日工の技術雑誌

光アライアンス 2013年1月号 PDF版
商品コード:
Oa1301

光アライアンス 2013年1月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
通常価格/
2,000 円(税込)
■特集:フェムト秒レーザ加工の最先端
○フェムト秒レーザによる除去加工/大阪大学/塚本雅裕
フェムト秒レーザによる除去加工の現状と展望を述べる。
 
○超短パルスレーザによる複合材料の微細加工
/(公財)レーザー技術総合研究所/藤田雅之
レーザ加工特性の異なる成分で構成される複合材料に対して、レーザ照射パラメータをチューニングすることで各成分に対して効果的な加工を施すことができる。事例として、Al-Si合金の低摩擦加工、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)の加工を紹介する。
 
○フェムト秒レーザによる透明材料内部へのマイクロ構造形成
/徳島大学/松尾繁樹
フェムト秒レーザ照射とエッチングとの組み合わせによりガラス等の透明固体材料内部を除去加工する技術「フェムト秒レーザ支援エッチング」を紹介する。ほぼ任意の三次元形状をマイクロメートルスケールで加工することができる、極めてユニークな技術である。

○フェムト秒レーザによる材料プロセッシング
/京都大学大学院工学研究科/下間靖彦
フェムト秒レーザによる材料プロセッシングの現状と展望について述べる。

○フェムト秒レーザによる超硬材料の微細加工
/長岡技術科学大学/田辺里枝・伊藤義郎
2008年12月号の特集では、フェムト秒レーザによる超硬の微細加工の一端として、溝加工をした場合のナノ秒レーザとの比較、方形凹形状加工における集光位置や走査速度の影響、加工面組織、パーカッション加工による円形穴加工について紹介した。本稿では、それ以降の研究、特にトレパニングによる円形穴加工と加工面に形成される微細周期構造について紹介する。

○フェムト秒レーザ駆動衝撃波による材料加工
/大阪大学/佐野智一・廣瀬明夫
高強度フェムト秒レーザパルスを材料に照射すると、アブレーション時の反跳力によって衝撃波が駆動され、材料内部を伝播する。このフェムト秒レーザ駆動衝撃波によって、従来圧縮法では起こらない現象を誘起することができる。本稿ではフェムト秒レーザ駆動衝撃圧縮特有の現象をいくつか紹介する。

■製品特集:レーザビームプロファイラの新展開
○OPHIR-SPIRICONレーザビームプロファイラ
/(株)オフィールジャパン/玉川 悌典
○ビームアライザー スタンドアロン/CVIメレスグリオ
○LBP-01レーザプロファイラの機能/アイ・エス・エー(株)/青木伸吾
○走査レーザビームの計測/エーエルティー(株)/野裕

■解説
○下肢静脈瘤に対する血管内レーザ焼灼術
/(株)インテグラル/井戸智佳子
下肢静脈瘤に対する治療方法は、圧迫療法、硬化療法、手術療法がある。本稿では、新医療機器として承認されたELVeSレーザを用いた血管内レーザ焼灼術について紹介する。

○Si細線導波路と相変化材料による超小型光スイッチ
/慶應義塾大学/津田裕之
相変化材料とSi細線導波路を用いた光通信用自己保持型光スイッチを開発した。消光比12.6 dB、スイッチング速度400ns以下で、2,000回以上のスイッチングを確認した。光スイッチは、全長15.3μm、相変化材料部は直径1μmと小型である。

○蓄電のできる太陽電池“光キャパシタ”の開発
/桐蔭横浜大学/宮坂 力
小型エレクトロニクス機器を支えるユビキタス電源のニーズも高まるなかで、DSSCが向かう産業出口の1つが、携帯デバイス等の消費者エレクトロニクス機器に電力供給する光発電素子である。この目的に合わせた光発電システムには、2つの条件が求められる。1つは、素子を使用しないときにも光発電による電力を蓄えることのできる蓄電機能である。もう1つは、光の強度が激しく変動する環境においても、充電に必要な安定な電力(電圧)を出力できる機能をもつことである。そこで筆者らは、色素増感理論に基づいて、光発電と蓄電の機能を一体化させるセル作製方法を構築してきた。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP