日工の技術雑誌

建設機械 2012年9月号 PDF版
商品コード:
C1209

建設機械 2012年9月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
通常価格/
2,000 円(税込)
■特集:のり面・傾斜面で使用される工法と製品の技術1
○斜面崩壊による労働災害防止対策の新たな方向について
/(独)労働安全衛生総合研究所/豊澤康男
斜面工事では、施工途上で新たな地盤リスクが判明することがあるため、発注者・設計者・施工者などで情報の共有化を図り、施工途上においてリスク低減策を適切に講じる必要がある。リスク低減策として、建設機械を活用した工事の安全化は今後益々重要となる。

○のり面保護工の概要と最近の工法について
/(社)全国特定法面保護協会/相川淑紀
のり面や自然斜面などの侵食や崩壊防止対策工として一般に用いられるのり面保護工の工種、適用目的の概要説明。また、最近、施工事例が増えつつある緑化工と長距離・高揚程モルタル吹付工の概要について紹介する。

○急傾斜地における大型モノレールによる運搬技術
/内田産業(株)/内田淳也
当社大型モノレールにより、急傾斜地・不整地での運搬の合理化と安全性を向上。また4つの特別台車により現場での使用時における安全性と作業性をさらに向上。今後もユーザーと共に運搬の合理化と安全性向上を追求した製品を開発していきたい。

○のり面・傾斜面向け穿孔機械/(株)エムズ/青木勝利
近年の震災等により甚大な被害が報告されており、被害を防ぐためにも防災及び生活環境の整備は急務である。これらの整備は限られた空間で行われるため、小型軽量・省馬力・高出力の機械を用いる必要がある。本稿ではこれらの整備に対応した当社製品について紹介する。

○STマイクロパイル工法による斜面対策工
/(株)ケー・エフ・シー/渡邊直人・奥野稔
ST マイクロパイル工法とは、限られた施工空間、厳しい環境条件下での施工を対象とした小口径の杭工法であり、この斜杭と直杭を千鳥配列に打設し、杭頭を連結した組杭抑止杭工法が開発されている。ここでは、その工法概要、設計および施工事例について紹介する。

○軽量型ボーリングマシンによる斜面対策/東邦地下工機(株)/森与志信
のり面・斜面対策工法専用機として開発した小型軽量機を紹介する。全エア駆動式ボーリングマシン、自穿孔式ロックボルト削孔機、排水パイプ打込み機の3種で高所・狭所・景観保全など厳しい施工条件の下で機動性に優れ、効率的な施工を可能としている。

○法面・傾斜面を支えるせん孔機械
/ヤマモトロックマシン(株)/阿部正男
技術の発達が頓にみられる昨今であるが、のり面、傾斜面は山質、岩、礫、粘土、土質等々種々の条件が重なり苛酷である。のり面せん孔機械は各社各工法の中で育まれているが本稿では基本せん孔機仕様を開示し創作のための参考に供する。

■技術資料
○大災害に立ち向かうロボットと開発の在り方
/(株)インロッド・ネット/久武経夫・中里邦子
福島原発事故現場で活躍したロボット等の紹介と開発経緯の検証を通じて先端機械やロボット研究のあり方を提言する。

○小規模建築物の液状化対策の設計/(株)地層科学研究所/磯部有作
近年多発している地震による液状化被害が多く報告されている。特に戸建住宅の分野において、液状化の検討や対策については詳細な設計が確立されていない。本稿では有限要素法による有効応力動的解析を用いた液状化対策の計算例と効果を紹介する。

○アスファルトプラントの二酸化炭素排出量削減技術/日工(株)/蓬莱秀人
アスファルトプラントは、建設機械の中で最も二酸化炭素の排出量が多い装置である。本稿では新たに開発したアスファルトプラントの省エネ技術であるドライヤ回転数制御とEGR 燃焼システムの特徴について述べている。

■製品紹介
○ハイブリッドロータリ除雪車の開発/(株)日本除雪機製作所/林千尋
近年、建設機械においてもハイブリッド仕様の開発が行われているが、比較的稼働台数の少ない道路用ロータリ除雪車に関しては、開発は行われていなかった。開発した車両では、エンジンの小型化と高効率領域での運転、さらに回生エネルギーの回収やアイドリングストップによって大幅な燃費向上を実現した。

○FBG光ファイバセンサを用いた高精度2次元変位計の紹介
/飛島建設(株)/田村琢之
軌道の沈下・移動やトンネルのはらみ出し・沈下、橋梁のたわみなどの構造物の変状について、上下・水平方向の二次元の変位を1.0mm 未満の誤差で監視・モニタリングする、FBG光ファイバセンサを用いた高精度二次元変位計の概要、特長および適用例を紹介する。

■Maker File
○建機メーカーに提案する旋回用油圧モータ/イートン(株)/古西隆
ミニショベル旋回用油圧モータとして専用設計を行ったオービットのモデルチェンジを行いオービットモータの各シリーズがカバーする車両重量を明確にした。モデルチェンジにおいては、小型化に重点をおいた。本稿では、旋回用油圧モータの新シリーズを紹介する。

■業界情報
○2011年12月度 建設機械出荷金額統計/(社)日本建設機械工業会

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP