日工の技術雑誌

光アライアンス 2013年2月号 PDF版
商品コード:
Oa1302

光アライアンス 2013年2月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
通常価格/
2,000 円(税込)
■特集:CMOSイメージセンサの最新動向
○宇宙用CMOSイメージセンサ
/(独)宇宙航空研究開発機構/坂尾太郎
本稿では、筆者が専門とする、飛翔体を用いた宇宙空間からの太陽観測を例にとり、この分野でCMOSイメージセンサがどのように利用されているか、概況と今後の展望を紹介したい。

○CMOSイメージセンサのバイオ・医療への応用
/奈良先端科学技術大学院大学 /太田淳
本稿ではイメージセンサのバイオ医療分野への応用について概説する。まずバイオ医療応用イメージセンサの要求特性と分類について述べ、次にバイオ応用として蛍光イメージング用センサ、医療用途としてX線イメージセンサを紹介し、最後に生体に接触するCMOSイメージセンサについて紹介する。

○第2世代 sCMOSカメラの特長と科学計測応用
/浜松ホトニクス(株)/戸田英児・杉下 財
科学計測分野においてもCCDからCMOSへの置き換えが進んでいる。ここでは、より進化した第2世代のsCMOSカメラの特長を紹介し、従来の極微弱光計測カメラであるEM-CCDカメラと比較を行う。また、科学計測応用の実例を示す。

○超高速CMOSイメージセンサの開発/(株)島津製作所/田窪健二
/東北大学/須川成利
放電やレーザアブレーション、複合材料の破壊などの高速現象を最高2,000万コマ/秒の速度で撮影できる超高速CMOSイメージセンサ『FTCMOS』を開発した。先端材料や精密加工、マイクロマシン、インクジェット等の技術分野で研究開発への貢献が期待される。

■製品特集:光学系設計ソフト活用術
○進化する光学系設計ソフト Zemax
/(株)プロリンクス/澤田宏起
Zemaxは時代の流れをいち早く汲み取り、2001年には、照明設計や迷光解析に使用できる純粋なノンシーケンシャルモードを搭載するなど、その後も進化と改良を続け、現在では結像光学、照明光学に関して業界の標準ソフトとして認識されるまでになっている。本稿では、進化し続けているZemaxの特徴を設計手順に沿って紹介する。

○多分野で幅広く活用される光学設計・解析ソフトウェアCODE V
/サイバネットシステム(株)/阪口貴之
CODE Vは、多彩な光学設計/解析のニーズに対応する機能群を持つ。ここへ、ほんの少しアイデアと工夫を加えると、対応範囲は更に広くなる。一例として、UDS(ユーザー定義面)を利用し、レンズ面上のごく浅い凹みが及ぼす影響をシミュレートした。

○照明解析/設計プログラムTracePro
/FITリーディンテックス(株)/山本努
照明系解析ツールTraceProに搭載されている3Dオプティマイザとソーラエミュレータを紹介。エミュレータでは地球上の任意の指定地点での太陽位置の時系列変化を計算し、自動作成されるソースを直接計算に使用できる。家屋の採光を仮定した例を紹介する。

○APSS導波路解析ベースの統計解析
/(有)ノアコンサルティング/横山清行
デバイス加工精度が正規分布に従うと仮定し、それらの平均値と分散値を入力群としてデバイス特性を計算する統計解析プログラムを開発した。これにより、試作結果のバラつきを考慮して、高性能デバイスを歩留まりを考慮して設計することが容易になった。

○バイオ医療における光学シミュレーションソフトの実用
/(株)オプトデザイン/高橋浩
今日のバイオ医療産業には光素子が必要不可欠なものとなっている。FRED(フレッド)は、米国PhotonEngineering社が開発した光学シミュレーションソフトウェアである。本稿でバイオ医療産業関連においてFREDを使用した三つの光学系の事例である。

■解説
○ニ次元フーリエ変換による複数画像間の差異の検出法
/茨城大学/梅津信幸
高解像度のデジタルカメラで撮影された複数画像間の差異を、位置・角度のずれを補正しつつ高速に検出する方法について述べる。フーリエ変換のシフト不変性を利用して、プリント基板などの欠陥検出に適用可能な高速なアルゴリズムが構築できる。

○フレネル数の小さい軟X線用顕微光学系の結像特性/東北大学/豊田光紀
本稿では初めに、高倍率対物鏡を試作し、像側開口数が著しく減少した光学系の結像特性を実験的に確認した結果について述べる。次に、得られた結果をもとに対物鏡の結像特性の定式化を行い、倍率の増大が結像特性に与える影響を考察する。

○新規蛍光・磁性ビーズを用いた迅速疾患診断
/東京工業大学/坂本聡・半田宏
蛍光物質と磁性体がポリマーで完全に内包された新規蛍光・磁性ビーズ(F Fビーズ)を開発し、F Fビーズを用いたイムノアッ
セイにより、従来法と比べて1/10以下の時間で疾患マーカーを高精度・高感度に検出することが可能となった。

■製品技術紹介
○高速・小型・低価格エリプソメータ/(株)フォトニックラティス/川嶋貴之

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP