日工の技術雑誌

光アライアンス 2012年8月号 PDF版
商品コード:
Oa1208

光アライアンス 2012年8月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
通常価格/
2,000 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:光波コヒーレンス断層撮像法の潮流
(ステート・オブ・ザ・アーツ)
○光コヒーレンストモグラフィーの歴史とトレンド
/筑波大学/安野嘉晃
光コヒーレンストモグラフィの歴史とトレンドについて述べる。

○偏光OCTの展開/筑波大学/山成正宏
偏光OCTは生体の繊維状組織に由来する複屈折分布を三次元的に計測できる技術である。本稿では偏光OCTの方式と実装について述べ、それぞれの方式の得失について解説するとともに、その生体計測への応用についても触れる。

○ドップラー光コヒーレンストモグラフィー/筑波大学/安野嘉晃
ドップラー光コヒーレンストモグラフィについて述べる。

○超高分解能OCT/名古屋大学/西澤展典彦・石田周太郎
本稿では、広帯域なスーパーコンティニューム光による、超高分解能OCTイメージングの成果を紹介する。分解能2mmでの人眼眼底や肺組織、タンパク質結晶などの超高分解能なイメージングや、5波長のシステムを用いた波長依存性の評価結果を紹介する。

○位相変調型OCTと精神性発汗の動態観察/大阪大学/近江雅人
OCTにおいて時系列にイメージデータを取得する方式をタイムドメインOCT(TD-OCT)と呼ぶ。我々はPZT光ファイバ位相変調器によるTD-OCTを試作し、これを用いて一定のフレーム間隔でOCTを取得するダイナミックOCTを考案した。本手法により、精神性発汗の動態観察をミクロに観察することができた。

○可視域LEDを用いた分光OCT/東京農工大学/岩井俊昭/花王(株)/次田哲也
光干渉トモグラフィ計測において、吸収に起因する分光情報の抽出が可能となれば、新しい生検法を提案できる。本稿では、可視域LEDを用いた分光干渉トモグラフィを開発し、染色ヤギ毛の染料(染まり)分布を計測した結果を示し、その可能性を概説する。

○神経科学へのワイドフィールドOCT応用
/山形大学/佐藤学/東京農工大学/西舘泉
神経科学分野へのワイドフィールドOCTの応用として、脳
組織活性モニターへの基礎検討について述べた。in vivo のラット脳を用いて、心停止前にOCT信号が増大すること、ラット脳の組織温度とOCT信号強度は負の相関があることを示され、OCT応用の可能性が高まった。

■製品特集:光パワーメータ 〜明日への飛躍に向けて〜
○レーザパワーメータの新たな展開/(株)オフィールジャパン/石井勝巳
ファイバ・ディスク・LDといった産業用レーザの高出力化(10kW超)は目まぐるしく進んでいる。これに伴い高出力での測定も求められている。より高速な応答速度で大口径を実現したアクシャルサーモパイルでの高出力測定(35kW)を紹介する。

○産業界に貢献するLaserPoint社製品/FITリーディンテックス(株)/山本努
10年以上にわたってOEMベースでパワーセンサ、エネルギーセンサを世界の数々の代表的なレーザ製造会社に提供し続けてきたLaserPoint社の製品について紹介する。

○紫外光源用光パワーメータ/浜松ホトニクス(株)/斉藤久彰
産業、科学分野で紫外線利用が広がる中で、紫外線の光量管理を行うことは非常に重要である。各方面で高い評価を頂いている紫外の広波長域でフラットな応答度を持つ紫外線積算光量計の新製品C10427/H10428を紹介する。

○生産現場に適した日置電機の光パワー測定器/日置電機(株)/成沢二三男
当社はレーザパワー測定用ツールとして光パワーメータ3664を発売し、近年では高輝度白色LEDの生産において高速・高精度でLEDを検査するLED光測定器TM6101を商品化した。今回は生産現場に適したこれらの光測定器についてその特長を紹介する。

■解説
○次世代原子時計/(独)産業技術総合研究所/洪鋒雷
近年、原子の光遷移に基づく次世代原子時計の研究が非常に盛んで、すでにマイクロ波原子時計の性能を凌ぐ光原子時計が開発されている。ここでは、秒の定義の変遷を振り返りながら、国際度量衡委員会からのメッセージを紹介し、今後の展望について述べる。

○エイズの原因物質を光で狙い撃ち/慶應義塾大学/谷本周穂・高橋大介・戸嶋一敦
エイズはヒト免疫不全ウイルス(HIV)によって引き起こされる免疫不全である。本稿では、HIVの増殖に必須のタンパクであるHIV-1プロテアーゼを特定波長の光照射により分解し、その活性を阻害する光感受性分子標的薬の開発基礎研究について紹介する。

■製品紹介
○非接触微細三次元形状の計測技術/(株)ミツトヨ/浅野秀光
■研究室紹介
○東京農工大学大学院 先端電気電子部門 黒川研究室
/東京農工大学大学院/黒川隆志

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP