日工の技術雑誌

建築設備と配管工事 2008年5月号 PDF版
商品コード:

建築設備と配管工事 2008年5月号 PDF版

販売価格/
2,000 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:緊急地震速報への建築設備の対応 1
○緊急地震速報を有効に活用するために/気象庁/斉藤 誠

平成19年10月1日から一般への提供を開始した緊急地震速報について、速報を地震被害軽減に有効に利用していただくため、理解しておくべき速報の原理、技術的限界、利用に当たって留意事項、及び運用開始に向けた気象庁の取り組みなどを紹介する。

○緊急地震速報の建築中ビルへの適用/戸田建設/金子 治・保井美敏/伊藤忠テクノソリューションズ/大野武士

建設中の全国の作業所に緊急地震速報を配信するために開発された「ユレキテル」システムの概要と実際の現場への適用例および適用にあたっての課題を示した。さらに、新潟県中越沖地震におけるシステムの稼動状況について紹介した。

○非構造部材と設備機器の地震対策/大成建設/関山雄介・天野明夫

企業経営を脅かすような大地震が発生しても、重要業務を停止させる事なく継続するための経営手法である事業継続計画(BCP)はその策定の必要性が年々増加している。本稿では、特定した重要業務に対する地震リスク評価方法とその減災対策の進め方について述べる。

○緊急地震速報の限界の打破/リアルタイム地震情報利用協議会/藤縄幸雄

認知度と普及、および効能の向上を目指す観点から、いわゆる緊急地震速報の限界(誤報、余裕時間、精度)を改善するための方法について、私見を述べる。基本的には、地震観測網の整備・拡充につきるが、その際の民間の活力をひきだすための仕組みについての提案を行う。

○地震時エレベーター自動診断・復旧システム/三菱電機ビルテクノサービス/西山秀樹

エレベーターの自動診断技術を応用し、地震発生時に管制運転にて運転休止したエレベーターを自動的に診断し、異常が無ければ自動的に通常運転に復旧するシステムを紹介する。

○緊急地震速報活用の地震情報防災システム/明星電気/練木道夫

緊急地震情報を確実に有効活用する為には、システム構築の際に、高い信頼性や制御対象機器の特性に十分配慮したシステム設計及び日常的な訓練が重要な要素である。高度利用者向け緊急地震速報を受信し、端末で推定震度や主要動到達時間を計算する地震情報防災システムの特徴や応用事例について述べる。

○緊急地震速報配信・減災システム/インフォテック/角田 勉

高度利用の緊急地震速報システム、及びその配信媒体について、またデジタルサイネージとの連携事例、信号灯利用事例・PLC(電量線通信)利用事例について紹介し、現在・今後の課題もあわせて提議する。


■最新技術情報
○ビル空調用 高性能インバータマルチエアコン/三菱重工業/大林一水
○地球温暖化防止・CO2削減に貢献するガスヒートポンプエアコン/ヤンマーエネルギーシステム/三澤 誠
○高性能 差圧補正型比例温度・流量制御弁/日本フローコントロールズ/小林二三雄
○貯水機能を備えた給水ヘッダー 2/クボタシーアイ/日置真人

■解説
○建設施工時の設計変更に対する熱流体ソフトの活用例/熊谷組/鈴木宏和

パソコンの高性能化による熱流体解析は、非常に短時間で結果が得られるようになった。これにより、施工時に行なわれる設計変更に対して、施工現場にパソコンを持込み、現場での検証が可能となった。本報は、現場にて実施した熱流体ソフト用いた設計変更への対応例を紹介する。

○消防活動支援用加圧防煙システム/フジタ/山田 茂

排煙設備の設置が消防法でも規定されることになることになる大規模物販店舗において、避難安全性能に加え消防活動支援性能も十分に確保した加圧防排煙システムを導入、避難安全性能については国土交通大臣、消防設備に関しては総務大臣の認定を取得して建設した事例を紹介する。

〔省エネルギー〕
○建築熱源システムのCO2削減25%を進める技術提案/三菱地所設計/田中良彦

COP3のCO2削減に対する約束年が、2008年よりスタートする。建築設備の熱源システムとして比較的多く採用されているガス焚冷温水発生機システムについて、具体的にCO2を削減する方法を提案する。

○水和物スラリ蓄熱空調システムの導入/JFEエンジニアリング/杉山正行・小木洋一郎

全国で三番目の規模を誇る川崎地下街アゼリアに、水和物の潜熱を利用した「水和物スラリ蓄熱空調システム」を始めとする省エネルギーシステムを導入中であり、その概要と期待される効果について述べる。


■免震・制振・耐震
○二重床収納型制振装置/竹中工務店/井上竜太

近年、建物の竣工後に、床で発生する振動が問題となる事例が増加している。本稿は、従来の制振装置とその課題について述べるとともに、短工期かつ省スペースでこの振動問題を解決できる「二重床収納型制振装置」の概要と適用事例について述べるものである。


■連載
○建築設備用一般バルブの不具合事例とメーカー注意書き 選定編(後編)/東洋バルヴ/小岩井隆

建築設備汎用弁に関してメーカー発行の資料に記載した選定・取扱い上の注意事項を具体的な不具合事例に基づいて解説した報文。日本バルブ工業会発行のバルブ技報通卷第59号報文より転載。選定編・施工編を4回で掲載。


■シリーズ
○建築設備に関する水の基礎知識1
  水の性質/森村設計/前島 健
○女性の視点からのトイレ
  [座談会]T38を作った女性たち/編集部

■Le petit pouce:ペットと暮らす
○スナネズミ/畑建築デザイン/畑由起子

■News & Products

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP