日工の技術雑誌

機械と工具 2017年12月号
商品コード:
I1712

機械と工具 2017年12月号

販売価格/
1,598 円(税込)
通常価格/
1,598 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:加工の高度化を支える最新計測・評価技術
○機上スキャニング計測 -SPRINTシステムによる高速、高精度な3D形状計測-
/レニショー/齋藤英祐
機上計測へは、単純な幾何形状だけではなく、傾斜した形状、曲面などの3D形状の計測要求が出てきている。ここでは、スキャニングによりワークを計測できるシステムの最新技術を紹介する。

○加工の高度化のための最新計測技術とその活用
/マーポス/小柳典雅
計測高度化へのニーズが高まるに伴い、ワーク計測用プローブ、また工具測定装置にも高い機能が求められている。ここでは、それら各種プローブの最新技術を紹介する。

○大型ワークの機上真直精度測定技術
/ナガセインテグレックス/郷 泰幸
大形のワークの真直精度測定は、非常に手間のかかる作業になる。ここでは、逐次三点法により、機上で完結する測定技術を紹介する。

○工作機械だけで大型部品の加工と計測を実現 -高精度加工と機上計測の信頼性が向上するエタロン社のレーザ技術-
/YKT/ルシュ麻緒
現在、工作機械の精度補正に広く導入されている空間補正システムを紹介するとともに、工作機械を測定機として使用することを実現する絶対測長システムを活用したセルフモニタリングシステムを紹介する。

○ポータブル型X線残留応力測定装置の概要と活用事例
/パルステック工業/野末秀和・加藤達也
残留応力の重要性が指摘されているが、これまで取り扱いが容易な測定機はなかった。ここでは、可搬性にも優れたX線を使用したポータブル残留応力装置を紹介する。

■特集:特殊加工技術の最新動向
○IoTに対応する最新放電加工技術 -新型制御装置「D-CUBES」搭載 油加工液仕様ワイヤ放電加工機MX2400-
/三菱電機/中島洋二・犬飼 賢
放電加工用に開発した新しい制御装置を搭載し、IoTを活用した生産支援を可能とした油加工液仕様の新型ワイヤ放電加工機を紹介する。

○WALTER社が提案する最新5軸工具放電・研削盤 -放電加工技術と最新技術-
/ワルターエワーグジャパン/府内房子
PCD工具の製作に有効な放電加工技術を付加した工具研削盤の最新機種について、その機能と特徴を、周辺技術まで解説する。

○ロロマチィック社LaserSmart 501 -レーザのノウハウ不要、より簡単に精密なダイヤモンド工具を製造-
/YKT/海瀬聖次郎
ダイヤモンド工具の加工に有効なレーザ加工機能を搭載した工具製造装置である。ここでは、その原理から実際の加工までを紹介する。

○金属表面の最新レーザークリーニング装置の応用と事例
/NKワークス/渡邊将司
従来の化学、熱、研削およびブラストによるクリーニングの欠点を克服し、製造プロセスの改善にも貢献するレーザ金属表面洗浄装置を紹介する。

■技術解説
○排熱機器水冷化による作業環境改善と省エネ化(CO2削減)
/ジェーイー/佐藤厳一
空冷式冷却設備の冷却方式を水冷式に変更して、熱を工場外に放出することにより、工場内の作業環境を大幅に改善し、省エネを実現する。

■注目技術
○イオンショットテクノロジーによる超精密機械加工/研削加工における効果
/理化学研究所/大森 整・上原嘉宏・加藤照子・春日 博
超精密加工で必要な砥石のドレッシングに、イオン化したクーラントを砥石に照射する「イオンショット」が有効である。ここでは、イオンショット法およびその効果を解説する。

■海外展示会レポート
○EMO Hannover 2017にみる最新工具と切削技術
/松岡技術研究所/松岡甫篁

○EMO Hannover 2017にみる金属AMの動向
/金沢大学/古本達明

■連載
○創造技法の活用による『問題解決』<6> /飯田教育総合研究所/飯田清人

○【海外技術動向】「足したり引いたり、付加加工と除去加工の複合」
/Manufacturing Engineering、Contributing Editor/Ed Sinkora/翻訳協力:上智大学SLO

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP