防爆技術2018(規格動向と調達・計装設計)

日工セミナー2018(2月22日開催)

東京会場・大阪・福岡会場とも同じ講義が受けられます!  お問い合せ/お申し込みはこちらから »

 防爆機器の規格については、国際規格(IEC)をはじめ各国独自の認証規格があります。今回は、防爆検定に関係するIECExの動き、日本の防爆規格取得のための最新情報、海外での防爆機器調達と計装設計の実例および国内での防爆モバイル機器の石油プラント、化学工場等のアプリケーション事例について解説いたします。機器メーカー、ユーザー、エンジニアリング会社の多数の参加をお待ちしております。

 ※ 講演者は東京会場で講演いたします。大阪・福岡会場は中継となります。
 ※ 講演者への質問は大阪・福岡会場からも可能です。

開催日
2018年2月22日(木)13:00~16:30
会場
  • 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
  • 大阪会場 大阪エデュケーションセンター(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
  • 福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
32,400円税込(講演テキスト含む)

ご確認ください※3名以上ご参加の場合お一人様27,000円
  ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「最新の計測制御機器2017」(月刊「計測技術」2017年1月増刊号)2,160円税込
    関連書籍(2)「渦流量計の創造」1,620円税込

定員
東京会場30名 大阪会場15名 福岡会場10名
主催
日本工業出版(株) 月刊「計測技術」、月刊「配管技術」

講座内容

時間 演題・概要 講 師
13:00~14:10 防爆規格の現状と課題 榎本 克哉
産業安全技術協会
会長
 二系統ある防爆機器の検定基準のうち、IEC規格に整合する技術指針が改められることとなりました。講義では、新しい技術指針と運用上の留意点、防爆検定に関係するIECExの動き、防爆検定を巡る課題と今後の取組み等について紹介します。

[講義目次]
(1) 新しい国際整合技術指針   (2) IECExの動き
(3) 防爆検定を巡る課題と取組み (4) TIISの認証活動
14:20~15:30 防爆機器の調達と計装設計 栁田 浩充
千代田化工建設
計装システム設計ユニット
 海外プラントではプロジェクトごとに建設される国の法、規制に準拠した設計、施工を行うことがとても重要であることは言うまでもありません。プロジェクトごとに異なる要求に対して、どのように計装設計を行っているか実例を交えてご紹介します。

[講義目次]
(1) 海外プラントの防爆危機に対する法規制 
(2) 防爆エンジニアリング 
(3) 海外プラント防爆設計いろいろ 
(4) 防爆品調達の注意点
15:40~16:30 防爆モバイルアプリケーション事例紹介 鈴木 裕之
日立ハイテクマテリアルズ
ITプロダクツ営業本部 
担当課長
 石油プラントや化学工場等、爆発の危険がある現場でヒューマンエラー防止のためのIT化が求められています。国内防爆検定取得の防爆モバイル製品と工場IT化のアプリケーションをご紹介します。

[講義目次] 
(1) 防爆の基礎知識 (2) 防爆モバイル製品紹介 
(3) 各種アプリケーション紹介

※プログラムは都合により変更することがありますのでご了承下さい。

詳細・問い合わせ先

日本工業出版(株) セミナー事業部

本社
〒113-8610 東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビル
TEL.03-3944-1181 FAX.03-3944-6826

申込方法

ご確認ください

※お申込方法:必要事項を下記フォームにご記入の上、お申込み下さい。

お申込み確認後、日本工業出版より受講票と会場地図、請求書をお送りしますので指定の口座にお振込みをお願い申し上げます。

※受講料は原則受講日の3日前までにお支払い下さい。

* 定員制のため、お申込み後のキャンセルはご遠慮下さい。

* お申込み後のキャンセルは、下記の通りキャンセル料が発生いたします。

受講日の10日前から受講料の50%/受講日の5日前から受講料の100%のお支払いになりますのでご了承下さい。

《個人情報の取り扱いについて》お申込みの際お預かりしたご住所やEメールなどは事務連絡の他、日本工業出版からのご案内(新刊・セミナー案内、各種サービス)に使用する場合があります。

(ご請求書と共に振込用紙を送らせて頂きます)
※受講料は原則開催日の3日前までにお支払い下さい
関連書籍(1)「最新の計測制御機器2017」(月刊「計測技術」2017年1月増刊号)2,160円(税込)
関連書籍(2)「渦流量計の創造」1,620円(税込) ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。