日工の技術雑誌

建築設備と配管工事 2013年04月号 PDF版
商品コード:
K1304

建築設備と配管工事 2013年04月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
通常価格/
2,000 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:「建築設備と配管工事」50周年記念号
○50周年に寄せて/石福昭

○月刊「建築設備と配管工事」50周年記念によせて
/元(株)森村設計/前島建

○建築設備のこれからを考える/大成建設(株)/加藤美好

○わが社の省エネ設備50年/(株)大林組/小野島一

○わが社のこれまでと今後に向けて/三井住友建設(株)/井上達

○建築設備のこれから/高砂熱学工業(株)/井上正憲

○超高層ビルの出現と建築設備/新日本空調(株)/山本英幸

○空調設備に思うこと/(株)朝日工業社/谷惠介

○わが社の50年と今後に向けて/東洋熱工業(株)/山田博

○50周年を迎えるユアテック・空調管設備部門/(株)ユアテック/田村定雄

○建築設備のこれから/(株)山下設計/石神哲史

○当社における環境エンジアリングの系譜と今後の展望/(株)日本設計/柳井崇

○50周年に寄せて/(株)石本建築事務所/木村博則

○建築設備のこれから/(株)安井建築設計事務所/小林陽一

○病院建築の50年目/(株)伊藤喜三郎建築研究所/筒井和幸

○建築設備技術者のこれから/(株)東急設計コンサルタント/山井英樹

○50周年に寄せて/(株)大建設計

○空調システムの変遷とわが社の歩み/新晃工業(株)/鍋島泰

○モノづくりの夢・新たなる挑戦/アサダ(株)/小澤康裕

○「建築設備と配管工事」50周年記念号に向けて
/ウエットマスター(株)/星野芳昭

○わが社の50年と今後に向けて/JFE継手(株)/藤藁貴夫

○受水槽の今後について/(株)FMバルブ製作所/和田毅

○わが社の50年と今後に向けて/オーエヌ工業(株)/筆保孝明

○わが社のこれまでと今後にむけて/(株)TOZEN/根本訓明

○50周年記念号に寄せて/(株)水研/佐藤敏之

○私の50年と今後にむけて/ノーラエンジニアリング(株)/堀田侑

○50周年に寄せて/(株)カサバージャパン/楠惇

○建築設備(空調・衛生)に使用される水のこれから
/(株)サンワード/野村寛雄

○これからのセラミックガス輻射暖房システム
/(株)ハイテム/安田勝彦・今村芳敬

■最新技術情報
〔省エネルギー〕
○廃温水熱利用蒸気発生装置VS-400M/三浦工業(株)/大下悟
省エネルギーの必要性が高まっていく中で、熱回収が難しい低温廃水の有効利用は重要な課題となっている。そこで廃温水の熱を利用し、より需要がある蒸気を作る事ができる装置「VS-
400M」を開発した。本装置は、一般工場と同じく、熱回収が困難であったガスエンジンコージェネレーションシステムのエンジン冷却水の熱回収も視野に入れ、東京ガス(株)と共同で全蒸気回収ガスエンジンコージェネレーションシステムを共同で開発を行っている。

○超高効率無圧式温水機/(株)巴商会/池田文雄
国内で初めて缶体にアルミ合金を使用した温水機を開発した。アルミは水と接すると自然の防食被膜を形成するので非常に耐食性が高く缶体を10年保障する。出力233kWで伝熱面積2.2m2のコンパクトでありながら、エコノマイザ無しで超高効率を実現し排ガス温度は100℃未満である。

〔衛生設備〕
○「排水圧送ポンプ」/SFA Japan(株)/荻野雄仁
排水圧送ポンプはフランスのSFA社が今から50年以上前に発明したもので、従来であれば重力に従って上から下へにしか流れない排水を、圧力を加えて押し出す(圧送する)ことにより、下から上へ流すことができるものであり、排水の勾配がなければ水回り機器を設置できないという従来の常識をくつがえすものであった。
 本稿では排水圧送ポンプの特徴、施工法、採用する際の注意点などについて述べた。

〔ソフト支援〕
○BIM・3D機能を強化した最新設備CAD/(株)ダイテック/曽我康弘
建築設備CAD「CADWe’ll Tfas」シリーズの最新バージョンである統合設備「CADWe’ll TfasV」と電機設備「CADWe’ll Tfas V E」について、BIM関連機能、3D機能の強化、空調衛設備の機能強化、電気設備の新機能等について解説した。

■解説
○天吊パッケージエアコン用通水試験ツールの紹介
/新日本空調(株)/田村稔
天吊パッケージのドレン管通水試験と試運転時の機器ドレンアップ機能確認を施工完了時に一度で済ませる新しい試験ツールである。天井や保温の無い段階で試験が完了するため、内装材を汚さず確実な漏水個所の点検が可能となり、品質向上と工期短縮に貢献する。

■省エネルギー
○森村学園の地中熱ヒートポンプシステム
/ミサワ環境技術(株)/田中雅人
学校法人森村学園の屋内プール・幼稚園遊戯室に導入された地中熱ヒートポンプシステムの概要と運用実績について報告する。従来の空冷ヒートポンプやガスボイラーと比較してランニングコストやCO2排出量の大幅な削減効果が確認されている。

■竣工事例
○中之島フェスティバルタワー
/(株)日建設計/牛尾智秋・小稲克也・松島孝之・稲村昌伸
中之島フェスティバルタワーは、低層に新しいフェスティバルホール、中高層に朝日新聞社を含むオフィスをもつ。河川水冷暖房、環境より熱性能を変えるアクティブスキン、オフィスでのLED照明などの採用により国の省CO2推進モデル事業に採択されている。

■連載
○防食鋼管40年の思い出(第20回)
ポリ粉体鋼管JWWA規格化30周年の巻(その3)
/IDE研究所/井出浩司
ポリ粉体鋼管JWWA規格30周年の巻(第3回)として、ポリ粉体鋼管の施工マニュアルの策定、ポリ粉体鋼管の技術講習会開催と水道事業体の認可取得、管工事業者に対する配管実技講習会、公共工事でのポリ粉体鋼管採用について紹介した。

■シリーズ
○1級管工事施工管理技士試験のための知識 第4回
給排水衛生設備/殿垣内恭平
今回は、上下水道、給水・給湯設備、排水・通気設備、消防設備、ガス設備、浄化槽の基本について詳しく解説した。

○外国の環境保全および建築設備事情32
米国のエネルギー効率の高い上位7位の野球場
/元(株)森村設計/前島健
本稿においては、米国のエネルギー効率の高い上位7位の野球場を中心に紹介する。

■Le petit pouceペットと暮らす 107
○鳴かないカエル/畑建築デザイン/畑由起子

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP