本稿では、規格の基礎的な解説と各社の製品を透して見る規格の展開を考察する。また、“CoaXPress”をより正しく認識していただきたく、日本インダストリアルイメージング協会(以下、JIIA)が推し進める製品認証システムについても解説する。

○CoaXPress対応製品ガイド
アディメック・エレクトロニック・イメージング/アド・サイエンス/アバールデータ/アルゴ/エデックリンセイシステム/キヤノンITソリューションズ/シムコ/東芝テリー/日星電気/日本エレクトロセンサリデバイス/リンクス

■コラム:マルコーニの彼方へ 151
○カワイイというユートピア/ヤマネコ

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP