過去のセミナー一覧

※ブラウザを閉じてお戻り下さい。

本流量校正設備の最新動向

日工セミナー2017(4月28日 開催)
◆◇本流量校正設備の最新動向◇◆

 プロセス流量を計測制御するための工業用流量計は、製造メーカーおよび校正機関が保有している流量設備を使用して校正されます。流量校正設備の最新動向に関する講習会の2回目として、引取校正および現地校正のしくみ、各種流体の校正設備、およびトレーサビリティ等の最新状況を紹介いたします。

開催日 2017年4月28日(金)10:00~16:00
会場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
大阪会場 リファレンス大阪駅前第4ビル(大阪市北区梅田1丁目11-4-23F)
参加費 37,800円 税込(テキスト含む)※3名以上ご参加の場合お一人様32,400円
  ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「最新の計測制御機器2017」(月刊「計測技術」2017年1月増刊号)2,160円税込
    関連書籍(2)「渦流量計の創造」1,620円税込
定員 東京会場30名 大阪会場15名
主催 日本工業出版(株) 月刊「計測技術」・月刊「配管技術」

プラント配管設計の基礎(二相流)

日工セミナー2017(4月26日 開催)
◆◇プラント配管設計の基礎(二相流)◇◆

プラント配管には様々な流体が流れており、配管に及ぼす影響を考慮した設計が求められます。本セミナーでは、各種現象の本質を理解していただくことを主眼としており、中でも、トラブルの原因にもなりやすい気液二相流の設計について詳細に解説いたします。配管設計に携わる皆様のご参加をお待ちしております。

開催日 2017年4月26日(水)13:00~17:00
会場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
大阪会場 リファレンス大阪駅前第4ビル(大阪市北区梅田1丁目11-4 23F)
参加費 32,400円 税込(テキスト含む)※3名以上ご参加の場合お一人様27,000円
  ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「装置まわり配管設計2016」2,700円税込(月刊「配管技術」2016年2月増刊号)
    関連書籍(2)「ポンプのキャビテーション損傷の予測と評価」4,320円税込
定員 東京会場30名 大阪会場15名
主催 日本工業出版(株) 月刊「配管技術」・月刊「計測技術」

配管材料基礎講座 -付随する機材の選び方・使い方-

日工セミナー2017(4月21日 開催)
◆◇配管材料基礎講座 -付随する機材の選び方・使い方-◇◆

本講義は配管に付随する機材として配管を計画する上で欠かせない構成要素でもある、「シール材、スチームトラップ、ストレーナーとサイトグラス、保温保冷材、伸縮管継手、フレームアレスタ」といった配管に付随する機材を取り上げ、その用途、機能、選定方法、設計及び運用時のトラブル事例を中心でそれぞれメーカの技術者よりご解説いたします。

開催日 2017年4月21日(金)10:00~17:30
会場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
大阪会場 リファレンス大阪駅前第4ビル(大阪市北区梅田1丁目11-4 23F)
参加費 37,800円 税込(テキスト含む)※3名以上ご参加の場合お一人様32,400円
  ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「装置まわり配管設計2016」(月刊「配管技術」2016年2月増刊号)2,700円税込
    関連書籍(2)「配管技術者のためのエンジニアリングガイド」(月刊「配管技術」2016年9月増刊号」)2,700円税込
定員 東京会場30名 大阪会場15名
主催 日本工業出版(株) 月刊「配管技術」

建築用空調設備配管設計の基礎

日工セミナー2017(4月20日 開催)
◆◇建築用空調設備配管設計の基礎◇◆
(配管回路と圧力線図の描き方と並列運転ポンプの運転解析手順)

建築用空調設備の水配管の計画には系内圧力の検討が必要であり、その系内圧力を表現するには圧力線図が適しています。本講義では配管回路からみた配管回路の特徴と設計上の留意点を解説し、多くの実例を元に圧力線図の描き方を初歩的なところから解説します。
また、最近の高度化した設備の運転状況を想定した上で、並列運転ポンプの運転状況を解析する手順を解説します。この手順による省エネ性の比較も行います。

開催日 2017年4月20日(木)13:00~17:00
会場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
大阪会場 リファレンス大阪駅前第4ビル(大阪市北区梅田1丁目11-4 23F)
参加費 32,400円 税込(テキスト含む) ※3名以上ご参加の場合お一人様27,000円
  ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「建築設備 配管工事読本」3,240円税込
    関連書籍(2)「空調衛生設備 試運転調整業務の実務知識」3,240円税込
定員 東京会場30名 大阪会場15名
主催 日本工業出版(株) 月刊「建築設備と配管工事」・月刊「クリーンテクノロジー」

蒸気タービン中級編(構造要素技術と運用・保守技術)

日工セミナー2017(3月30日 開催)
◆◇蒸気タービン中級編(構造要素技術と運用・保守技術)◇◆

 太陽光、風力発電等の再生可能エネルギーの拡大に伴い、火力発電プラントにはこれらの供給電源の変動を吸収する過酷な運用が要求されています。本講座では再生可能エネルギーの拡大が蒸気タービンに及ぼす影響について事業用大型蒸気タービンを対象として構造要素、運用、保守技術の視点から概説します。また、産業分野でも再生可能エネルギーの拡大を意図した固定価格買取制度の導入以降、バイオマス燃料の利用、熱エネルギーの効率利用が行われておりこれらの動向、産業用蒸気タービンの多目的利用技術についても概説します。

開催日 2017年3月30日(木)13:00~17:00
会 場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
    大阪会場 リファレンス大阪駅前第4ビル(大阪市北区梅田1丁目11-4-23F)
参加費 32,400円 税込(講演テキスト含む)※3名以上ご参加の場合お一人様27,000円
※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「蒸気タービン新改訂版」3,240円税込
    関連書籍(2)「圧力設備の破損モードと応力」2,700円税込
定 員 東京会場30名 大阪会場20名
主 催 日本工業出版(株) 月刊「配管技術」、月刊「ターボ機械」

専門外の方のためのプラスチック入門講座(性質と選び方・使い方)

日工セミナー2017(3月29日 開催)
◆◇専門外の方のためのプラスチック入門講座(性質と選び方・使い方)◇◆

 プラスチックは多種多様な製品に採用されています。全体に共通する性質、簡単な分類とそれぞれの性質を知ることができればプラスチックは難しいものではありません。本講座はプラスチック特有の性質を示す原因である分子構造の特徴とそれに伴う特殊な物性と成形時の挙動をという説明からはじまり、プラスチックの成形方法、選定時の注意点について専門外の方を対象にわかりやすく解説いたします。

開催日 2017年3月29日(水)13:00~17:00
会 場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
参加費 32,400円 税込(テキスト含む)※3名以上ご参加の場合お一人様27,000円
※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「プラスチックのいろは」1,620円税込
    関連書籍(2)「プラスチックの自動車部品への展開」3,240円税込
定 員 東京会場20名
主 催 日本工業出版(株) 月刊「プラスチックス」

プラント配管解析の基礎と事例

日工セミナー2017(3月23・24日 開催)
◆◇プラント配管解析の基礎と事例◇◆

 配管解析については、昨今ソフトウエアの進歩により、材料力学、解析の素養がなくても入力さえできれば結論が得られるようになっており、便利な反面、間違えに気づかないまま計算を完了してしまう怖さもあります。今回のセミナーでは応力解析の基礎から様々な事例の解説を網羅した内容で講演いただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

開催日 2017年3月23日(木)13:00~17:00
    2017年3月24日(金)9:30~17:00
会 場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
    大阪会場 リファレンス大阪駅前第4ビル(大阪市北区梅田1丁目11-4-23F)
参加費 54,000円 税込(講演テキスト・24日昼食含む)※3名以上ご参加の場合お一人様48,600円
※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「プラント配管解析技術」(月刊「配管技術」2015年2月増刊号)2,160円税込
    関連書籍(2)「圧力設備の破損モードと応力」2,700円税込
定 員 東京会場30名 大阪会場15名
主 催 日本工業出版(株) 月刊「配管技術」

油圧技術基礎講座2017

日工セミナー2017(3月21・22日 開催)
◆◇油圧技術基礎講座2017◇◆

 本講座は今年で第十期の開催になります。講義内容は、油圧概論、各種機器、油圧回路解説し、初めて油圧技術に取り組む方、油圧技術に関わる営業技術の方々に油圧の基礎知識・技術を一通りマスターできるようなカリキュラムとなっております。若手から中堅技術者を対象としておりますので、社内教育の一環として是非ご活用頂き、ご参加ください。

開催日 2017年3月21日(火)13:00~17:00
    2017年3月22日(水)9:00~17:00
会 場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
    大阪会場 リファレンス大阪駅前第4ビル(大阪市北区梅田1丁目11-4-23F)
参加費 54,000円 税込(テキスト・22日お昼含む)※3名以上ご参加の場合お一人様48,600円
※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「油圧基幹技術 ~伝承と活用~」4,860円税込
    関連書籍(2)「油空圧シール技術のすべて」2,700円税込
定 員 東京会場24名 大阪会場10名
主 催 日本工業出版(株) 月刊「油空圧技術」、月刊「建設機械」
協 賛 一般社団法人 日本フルードパワーシステム学会

防爆技術と認証の世界の動向

日工セミナー2017(3月16日 開催)
◆◇防爆技術と認証の世界の動向◇◆

 防爆技術においても機能安全という、ハードウエアとソフトウエアを用いた制御が取り入れられるようになってきました。また、その評価認証技術も徐々に進歩しており、従来の、耐圧、本質安全、安全増防爆構造というように、構造だけに依拠する技術から機能安全という技術も取り入れられるようになりつつあります。例えば、IEC 60079-33: 2012(特殊防爆構造 “s”)やIEC 60079-29-3:2014 (設置型ガス検出器の機能安全ガイドライン)などはすでに機能安全が前提になっています。
 今回のセミナーでは、機能安全を取り入れた防爆技術と認証の世界の動向を英国CSA-UKから講師を招き講演をしていただきます。また、防爆認証分野でインフラ整備が進む台湾の状況も紹介いただきます。参加者には最新版「計測機器:防爆規格適合製品ガイド2017」を無料配布いたします。

開催日 2017年3月16日(木)13:00~17:00
会 場 東京会場 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(東京都新宿区市谷八幡町8番地)
    大阪会場 TKPガーデンシティ大阪梅田(大阪市福島区福島5-4-21)
参加費 32,400円 税込(講演テキスト含む)
※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「最新の計測制御機器2017」(月刊「計測技術」2017年1月増刊号)2,160円税込
    関連書籍(2)「IEC61508認証安全PLC&機器製品ガイド2016」(月刊「計測技術」2016年9月付録)540円税込
定 員 東京会場30名 大阪会場20名
主 催 日本工業出版(株) 月刊「計測技術」、月刊「配管技術」、月刊「検査技術」

計装機器(中級編)トラブル事例とその対策

日工セミナー2017(2月24日 開催)
◆◇計装機器(中級編)トラブル事例とその対策◇◆

 本セミナーは、プラントの計装機器「温度計、圧力計、流量計、調節弁、伝送器」を取り上げ、機種特有のトラブル、診断方法と対策をメーカの技術者よりご解説していただき、最終講義では、EPCコントラクターの立場から、EPC遂行に着目した注意するべき計装機器選定について紹介していただきます。多数の方のご参加をお待ちしております。

開催日 2017年2月24日(金)10:00~17:00
会 場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
    大阪会場 リファレンス大阪駅前第4ビル(大阪市北区梅田1丁目11-4-23F)
参加費 37,800円 税込(テキスト・昼食含む)※3名以上ご参加の場合お一人様32,400円
※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「最新の計測制御機器2017」(月刊「計測技術」2017年1月増刊号)2,160円税込
    関連書籍(2)「工業プロセス用調節弁の実技ハンドブック」3,240円税込
定 員 東京会場30名 大阪会場20名
主 催 日本工業出版(株) 月刊「計測技術」、月刊「配管技術」

プラント保温材下腐食(CUI)の管理と検査困難個所の事例紹介

日工セミナー2017(2月23日 開催)
◆◇プラント保温材下腐食(CUI)の管理と検査困難個所の事例紹介◇◆

 産業プラントの多くは、設備の経年化に伴い機器や配管の保温材下腐食(CUI)対策が課題となっていますが、各種検査技術の組み合わせにより、効率的検査が進んでいます。本セミナーでは、プラント全体におけるCUI管理の考え方や検査困難個所(防油堤貫通部、トレンチ内配管、道路下埋設管)の検査事例についてもご解説していただきます。

開催日 2017年2月23日(木)13:00~17:00
会 場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
    大阪会場 リファレンス大阪駅前第4ビル(大阪市北区梅田1丁目11-4-23F)
参加費 32,400円 税込(テキスト含む)※3名以上ご参加の場合お一人様27,000円
※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「圧力設備の破損モードと応力」2,700円税込
    関連書籍(2)「ステンレス鋼の基礎と上手な使い方」2,160円税込
定 員 東京会場30名 大阪会場20名
主 催 日本工業出版(株) 月刊「検査技術」、月刊「配管技術」

ボイラ講座中級編

日工セミナー2017(2月17日 開催)
◆◇ボイラ講座中級編◇◆

 火力発電設備は今フル稼働の状態です。高度成長期に建設された発電設備の老朽化は増々進行しています。時代は、設備の「新設」によって競争力を高めた時代から、使い慣れた設備の「維持・補修」をすることによって競争力を保持しようとする時代に突入したともいえます。
 本セミナーはボイラ講座の中級編としてボイラ本体とその周辺設備に的を絞り、(1)ボイラ設備の全体像及び構造と材料、並びに前回の講座で受講生からの要望が多かった (2)ボイラ本体の保守技術と寿命評価技術や (3)ボイラ周辺設備の保守技術に加え、(4)これからのボイラに求められる機能の4項目について、異分野の方や営業の方にも理解できる様、分かり易い解説を行います。
 なお、ボイラ設備の全体像や周辺設備の保守に関しては、特に、産業用ボイラ設備を意識して説明を行う予定です。

開催日 2017年2月17日(金)13:00~17:00
会 場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
    大阪会場 大阪エデュケーションセンター(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム 1F)
参加費 32,400円 税込(テキスト含む)※3名以上ご参加の場合お一人様27,000円
※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「圧力設備の破損モードと応力」2,700円税込
    関連書籍(2)「ステンレス鋼の基礎と上手な使い方」2,160円税込
定 員 東京会場30名 大阪会場20名
主 催 日本工業出版(株) 月刊「配管技術」、月刊「検査技術」、月刊「計測技術」

軸流圧縮機・送風機の失速・サージ概論

日工セミナー2017(2月15・16日 開催)
◆◇軸流圧縮機・送風機の失速・サージ概論◇◆

 圧縮機・送風機・ファンにおける失速やサージに関連する現象は様々な現れ方をし、その性能特性や挙動と深く結び付いています。設計点は失速点との関連において定められるべきものですが、失速限界近くまで作動範囲を広げることが要求される場合も多く、運転上失速限界への遭遇あるいはニアミスもあり得ます。このような意味で設計・開発者にとって失速点や失速・サージ現象への基礎的な理解と対処法の知識は重要です。また、冷却ファンとして用いられる大小の各種プロペラファンは狭隘空間など作動環境が厳しく複雑な流れが多く、しばしば失速ぎりぎりで使われており、軸流ファンと共通の失速の問題を抱えています。本セミナーでは、軸流圧縮機・送風機・ファンに通底するこれらの現象に注目して分かりやすく解説します。

開催日 2017年2月15日(水)13:00~17:00・16日(木)9:30~16:30
会 場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
参加費 (一般)59,400円 税込(テキスト/16日昼食含む)※3名以上ご参加の場合お一人様54,000円
    (学生)10,800円 税込(テキスト/16日昼食含む)
※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「圧力設備の破損モードと応力」2,700円税込
    関連書籍(2)「ターボ機械 入門編」3,240円税込
定 員 東京会場30名
主 催 日本工業出版(株) 月刊「ターボ機械」

着実拡大する天然ガス・LNG市場今後の不安と期待

日工セミナー2017(1月27日 開催)
◆◇着実拡大する天然ガス・LNG市場今後の不安と期待◇◆

 米国におけるシェールガスの増産に伴う天然ガス及びLNG市況の大きな変化、地球温暖化対策としてCO2排出原単位の小さい天然ガスへの燃料転換の進展、新たなLNG輸出入プロジェクトの計画など、天然ガスならびにLNGに関するエネルギー情勢が大きく動いています。
 今回は、国際天然ガス・LNG市場の不安と新たな展開について解説いたします。

開催日 2017年1月27日(金)13:00~17:00
会 場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
    大阪会場 大阪エデュケーションセンター(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム 1F)
参加費 32,400円 税込(テキスト含む)※3名以上ご参加の場合お一人様27,000円
※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「LNG Outlook2016 天然ガス貿易データ要覧」2,700円税込
    関連書籍(2)「洋上LNG液化基地のプロジェクト動向と技術開発」2011年月刊「配管技術」別冊2,160円税込
定 員 東京会場30名 大阪会場20名
主 催 日本工業出版(株) 月刊「クリーンエネルギー」、月刊「配管技術」

各種発電プラントの設備計画とヒートバランス)

日工セミナー2017(1月26日 開催)
◆◇各種発電プラントの設備計画とヒートバランス◇◆

 各種発電システムの設備計画を行う際、プラントの効率把握を行うために必ず必要になるのがヒートバランスです。本講座では、電力供給の主力である火力発電プラント、石油化学、製紙工場等に適用される産業用蒸気タービン、エネルギー利用効率を高めたコジェネレーションプラント等の各種発電プラントの設備計画とヒートバランスの作成法、事例について概説します。

開催日 2017年1月26日(木)13:00~17:00
会 場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
    大阪会場 大阪エデュケーションセンター(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム 1F)
    福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費 32,400円 税込(テキスト含む)※3名以上ご参加の場合お一人様27,000円
※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「社会に貢献する中・小形ガスタービン発電システム」2,160円税込
    関連書籍(2)「技術者のためのIoTの技術と応用」2,160円税込
定 員 東京会場30名 大阪会場20名 福岡会場10名
主 催 日本工業出版(株) 月刊「配管技術」、月刊「ターボ機械」、月刊「検査技術」、月刊「計測技術」

プラント配管設計の基礎(溶接設計と溶接後熱処理)

日工セミナー2017(1月25日 開催)
◆◇プラント配管設計の基礎(溶接設計と溶接後熱処理)◇◆

 プラント配管の多くは溶接により接合されます。一般的な溶接と異なり、方法も多岐にわたるため、設計から施工、施工管理などの関連する技術者が知っておくべきことも多くあります。今回のセミナーでは配管溶接の基本的な知識、溶接設計と溶接後熱処理について解説いたします。配管設計、施工、施工管理に関わる皆様のご参加お待ちしております。

開催日 2017年1月25日(水)10:00~17:00
会 場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
    大阪会場 大阪エデュケーションセンター(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム 1F)
参加費 37,800円 税込(テキスト・昼食含む)※3名以上ご参加の場合お一人様32,400円
※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「圧力設備の破損モードと応力」2,700円税込
    関連書籍(2)「化学プラント配管設計の基本」3,240円税込
定 員 東京会場30名 大阪会場20名
主 催 日本工業出版(株) 月刊「配管技術」、月刊「検査技術」

配管技術者養成塾 第11期

日工セミナー2016(2016年11月15日~2017年2月21日 開催)
◆◇配管技術者養成塾 第11期◇◆

第1期~第10期 計150社以上 約370名のご参加を頂きました

 一般社団法人配管技術研究協会と月刊「配管技術」 (日本工業出版発刊)が総力をあげた公開講座です。配管技術全般を経験ゆたかな講師が44時間で易しく講義、第一線で活躍できる配管技術者に育成します。

《第11期配管技術者養成塾 開講の趣旨》
 第1期~10期養成塾、約10年の経験を踏まえ、配管技術者に必要な知識・技術の観点から、今期、履修科目の見直しを行い、かつ、講義内容は初心者にもさらに理解しやすいようにしました。さらに今期から前期、後期、各2時間の演習時間を設け、履修した内容がより身につくように、また、実際に問題をどのように解決するかを学べるようにしました。
 配管技術者の高齢化が進み、若手技術者の育成が叫ばれる今日、若手技術者の早期戦力化と将来飛躍のための土台を提供する、実践的な本塾をご検討の上、是非、ご派遣・ご参加をお願いいたします。

開催日 2016年11月15日(火)より  全11日間 13:00~17:00 計44時間
会 場 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
参加費 172,800円 税込(テキスト含む)※2名以上ご参加の場合お一人162,000円 税込
     ※受講料にはテキスト1セット分(第一部、第二部 計2冊)が含まれています。ご希望の方には別途ご提供致します。
      「配管技術者養成塾テキスト 」1セット 21,600円 税込

講 師
     井關 崇司氏 元 (株)東芝 電力システム社 火力プラント技術部
     稲垣 修一氏 元 (株)東芝 火力改良保全技術部 国内メンテナンスプラント技術担当
     越智 徹明氏 (株)サンユー 代表取締役社長 (元 (株)東芝タービンプラントシステム部長)
     紙透 辰男氏 日揮(株) エンジニアリング本部 チーフエンジニア
     榊原 雄人氏 日揮(株) エンジニアリング本部 シニアエンジニア
     大木 秀之氏 千代田化工建設(株) 配管技術セクション シニアリードエンジニア
     谷 浩二氏  元 東芝プラントシステム(株) 原子力プラント総合設計部 専門部長
     田中 俊哉氏 JFEエンジニアリング(株) エネルギー本部 主幹(導管・配管分野)
     西野 悠司氏 西野配管技術装置研究所 所長(元 (株)東芝 配管主幹)
     湯原 耕造氏 (株)東芝 京浜事業所 技監
主 催 日本工業出版(株)、(一社)配管技術研究協会
共 催 (一社)ターボ機械協会


2016年度に開催されたセミナー一覧はこちら
2015年度に開催されたセミナー一覧はこちら 2014年度に開催されたセミナー一覧はこちら 2013年度以前に開催されたセミナー一覧はこちら