日工の技術雑誌

検査技術 2018年5月号
商品コード:
P1805

検査技術 2018年5月号

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■解説
○鉄道構造物のメンテナンスに役立っている技術
/ジェイアール総研エンジニアリング/獅子目修一・舟川 勲・鳥取誠一
鉄道構造物のメンテナンスに役立っている技術として、衝撃振動試験やUドップラーを活用した非破壊検査技術、塩害やアルカリシリカ反応を生じたコンクリート構造物の分析技術を紹介する。

○一様渦電流マルチプローブによる自然き裂および湾曲形状部位の探傷とき裂形状の推定
/滋賀県立大学/福岡克弘
自然き裂の複雑な分布形状を把握するのに有利な一様渦電流プローブに着目し、き裂に対して2方向に一様な渦電流を流した探傷結果から、複雑に分布したSCC形状の推定を試みた。さらに、一様渦電流プローブをマルチ化し、湾曲形状部における探傷に関して検討した結果を紹介する。

■技術トピックス:ロボット
○橋梁の自動点検を可能にする自走式ロボットカメラの開発
/三井住友建設/藤原保久・梅津健司・玉置一清
自動首振りしながら連続撮影し、かつ高欄上を自動移動し、橋梁上部構造の側面・下面全域を隈なく撮影する点検ロボットカメラを開発した。本稿では、その機器の概要、特長を述べ、実橋にて実施した実証試験結果について紹介する。

○ロボット技術を活用した目視検査技術の紹介
/ウィズソル/永田博幸
屋外貯蔵タンクの側板に発生する外面腐食を、自動走行可能なロボットで点検し、高所作業におけるリスクの低減と検査の効率化を図る。本稿では、ロボット技術の概要とフィールド適用事例を紹介する。

■シリーズ
○検査に貢献するロボット技術
コロージョンマッピングと溶接検査
/GEセンシング&インスペクション・テクノロジーズ/松井 暁
人間がアクセスしにくい場所を自走して検査し、広範囲のデータを採取、複数のセンサの搭載が可能で、効率的な配管内の腐食マッピングや自動溶接部検査が可能な、当社が誇る最新鋭の超音波探傷ロボットを紹介する。

■連載
○音波のよもやま話24
接触媒質について
/アイ・エス・エル/宇田川義夫/電子科学研究所/小堀 修身/東北大学/三原 毅
非破壊検査に使う接触媒質の種類用法と、その膜厚さと感度変化を紹介する。

■検査機器
○高速回転試験装置
/丸和電機/柴﨑康司
ターボ機械や電気自動車に代表する高速で回転する部品の高速化が進んできている中で、その構造強度や材料の開発・改善に伴う各種遠心強度にかかわる信頼性や性能を評価できる試験装置について紹介する。

■特集:残留応力の計測による評価と検査
○圧力設備における溶接残留応力と対策
/日揮/佐藤拓哉
圧力設備の破壊の多くは溶接部で発生しており、溶接部は溶接構造物のアキレス腱とも言える。溶接部は、部分的な材料特性の変化、いろいろなタイプの不連続部、溶接残留応力などの問題を抱えている。本稿では、溶接残留応力の発生メカニズム及びその対策としての溶接後熱処理(PWHT)について紹介する。また、溶接部の問題と検査との関連を考察する。

○X線・放射光・中性子による鉄道レールの残留応力測定
/金沢大学/佐々木敏彦
鉄道レールの残留応力状態をX線、中性子、放射光で測定する技術について最近の動向を紹介する。また、二次元検出器を用いて高速、高精度、かつ、実路線でも使用可能な新X線技術についても簡単に触れる。

○X線応力測定における応力定数の測定
/新潟県工業技術総合研究所/斎藤雄治
ステンレス鋼や耐熱合金等のX線応力測定に用いる応力定数について、実験的に求めた事例を紹介する。

○シミュレーションによる溶接部残留応力の制御
/日本イーエスアイ/伊藤彰宏
溶接部残留応力の予測方法として有限要素法によるシミュレーション活用について、基礎的モデルによる検証結果と実製品適用事例を通してその有用性および事前予測からその制御に活かす方法について紹介する。

○ポータブル検査機による残留応力計測
/エフティーエス
Metal Magnetic Memory Method(金属磁気記憶法。以下、MMM法)は、従来の非破壊検査方法では検出が難しいとされていた残留応力(応力集中部)をポータブル検査機で簡単に検出することが可能な手法である。本稿では、原理、特長、用途などについて紹介する。

■製品ガイド
○厚さ計・膜厚計

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP