日工の技術雑誌

自動認識 2012年11月号 PDF版
商品コード:
Ba1211

自動認識 2012年11月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
通常価格/
2,000 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:製造現場に見る活用メリット
○DPM(ダイレクトパーツマーキング)の必要性と
バーコードリーダに求められる能力/コグネックス/北條 太郎
近年、品質管理や偽造防止の観点から日本でも積極導入が進み、その適用範囲があらゆる業界で急激に拡大しつつあるDPM(ダイレクトパーツマーク)に関して、読み取り困難なDPMでも高い読み取り率を誇る弊社製品テクノロジと共に分かり易く説明する。

○RFID工程情報収集システム導入事例/協立システムマシン/土屋 信之
製造現場で発生するさまざまな問題、課題を解決させるためには現場の視える化が最優先で実践されなければならない。RFIDを活用したパッケージソフト「リアルタイム工程進捗情報収集システム」の特徴をまじえながら、導入経緯から導入効果までを紹介する。

○バーコードとクラウドを利用した製造現場情報の活用
/インプルーブ/井上 竜一郎
人・モノ・金・情報という経営資源が限られる中小企業も、いよいよ高いレベルの情報化戦略を実現する環境が整ってきた。その道具の1つがクラウド技術である。バーコードで収集した現場のデータをクラウド化し、お客様に情報提供ができる付加価値の高い営業マンや会社にするには。

■特集:医療を支える自動認識
○二次元シンボルとRFタグによる病院の再生器具トレーサビリティシステム
/サクラシステムプランニング/工藤 正一
病院において感染管理の面から、再生器具に対して安全性が求められており、再生処理工程の履歴を残すことによって滅菌保証としている。再生処理履歴を作業の中で登録するRFタグ、二次元シンボル刻印を利用したトレーサビリティシステムを紹介する。

○医薬品の安全・安心のためのトレーサビリティシステム
/大阪大学/織田 朝美/シヤチハタ/牧野 智成
/nanoda/丸山 岳人/大阪大学/伊藤 庸一郎
医療現場での医薬品の偽造薬や患者の持参薬に関する課題は、流通の発展によってさらに複雑なものとなっている。本稿では、複製を防止するための個体差認証技術を紹介し、医薬品のトレーサビリティの問題を解決を図り、医療現場での与薬オペレーションを円滑にするシステムを提案する。

■Auto-ID Solution
○経営の視点からみたRFIDデータ活用
/ステップス・コンサルティング/及川 資朗
経営の立場から歓迎されるべき、RFIDの情報とは?トレーサビリティ情報のDB化は過去の情報を可視化する意味では重要である。しかしこれだけインターネットが普及し、ビッグデータと言われる巨大データの分析が可能となった今、変化に対応できるスピードと将来の傾向分析が必要となってくると思われる。本稿では、RFIDのもつ情物一致の特性を在庫〜将来の需要予測の領域まで踏み込み、活用のあり方についてまとめてみた。

■話題の追跡
○台湾上海医療情報システム化報告(下)/流通システム開発センター/黒澤 康
流通システム開発センターは、2012年2月に台湾と上海の医療業界の情報システム化動向について視察を行った。台湾の医療業界は、日本以上に保健行政の情報システムが高度化していた。統一国民保健番号による保健ICカードを国民が携帯し、患者別病歴や処方薬剤の全国データベースが構築されていた。病院では、GS1-128バーコードを始め、RFIDリストバンド、医療機器の所在確認のためにRFIDが利用されていた。本稿ではそれらについての詳細を報告する。

○金属埋め込み型小型RFタグとそれを可能にしたアタッチメントアンテナ
/アールエフ・テクノロジー/遠藤 貴則
従来、金属埋め込み型RFタグはφ8以上でオムロン社によって実用化されていた。これより直径の小さなRFタグはまだなかった。今回、オムロン社リーダライタ(形V680-CHUD)の先端に非接触で当社のアタッチメントアンテナ(R200-AT1-OM1A)を着けることにより、これと金属に埋め込んだ当社のφ3×5mmRFタグ(R200-AP3DM5A)との交信を可能にしたので、報告する。

■プロダクトA
○従来比2倍のスピード、解像度を実現した業務用フルカラーラベルプリンター
/キヤノンマーケティングシャパン/松本 晃
○雑音に強く高認識率の音声認識システム/レイトロン/宮 善行

■連載
○世界の自動車業界識別規格の動向 第1回
/日本自動認識システム協会/柴田 彰
○NFCで始める実践RFID 第1回/クレスコ・アイディー/大坂 泰弘
○エンジニアのための情報セキュリティ入門 第17回
/日立製作所/伯田 恵輔・内山 宏樹

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP