日工の技術雑誌

クリーンエネルギー 2012年12月号 PDF版
商品コード:
E1212

クリーンエネルギー 2012年12月号 PDF版

販売価格/
1,900 円(税込)
通常価格/
1,900 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:蒸気による省エネルギー
○未利用温水を蒸気に変換する「スチームリンク」の開発
/東京ガス(株)/梶山啓輔/荏原冷熱システム(株)/福住幸大
/三浦工業(株)/大久保恭輔
工場における廃温水の有効利用を目的とし、温水を熱源として0.3 〜0.6MPa(G)の蒸気を製造することができる商品「スチームリンク」を開発した。本稿では「スチームリンク」の概要と適用例、実証試験について紹介する。

○未利用のフラッシュ蒸気を高効率で昇圧することで蒸気を再生し、
ボイラ燃料の大幅な削減に貢献/(株)神戸製鋼所/松井孝益
スチームスターMSRC シリーズは、従来再利用の難しかった低圧フラッシュ蒸気を昇圧して元の価値ある蒸気に再生するスクリュ式の蒸気圧縮機である。フラッシュ蒸気量の変動に追従しながら、燃料焚きボイラ比1/5 程度のコストで蒸気再生できる。

○スチームとラップの特性と作動原理について/(株)ミヤワキ/西脇健市
スチームトラップについて、種類と分類、特性、能力、作動原理、作動特性などについての解説。

○可変オリフィス式高精度蒸気用流量計
/(株)スパイラックス・サーコリミテッド/西岡眞二
省エネ原器、可変オリフィス式高精度蒸気用流量計の変化に応じて、オリフィス径を変化させる独自の機構を採用しているので、レンジアビリティが大きく、放熱時のような極少流量から最大負荷までの幅広い範囲の計測が、1台の流量計で可能となる。

○小型化を実現した減温器/(株)進栄技研
省スペース化を実現し、蒸気を有効に活用できる減温器DH型を紹介する。

■テクニカルレポート
○コンパクトな小型バイオガス化装置の開発
/大阪ガス(株)/坪田潤・中西裕士
食品リサイクル法施行により生ごみや食品廃棄物等のリサイクルが進んでいる。1日の生ごみ発生量が1t 以下の少量でも利用できる小型で安価なバイオガス化システムを開発を目指し、生ごみ排水処理装置の仕組みを利用したまったく新しいバイオガス化装置の開発を開始した。

○デマンド監視を手軽に低コストで実現/(株)ティアンドデイ/三村孝二
取引用電力メータに簡単に取り付け可能な電力測定用ワイヤレスデータロガー。無線通信とネットワークを利用したデマンド監視および警報システムを容易に構築できる。節電、省エネ対策が重要テーマとなっている昨今、「電力の見える化」により電力料金の削減、節電対策に大きな効果を発揮する。

○業務用全熱交換形換気機器ロスナイ用熱交換素子
「高効率ロスナイエレメント」の開発/三菱電機(株)/高田勝
事務所・ビル等の空調機の省エネが可能な換気機器である全熱交換換気機器ロスナイRの熱交換部「熱交換素子」の改良による省エネ性の向上に取り組み、風路形状の改善等により全熱交換効率70%を達成した。新エレメントや製品の特長を紹介する。

○Web対応デマンドコントローラ/渡辺電機工業(株)/櫻井桂太
電力料金の値上げや継続する電力需給問題対策に効果的なデマンドコントローラ。本稿ではBEMS システム対応製品やWebブラウザ監視に対応した製品などを紹介。個別装置の電力監視機器と合わせ、省エネ・節電に効果を発揮する。

○電力エネルギ-における最新のデマンド監視モニター
D-call と節電王子Vの活用/(株)ムサシインテック/本田光穂
電力監視の一環として「デマンド監視」「電力監視モニター」について的確な測定や把握ができる測定器を含めて性能と今後の管理手法について説明をする。

○エネルギー管理システム 実証実験について
/埼玉県産業技術総合センター/岩正太・森田寛之
エネルギーを効率的に利用するため、建物やエリアのエネルギー監視システムが注目されている。本稿では埼玉県産業技術総合センターで開発したエネルギー管理システム(SAITECEMS)の北部研究所における実証実験について紹介する。

■シリーズ:欧州における広域的な低炭素エネルギーネットワーク事例
○オーストリア・ウィーン市の地域熱供給/東京ガス(株)/古川道信
ウィーン市では地域熱供給が国や市の低炭素化対策の中核としての位置づけを背景として、今後もシェアの拡大が見込まれている。本稿では訪問した同市の地域熱供給事業者(FW)の供給設備やネットワーク、国や市による支援策などについて報告する。

■連載:世界の主な国際パイプライン 第9回
○英国の天然ガスパイプライン/慶應義塾大学/吉武惇二
欧州最大のガス市場である英国市場は、そのガス供給確保の取り組みが、欧州にとっての試金石になると注目されている。英国は一定量のガス供給を継続する必要があり、今後どのような供給ポートフォリオを駆使していくのか興味深い。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP