日工の技術雑誌

機械と工具 2012年7月号 PDF版
商品コード:
I1207

機械と工具 2012年7月号 PDF版

販売価格/
1,500 円(税込)
通常価格/
1,500 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:航空機部品加工の最新技術
○総論/航空機産業と、求められる加工技術分野
/ブイ・アール・テクノセンター/川合勝義
たとえばボーイング社によれば、2015年までに航空機の製造が40%増になるとしている。同様な増産はエアバスでも計画されており、1年間200機程度の生産増になることは確実と見られている。航空機部品加工は、ビジネスとして大きな将来性を期待できる分野である。

○大物航空機部品の加工技術/新日本工機/守谷拓也
航空機の機体構造材料の変化により、必要とされる工作機械の能力も変化している。特に、CFRPと相性の良いチタン合金の加工が求められている。ここでは、難削材であるチタン合金加工のための工作機械の特徴および加工事例を紹介する。

○難削材の高能率加工事例/三井精機工業/下村栄司
航空機部品においては、チタン合金も素材からの切屑除去率が高く、そのため高能率に加工できる工作機械が求められている。ここでは、一般的な高トルク主軸の3倍のトルクを発生するマシニングセンタを紹介し、それによる加工事例、航空機メーカーへの具体的な納入事例を紹介する。

○CHIRON マルチプロファイルシステム(MPS)による航空機部品の高効率生産
/シーケービー/早坂勝博
航空機の座席固定用シートレールは押し出しプロファイル材が使用されるが、長尺ワークの加工になる。ここでは、ドイツのシロン社による、長尺な押し出しプロファイル材をマシニングセンタで効率的に加工できるシステムを紹介する。

○ターボ機械部品加工専用CAMの最新技術/第一システムエンジニアリング/三谷長定
ターボ機械部品専用のCAMソフトを取り上げ、その特徴、優位点を、加工事例を交えながら紹介する。

○航空機産業における3次元測定の活用/ファロージャパン/飯田剛弘
大型部品や広範囲の測定に対して、従来からの測定方法では対応できないケースがある。それらのニーズに応えるものとして、アーム型3次元測定器、レーザトラッカーなどの非接触式3次元測定器がある。ここでは航空機部品を例にその使用状況を紹介する。

○航空機部品加工用切削工具に求められる機能と特長/三菱マテリアル/伊藤正昭
航空機の機体やエンジンに使用されるチタン合金、超耐熱合金、CFRPなどは、被削性が悪いことで知られる。ここでは、それら各種航空機部品材料の切削加工について、その特徴、適した工具、さまざまな加工方法などを紹介する。

○航空機業界と超高圧域クーラント/トクピ製作所/関本昌利
航空機部品に多用される難削材の加工では、超高圧クーラントの活用が有効である。すでに欧米の切削工具メーカーでは、超高圧クーラントを活用した加工法を紹介している。日本国内においては、7MPa以内が一般的なため、十分な普及には至っていないが、今後に期待される。

■レポート
○企業レポート
●森精機製作所が、伊賀事業所に「ベッド・コラム精密加工工場」を新設/編集部
●東芝機械グループが、第10回目となる「ソリューションフェア2012」を開催/編集部

■解説
○提言:効果的なTC及びMCの利用を目指してその5
インプロセスセンサーは現場で本当に使える技術か
/東京工業大学名誉教授/伊東 誼
インプロセスセンサーが何の問題もなく加工空間で働いてくれれば得るところは大きい。ここでは、過去のインプロセスセンサー活用の事例を分析しながら、本当に加工空間で使えるのかを検証する。

○新技術:品質評価シート・寸法検査シート作成ソフト「InspectionXpert」の機能と使い方
/ランド・テクノロジーズ・ジャパン/松浦左津志
製品の品質保証のためには、検査工程があり、測定結果を示す帳票が必要となる。ここで紹介するシステムは、CADにアドオンして、簡単、迅速に、必要とする帳票を作成できるものである。

○情報:日本工作機械工業会が、「工作機械産業ビジョン2020」を作成/ 編集部
■連載
○海外技術動向「上手に提携して成功を目指そう」
/Jim Lorincz/翻訳協力:上智大学SLO
○PPP(Productive Process Pyramid)による品質管理、生産性の向上 第6回
 生産性プロセスピラミッド(PPP)の適用事例-芯出し、段取り測定
/レニショー/佐藤清志
○加工の現場から 「後藤精工」/ 滝沢満
○テクニカルエッセイ「研究とヒラメキ 14」/日本工業大学/鈴木清
○ITツールインタビュー「ジーズ・フィールド 山本 治 氏にきく」/寺崎武彦
○生産加工技術Q&A/横山哲男

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP