日工の技術雑誌

機械と工具 2017年11月号
商品コード:
I1711

機械と工具 2017年11月号

販売価格/
1,598 円(税込)
通常価格/
1,598 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:微細加工へのニーズと対応技術
○超精密マイクロ微細加工の動向
/中部大学/鈴木浩文
携帯電話に搭載されるカメラ用レンズ、また複写機などに使用されるアレイレンズなどの金型製作には、高度な微細加工技術が必要である。ここでは、工具の製作と金型の加工技術を解説する。

○超精密加工における高効率化・自動化技術
/東芝機械/天野 啓
超精密加工機が、適用分野を拡大しつつある。ここでは、金型製造工程の課題を論じるともに、超精密立形加工機UVMを取り上げ、その課題解決事例を紹介する。

○超高精度高速微細加工を実現する加工機「Android II」
/碌々産業/河本裕輝
究極の高精度微細加工を実現する要素として、もっとも重要なのが加工機械。ここでは、超高精度高速微細加工機の新機種を取り上げ、その特徴を、高精度微細加工実例を示しながら紹介する。

○微細加工用工具とその使い方 -超微細加工機による加工事例-
/ソディック エフ・ティ/岩瀬 聡
微細加工には、単結晶ダイヤモンド工具のほか、さまざまな用途に適したPCD工具が使用される。ここでは、加工対象物を示しながら、工具および加工事例を紹介する。

■特集:医療部品加工への取り組みと注目技術
○生体用インプラントの切削加工事例 -高効率加工を実現する世界的に競争力のある高速回転工具の提案-
/スズキプレシオン/花輪 潤
同社は、2005年ごろから医療機器分野への部品供給体制の構築を始め、現在では、売上比率55%を医療機器が占めている。ここでは、医療機器産業への参入の背景、保有する技術、自社製品などを紹介する。

○医療部品加工のための工作機械とその活用技術
/シチズンマシナリー/勝田 保
NC旋盤の、医療機器部品加工への応用が広がっている。それを支えているLFV(低周波振動切削)、偏芯ターニング、レーザー加工技術を解説する。

○ゼカ社(ドイツ)が提供するデンタル関係ツール
/ノア/松倉善浩
高品位なデンタル関係ツールを供給しているゼカ社(ドイツ)のツールを紹介する。

■技術解説
○車を取り巻く環境と対応技術 -フリクション低減のための加工技術-
/日産自動車/馬渕 豊
自動車のCO2排出量低減の解決手段の一つとしてエンジンの機械的損出の低減がある。ここではエンジン各部のフリクション低減を実現する加工技術を解説する。

■提言
○スマート工場の構築に向けて議論すべき点 -フレキシブル加工システムの現状とスマート工場への転用可能性-
/東京工業大学名誉教授/伊東 誼
スマート工場は、現状では正しく議論されているとは言い難い。ここでは、まずフレキシブル加工システム(FMS)に注目し、さらにFMSのスマート工場への転用可能性について論じる。

■連載
○創造技法の活用による『問題解決』<5> /飯田教育総合研究所/飯田清人

○【海外技術動向】「シミュレーション、革新から確信へ」
/Manufacturing Engineering, Senior Editor/Patrick Waurzyniak/翻訳協力:上智大学SLO
シミュレーション・ツールを使えば、生産プロセスの最適化がはるかに容易になる。より、実用性の高まったシミュレーション・ツールについての最新動向を紹介する。

○【加工の現場から】「三研工業 株式会社」
/技術支援業/滝沢 満
類比を用いてアイデアを出す「シネティクス法」を取り上げる。その特徴、技法の進め方を紹介するとともに、アイデア発想力の鍛え方も解説する。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP
機械と工具「考える切削加工」資料集