セントラル空調システム自動制御入門

日工セミナー2018(1月24日開催)

東京会場・大阪・福岡会場とも同じ講義が受けられます!  お問い合せ/お申し込みはこちらから »

 空調設備設計では設計負荷(最大負荷)を満足するように設備を選定するのに対して、自動制御は変動する負荷に対応してエネルギーを過不足なく供給することによって、建物の快適性と省エネルギーを実現します。このため、空調設備と自動制御は一体不可分であり、合わせて理解することが求められます。
 自動制御は中央監視システムと一体化し、全てのセントラル空調システムに導入されています。一方、市販の自動制御解説書はプロセス制御や機器組込み制御を対象としているため空調設備技術者にとっては不十分でした。
 本セミナーではセントラル空調システムの自動制御に特化した内容を解説します。
 ・基礎編:セントラル空調システムで一般的なPIDフィードバック制御
 ・機器編:フィードバックループを構成する検知器、操作器、調節器
 ・応用編:空調機廻り、熱源廻りの代表的な制御手法
 についてわかりやすく解説します。

 尚、講師の説明は当日配布する「環境共生世代の建築設備の自動制御入門」の内容に即して行うことによって、受講後の復習や、社内での勉強会にも役立つことを目指しています。

 ※ 講演者は東京会場で講演いたします。大阪・福岡会場は中継となります。
 ※ 講演者への質問は大阪・福岡会場からも可能です。

開催日
2018年1月24日(水)10:00~17:00
会場
  • 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター(東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
  • 大阪会場 リファレンス大阪駅前第4ビル(大阪市北区梅田1丁目11-4 23F)
  • 福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
参加費
37,800円税込(講義テキスト・「環境共生世代のための建築設備の自動制御入門 改訂版」・昼食含む)

ご確認ください※3名以上ご参加の場合お一人様32,400円
         ※本書籍をすでにお持ちの場合も同額とさせていただきます。
  ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「空調衛生設備 試運転調整業務の実務知識」3,240円税込
    関連書籍(2)「建築設備 配管工事読本」3,240円税込

定員
東京会場30名 大阪会場15名 福岡会場10名
主催
日本工業出版(株) 月刊「建築設備と配管工事」・月刊「クリーンテクノロジー」
講師
田崎 茂(東テク(株) 経営管理本部 人事部 東テクグループテクニカルセンター長)

講座内容

演題・概要
1.自動制御の基礎
セントラル空調システムで最も使用されているPIDフィードバック制御の理論とパラメータ調整方法を中心に説明します。
2.自動制御機器
フィードバックループの構成要素である検出器、操作器、調節器を実際の製品を例に機能と選定方法を説明します。
3.空調機制御
最終的な目的として室内温度、室内湿度を設定値に維持するための空調機周りの制御手法を計装図で説明します。
4.熱源制御
二次側負荷の変動に対して過不足なく熱エネルギーを供給し省エネルギーを実現する熱源システムの制御手法を計装図で説明します。

※プログラムは都合により変更することがありますのでご了承下さい。

詳細・問い合わせ先

日本工業出版(株) セミナー事業部

本社
〒113-8610 東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビル
TEL.03-3944-1181 FAX.03-3944-6826

申込方法

ご確認ください

※お申込方法:必要事項を下記フォームにご記入の上、お申込み下さい。

お申込み確認後、日本工業出版より受講票と会場地図、請求書をお送りしますので指定の口座にお振込みをお願い申し上げます。

※受講料は原則受講日の3日前までにお支払い下さい。

* 定員制のため、お申込み後のキャンセルはご遠慮下さい。

* お申込み後のキャンセルは、下記の通りキャンセル料が発生いたします。

受講日の10日前から受講料の50%/受講日の5日前から受講料の100%のお支払いになりますのでご了承下さい。

《個人情報の取り扱いについて》お申込みの際お預かりしたご住所やEメールなどは事務連絡の他、日本工業出版からのご案内(新刊・セミナー案内、各種サービス)に使用する場合があります。

(ご請求書と共に振込用紙を送らせて頂きます)
※受講料は原則開催日の3日前までにお支払い下さい
関連書籍(1)「空調衛生設備 試運転調整業務の実務知識」3,240円(税込)
関連書籍(2)「建築設備 配管工事読本」3,240円(税込) ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。