日工の技術雑誌

クリーンエネルギー 2012年9月号 PDF版
商品コード:
E1209

クリーンエネルギー 2012年9月号 PDF版

販売価格/
1,900 円(税込)
通常価格/
1,900 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
◆「クリーンエネルギー」20周年によせて
/(一社)建築設備綜合教会/石福 昭
◆コージェネレーション3000万kwの時代へ/東京工業大学/柏木孝夫

■特集:天然ガスの現状と展望
○都市ガスコージェネレーションの普及実績とエネルギー分野における貢献
/(一社)日本ガス協会/川北浩司
エネルギー政策の見直しの中、エネルギーミックスの選択肢の原案に、従来電源構成に含まれてなかったコージェネレーションが15%と示された。2030年の導入ポテンシャル3,000万kWへの動きや近々の停電対応など紹介する。

○都市ガス空調の普及実績と最新動向/(一社)日本ガス協会/若松壮樹
本稿では、最近の都市ガス空調システムの導入状況についてレポートするとともに、都市ガス空調システムの電力ピークカット効果や負荷平準化効果、省エネルギー・省CO2効果について最新動向を紹介する。

○天然ガス自動車普及の現状と展望/(一社)日本ガス協会/平瀬裕介
非在来型ガスの開発拡大を受けて自動車分野でも天然ガスの利用拡大が見込まれる。天然ガス自動車はこれまで「低公害車」として普及してきたが、今後は「エネルギーセキュリティ」と「温暖化ガス削減」が普及意義となる。普及拡大に向けて天然ガスの低炭素エネルギーとしての特性を活かすエンジンの高効率化が望まれる。

○家庭用燃料電池のこれまでの取組み、普及実績と今後の展望
/(一社)日本ガス協会/根田徳大
家庭用燃料電池は、2009年の世界初の市場投入後、累積台数は毎年倍増し2012年度に4万台へ。省エネ・CO2 削減に加え、節電にも大きく貢献し、停電時対応形も発売された。新たなエネルギーミックスを実現する住宅設備として、2030年に530万台の普及が見込まれ、海外展開も期待される。

○IEA「ガス黄金時代のための黄金ルール」の概要
/(一社)日本ガス協会/広野正純
本年5月、IEAは特別レポート「ガス黄金時代のための黄金ルール」を発表し、非在来型ガス生産の社会的・環境的影響を最小にする「黄金ルール」を提唱している。非在来型ガス生産の制約が克服された「黄金ルールケース」では、2035年のガス需要は石炭需要を上回ると試算されている。

○シェールガス、シェールオイル(タイトオイル)の現状と展望
/東京ガス(株)/兼子 弘
米国エネルギー省の2012年年次報告書による米国のシェールガス、シェールオイル(タイトオイル)の現状分析と2035年への展望を解説する。シェールガス革命の結果、米国は天然ガスの純輸出国に変貌し、タイトオイルとNGL増産により輸入石油を大幅に削減できる。

■テクニカルレポート
○固体高分子電解質膜形水電解式水素ガス発生装置/(株)GSユアサ/奥田晋三
本稿では、固体高分子電解質膜形水電解セルを大型化し、それを搭載した水素ガス発生装置を紹介する。

○使用済み紙おむつ燃料化システム/(株)スーパー・フェイズ/村田恭一
少子高齢化社会に欠かせない紙おむつは、使用後はゴミとして焼却するしかないと信じられ、その潜在的社会コストは見逃されてきた。これを優良な燃料として資源循環する現実的なシステムが開発されたので、社会体制と意識の改革によって広く普及させなければならない。

○燃焼ガス用複合電磁弁/CKD(株)/石原哲哉
JIS B 8415 やJIS B 8407-1に要求されるガスバーナラインでの二重遮断に対応するため、1台で二重遮断を実現する、ガス用複合電磁弁「GHVシリーズ」を商品化した。

○制御機器一体型高速回転汎用インラインポンプ/(株)荏原製作所/黒岩 聡
本稿では、「環境配慮型」をキーワードにポンプの大幅な効率改善に加え、PM電動機の採用、速度制御の各要素において効率改善を図り、従来機種と比較して、大幅な消費電力の削減を実現したインラインポンプSSLD型の紹介をする。

○ファシリティとクラウドを繋ぐゲートウェイ「Energy Analayzer」
/三井情報(株)/小林 章・久利生大輔・渡辺昭次
省エネを支援するために、ファシリティの状態とエネルギー利用状況をクラウドで管理するゲートウェイを紹介する。

○集合住宅における「創エネリノベーション」実証試験
/JX日鉱日石エネルギー(株)/名古屋明
燃料電池、太陽光発電、および蓄電池等からなる創エネシステムの設置とリノベーション工事を同時に行う「創エネリノベーション」実証試験を当社社宅で開始。今後3年間、居住実証試験を行い、既築集合住宅市場参入に必要な知見を獲得する。

■連載
○世界の主な国際パイプライン 第6回
南東欧・西欧の天然ガスパイプライン/慶應義塾大学/吉武惇二
南東欧・西欧の国際天然ガスパイプライン6件を取り上げ、供給源の多様化、供給の安定化、パイプラインの経済性など、様々な要素を記述する。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP