住まいとでんき 2021年1月号

住まいとでんき 2021年1月号
商品コード:
D2101

住まいとでんき 2021年1月号

販売価格/
1,518 円(税込)
通常価格/
1,518 円(税込)
■特集:住まいの防災・防犯
○マンション住民が災害時に自ら動くために
〜三菱地所グループの防災倶楽部〜
/三菱地所レジデンス/熊谷 彰宏/澤野 由佳
三菱地所レジデンスでは社員有志によるボランティア組織「三菱地所グループの防災倶楽部」立ち上げ、防災意識の向上や訓練の進化・深化を目的にマンション管理組合が主催する防災訓練をサポートしている。被災生活まで想定した実践的な防災訓練、街に広がるエリア防災等のその取り組みを紹介する。

○変化する水害被害の様相と今後の展望
〜自己責任と自助努力〜
/常葉大学大学院/重川 希志依
社会の変化と生活様式の急激な近代化が進み、それに伴い私たちの災害に対する意識が大きく変容し、「水害」の質も大きく様変わりしつつある。時代とともに変化してきた水害被害と、私たち一人ひとりが主体となって取り組む対策のあり方について紹介する。

○尾山台団地の「地区防災計画」
〜団地の住民たちが自らつくった防災計画とは〜
/都市再生機構/樋川 翔吾
尾山台団地は埼玉県上尾市東部に位置する団地である。尾山台団地では40年以上継続して防災の取り組みが行われてきたが、防災に関する様々な課題に直面したことから、『自治会及び自主防災会は在宅避難』を前提とした地区防災計画の策定を目指すこととなった。

○鉄筋コンクリート住宅「パルコン」
商品の概要及びその特徴について
/大成建設ハウジング/渡辺 和之
鉄筋コンクリート住宅「パルコン」について紹介する。その具体的な内容・特長・利点・意義に加えて、パルコンが可能とする防災・減災プランニングなどについて、写真・図を交えてわかりやすく説明する。

○もっとクリアに、もっとリアルに、もっとスマートな高画質監視へ
先進の高画質テクノロジーが、監視カメラの流れを変える。
三菱電機ネットワークカメラ・システム MELOOK3(メルックスリー)
/三菱電機/横尾 剛
監視カメラ業界をリードしてきた三菱電機の最新シリーズ“MELOOK3”は、急速に高度化し拡大する映像監視ニーズに、先進の高画質テクノロジーで応えている。クリア・リアル・スマートな高画質監視により社会の安心・安全に貢献する。

○最新住宅向けセンサーカメラ・ワイヤレスカメラ紹介
/パナソニック/古庄 直幸
最新住宅向けセンサーカメラ・ワイヤレスカメラ紹介設備用のカメラは、一昔前までは銀行や空港などの高いセキュリティーが必要な場所についているものだった。近年では、住宅にカメラ付きテレビドアホンが普及し、一般家庭にもカメラが付くのが当たり前となった。そのような環境において、最新のパナソニック住宅向けセンサーカメラ、ワイヤレスカメラの進化について紹介する。

○リアルタイム浸水予測システム
/国土交通省国土技術政策総合研究所/板垣 修/小峰 正
水害が頻発する中、河川・下水道施設の設計規模を超える豪雨時の被害防止対策が重要である。止水板等の設置による被害防止対策は設置等に必要な時間の確保が課題である。40〜50分前に浸水を予測するシステムによる被害防止対策について紹介する。

■トピックス
○ECHONET Lite「レンジフードクラス」搭載製品発売
/富士工業/梁取 崇/山田 香穂理
FUJIOHは、ECHONETLite規格の中で新たに制定されたレンジフードの機器オブジェクトを搭載した「SERL-ECE」シリーズを発売。遠隔操作に加え、熱ごもりの解消やセンサー連携などのユーザーメリットを持つレンジフードを紹介する。

○Ecogenie+
エネルギーに関わるすべての企業のビジネス推進を支援 IoEプラットフォーム
/Next Drive
NextDriveは、IoEプラットフォーム製品群「Ecogenie+(エコジーニープラス)」の販売を開始する。「Ecogenie+」はスマートフォン用アプリの「Ecogenie+」、グッドデザイン賞を受賞したIoEゲートウェイ「Cube」または「Atto」、クラウドベースの管理システム「IoESuite」の組み合わせからなるIoEプラットフォームである。

○スマートパワーステーションFR GREENMODEL
/積水化学工業
積水化学工業株式会社住宅カンパニーは、『スマートパワーステーションFR GREENMODEL』をで発売した。GREENMODELは、平均的な延べ床面積において通常の約2倍となる大容量PVと、大容量蓄電池(e-Pocket)を兼ね備えた、エネルギー自給自足型住宅の最新モデルである。

■連載
○暮らしに生きるこだわりの生活家電-昭和・技術ノート-第47回
ヘアードライヤー
/生活家電研究家/大西 正幸
1989(平成元)年ころの調査によると、ヘアードライヤーの使用頻度は、「毎日使う人:35%、1週間に3回以上使う人:58%」と、半数以上を占めた。ドライヤーを選ぶときのポイントは「風量」と、「価格」を重視する人が多い。困っていることは、「髪が傷む」、「コードがじゃま」などであった。

○常識?非常識?暮らしのなんでも研究室
なんか変えようと思った時に重要なこと!(第2回)
/わらっく/室 龍二
前回の連載で、ちょっとした小物購入から模様替え、大規模リフォーム、新築まで、なんか変えたいなと思っている方にあらかじめぜひ知っておいてもらいたいポイントを4つご紹介しました。今回もその続きで残り4つをご紹介します。

○社会包摂とデザイン 第2回
性への社会包摂
/九州大学/尾方 義人
社会包摂のなかでも最も重視されていることの一つに“性の多様性”があります。LGBT(+α)という言葉は多くのところで耳にするようになってきたかと思います。LGBTは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとった単語です。その後に、s、S、Qなどをつけることも多いです。今回はセクシャルマイノリティについてお話しします。

○子育て真っ最中!団塊Jr.の住まい考169
灰青色の夜
/藤原 千秋
初秋に入り、半年ぶりの都内、8ヵ月ぶりの新幹線で関西に仕事で赴いた筆者。逃げるように隠れるように移動しながら確たる季節の移ろいを感じる。移ろうのは身体のほうも同じ。鍼灸の体験を通じ、生と生活を振り返る小文。

■表紙イラスト:青山 めい(愛知県立芸術大学美術学部 デザイン・工芸科デザイン専攻)
作品名:「朝のさんぽ」
私は冬の晴れている朝が大好きです。ひんやりとしたイメージが伝わるような色合いにしました。2021年が皆様にとって良い一年になりますように。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP